就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

こどもの日の由来を解説!歴史、食べ物を子どもにわかりやすく説明

こどもの日の由来を解説!歴史、食べ物を子どもにわかりやすく説明

こどもの日の由来や歴史はあまり知られていないため、子どもにきちんと説明できない人もいるのではないでしょうか。今回は、こどもの日についての知識や、お祝いする方法を紹介します。こどもの日の手作りアイディアもありますので、子どもと一緒に楽しんでくださいね。

こどもの日の由来、まずは大人が理解しよう

こどもの日、端午の節句の由来について

端午の節句は、中国と日本の風習が混ざってできたものです。

中国では、古代から厄払いとして菖蒲やヨモギを軒に飾る風習があり、平安時代に日本に伝わりました。日本には「五月忌み(さつきいみ)」という風習があり、田植えの前に穢れを払って身を清めるため、男は家から出て女は家にこもりました。

これらの風習が一緒になり、女が家にこもっているあいだ、菖蒲の花を敷いたり菖蒲酒を飲んだりして身を清めるようになりました。このように、始めは女性のための風習だったのです。

鎌倉時代になると「菖蒲」と「尚武」の読み方が同じということや、菖蒲の葉の形が剣に似ていることから、男の子の成長を祝い健康を祈る行事に変わりました。

こどもの日、5月5日になった歴史について

中国では、旧暦5月は季節の変わり目で、病が流行り亡くなる人が多い月でした。特に同じ数字の続く5月5日はよくない日といわれ、厄払いが盛んに行われました。

「端午」の「端」は端っこという意味で、月のはじめを表します。「午」は午の日を表すので、「端午」とは月のはじめの午の日を表します。この時点では5月でも5日でもありませんね。

「午」は十二支で表すと5月に当たります。これで5月ということになりました。

しかし午の日は毎年変わります。そこで「午」という字を「ご」とも読むことと、5月5日だとわかりやすいという理由で5日になりました。

こうして江戸時代には「端午の節句」は5月5日として定着し、1948年には「こどもの日」と名前を変え、祝日となったのです。

こどもの日、菖蒲湯に入る由来について

中国では、菖蒲湯は漢方の湯治療でした。また5月5日には邪気を払うために菖蒲酒を飲んでいました。

中国で5月5日に行われていたのは、菖蒲湯ではなく「浴蘭節」という風習です。「蘭湯」に入ることで邪気を払っていました。蘭といっても洋蘭ではなく蘭草の「蘭」です。日本で秋の七草の一つとされている「藤袴」のことです。

端午の節句とともに、蘭湯や菖蒲湯も中国から伝わってきましたが、日本では菖蒲の方が手に入りやすかったことや、「尚武」「勝負」と同じ読み方だったのもあり、菖蒲湯が定着したようです。

また、菖蒲といえば「花菖蒲」を思い浮かべる人もいることでしょう。しかし花菖蒲はあやめ科、菖蒲はサトイモ科なので、青紫の花は咲きません。

こどもの日、食べ物や飾る物の由来について

柏餅やちまきを食べる由来

旧暦の5月初旬というのは、今でいう6月の梅雨の時期になります。長雨でジメジメしてカビの生えやすいこの時期は、病気になる人が多かったそうです。

柏餅は、あんこの入った餅を柏の葉で包みます。柏の葉は、新しい葉が出てくるまで古い葉が落ちません。子孫が生まれるまで親が死なないため「柏のように家系が途絶えませんように」という願いを込めて、柏餅を食べるようになりました。

ちまきは、中国から伝わった邪気を払うとされる食べものです。今はもち米を笹の葉で包みますが、もともとは茅(ちがや)の葉で包んでいたため「ちまき」と呼ばれました。

江戸時代以降の農村では、柏餅やちまきを食べて邪気を払っていたため、それが端午の節句の風習となりました。

吹き流しと一緒に空を泳ぐこいのぼりの由来

こいのぼりは、端午の節句に家紋を染めたのぼり旗を飾るという武家社会の風習が起源だといわれています。それが庶民に広がったときに、家紋の代わりに武者絵などが描かれ「武者のぼり」になりました。

江戸中期になると、のぼり旗に鯉の滝登りの絵が描かれ形も変わり「武者のぼり」から「こいのぼり」になったのです。

吹き流しの色は中国の五行説に基づいています。五行説とは、木(青・緑)・火(赤)・土(黄)・金(白)・水(黒・紫) の5つの元素がお互い影響しあっているという考えで、5つの色が同時に存在することで魔よけの効果を発揮するそうです。

昔の日本は乳幼児死亡率が高かったため、吹き流しは、魔よけとしてこいのぼりと一緒に泳いでいるのです。

飾る人形、兜や五月人形の由来

武家社会が成立した室町時代には、端午の節句は男の子が強くたくましい武士になることを願う日になってきました。家の前にのぼり旗や吹き流しを立て、座敷には鎧や兜、武具を飾るようになりました。これは、災いが入るのを防ぐためともいわれています。

江戸時代になってこの風習が庶民に広がると、家の前に棚を作り、作り物の鎧や兜、槍、幟などを飾るようになりました。そして鎧飾りの上には、神様が降りてくる目印として勇ましい人形の細工物を乗せました。この細工物が後の五月人形です。

代表的な五月人形には、源頼朝の家来「金太郎」、幼い頃の源義経「牛若丸」、義経に仕えた武将「弁慶」、中国道教系の邪悪なものから守る神「鍾馗(しょうき)」などがあります。

こどもの日の由来、子供向けに説明するには

こどもの日の由来、絵本でわかりやすく説明

こどもの日について学ぶことができるこいのぼりの絵本は、わかりやすくておすすめです。

【げんきにおよげこいのぼり】作:今関信子、絵:福田岩緒
侍の旗のぼりをヒントにして、町人のために縁起のいいこいのぼりを作ったという、こいのぼりの由来がわかる絵本です。

【こいのぼりぐんぐんこどもの日!】作:ますだゆうこ、絵:たちもとみちこ
からだの弱いたつやが、こいのぼりの背中に乗って滝登りをしに行きます。こどもの日の知識を得ると同時に、なんども滝登りに挑戦するこいのぼりを見て、心が動かされます。

【とべとべこいのぼり】作:きむらゆういち、絵:ながはまひろし
楽しいこいのぼりの仕掛け絵本です。こどもの日について書いてあるほか、折り紙の折り方も載っています。

こどもの日の由来、紙芝居を使って説明

こどもの日について学べる紙芝居もたくさんあるので、おすすめです。

【こいのぼりさんありがとう】作:櫻井信夫、絵:多田ヒロシ
行事を説明する紙芝居セットの一つです。おさむらいさんの旗のぼりをうらやましそうに見ていた町の子のために、ある人が考えます。行事の始まりがわかる絵本です。

【くーすけのこいのぼり】作:やすいすえこ、絵:土田義晴
おとうさんとおかあさんが、くーすけのためにこいのぼりを作ってくれました。小さい子にわかりやすいように、こどもの日について説明しています。

【げんきがでるよ かしわもち】作/絵:山本省三
体の弱い弟のために、元気になる葉を探すお話です。柏の葉を使って柏餅を作るようになった由来がわかります。

こどもの日の由来、保育園幼稚園での説明

園では、実際に菖蒲やよもぎの葉を見せたり、絵を見せたりして説明します。

まず「こどもの日は、子どもたちを幸せにして、お母さんにありがとうを伝える日です」と簡単に話し、こどもの日に何をして何を食べるのかをみんなで話します。

昔の中国では、暑くなりはじめる5月に病が流行ったこと、葉っぱを使って悪い病気をやっつけたことを話し、ここで葉っぱの登場です。実際に葉っぱの匂いをかがせてみると、子どもたちの印象に残ります。

これが日本に伝わると、たくさんお米がとれるように菖蒲とよもぎを使って悪いものをやっつけてから田植えをしたこと。今ではお父さんやお母さんが、子どものが元気に育つように、菖蒲湯や柏餅を用意することを話します。

こどもの日、親子で一緒に作ってみよう

かぶとやこいのぼりを百均材料で作ろう

【フェルトの兜】
材料:大判フェルト(1辺60cmくらい)・はぎれ(和風柄がおすすめ)・手芸用ボンド

・フェルトが長方形の場合、正方形に切る。
・折り紙と同じように兜を折る。
・できあがりに正面にくる三角形の部分に、同じ三角形に切ったはぎれを貼る。

【足型こいのぼり】
材料:塗料(水彩絵の具・または速乾性の水性スタンプインク、ブロックタイプのクレヨンキットパスなど)画用紙・ペンなど

・画用紙を横向きに置く。
・足の裏に塗料を塗る。
・紙の上に立って足型をつける。
・かかとをこいのぼりの顔に、つま先をひれに見立て、ペンなどで絵を描く。

日付や名前を書くと成長記録にもできます。足型は兄弟で並べて大きさの違うこいのぼりにするのもよいですね。

こどもの日にぴったりなアイディアレシピ

【兜の春巻】
春巻きの皮を、折り紙を折るように兜の形に折って具を入れて揚げます。

【こいのぼりちらし寿司】
ちらし寿司のご飯を作り、こいのぼり形にお皿に乗せます。のり、錦糸卵、きゅうりなど、好きな具材で顔やうろこをつけます。

【キャンディ型の一口ちまき】
ちまきは、もち米を笹の葉で包んで蒸しますが、クッキングシートで包んでも作れます。キャンディ型に作れば、可愛らしいちまきになります。

【こいのぼりクッキー】
クッキー生地を広げて長方形に切り、しっぽの方はV字に切り込みを入れ、こいのぼりの形にします。点や小さい丸で跡をつけて目を作り、V字や半円、波線などでうろこを描き、オーブンに入れて焼きます。

手作りで楽しもう!こどもの日

お店で買うことが多い「柏餅」を手作りしてみましょう。

1.柏の葉10枚を水にさらす。
2.こしあん200gは10等分してまるめる。
3.ボウルに上新粉200gと熱湯1カップを入れ、はしで混ぜる。
4.あら熱がとれたら手でよくこねる。
5.蒸し器に布巾を敷き、ひと口大にちぎって入れ、強火で12~15分透き通るまで蒸す。
6.水を入れたボウルに入れ、すぐに取り出して水気をふき、ボウルに入れて手でこねる。
7.砂糖大さじ1と1/2と片栗粉大さじ1と1/2を加え、なめらかになるまでこねる。
8.棒状にまとめて10等分する。
9.餅にこしあんを入れて周りをとじる。
10.柏の葉の水気をふいて、餅を包む。
11.蒸し器で3~5分強火で蒸す。

世界の子どもの日のことについて

国際こどもの日と世界こどもの日がある

6月1日は「国際こどもの日(InternationalChildren'sDay)」11月20日は「世界こどもの日(UniversalChildren'sDay)」です。同じような日が二つ存在するのは不思議ですよね。

なぜこのようになったかというと、1925年にジュネーブの子どもの福祉世界会議が「国際こどもの日」を決めて、1954年に国連総会が「世界こどもの日」と制定したからです。

6月1日をこどもの日としている国は、中国、ロシアほか、たくさんあります。特に旧共産国、アジアの国が多いようです。

11月20日をこどもの日としている国は、エジプト、カナダ、パキスタン、バングラデシュです。少ないですね。

日本のように独自でこどもの日を制定している国もたくさんあります。

アメリカ、イギリス、フランスなど、こどもの日がない国もあります。アメリカは、こどもの日が制定されている州もあるのですが、国として制定しないのは「休日が子どもにおもちゃやアクセサリーなどを買うことに焦点を当てられてしまうこと」を懸念しているからです。

世界各国のこどもの日を紹介

トルコのこどもの日は、建国の父アタチュルクが制定しました。この日は学校やスタジアムで発表会をします。直前には子どもは発表会の練習、親は衣装作りで大忙しです。また、世界60か国もの子どもたちが参加する子ども祭が行われます。

メキシコは「子どもは社会で非常に重要な存在」と考え、学校でパーティーを開いたり、レストランのドリンクサービスなどを受けたりできる日になっています。また、大人が子どもにプレゼントを渡すので、クリスマスのような盛り上がりです。

韓国の端午は「タノ」といい、厄除けの力がある菖蒲を茹でたお湯で洗髪します。菖蒲には髪に艶を与える効果もあります。また「車輪餅(スリトッ)」という餅や、ユスラウメの飲み物を作ります。こどもの日は、トルコのように子どもへプレゼントを渡します。

中国の端午は旧暦の5月5日で祝日ですが、こどもの日は6月1日で祝日ではありません。しかし平日の場合、午後は学校が休みになります。この日は親を喜ばせる日でもあるので、幼稚園や踊りの塾などでは、両親や祖父母を招いて発表会をして成長を披露します。

まとめ

こどもの日について紹介しましたが、いかがでしたか?なんとなくやっていた風習についてきちんと知ると、少しだけ歴史も勉強になりますね。小さな子どもには難しい話なので、始めは簡単に説明して、大きくなってからきちんと説明するのもよいのではないでしょうか。

こどもの日にちなんだグッズや料理は、手作りして楽しむこともできるので、連休の1日を子どもと手作りする日として楽しむのもよいでしょう。

こどもの日は、ママに感謝する日でもあります。家族や子どもと一緒に楽しく過ごしてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018