就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

実家で起こりやすい子どもの怪我や事故は?事前対策で危険から守ろう

実家で起こりやすい子どもの怪我や事故は?事前対策で危険から守ろう

小さな子どもがいる家庭では、連休などに実家に帰省する方も多いですよね。しかし、実家は住んでいる家と違って安全対策がされていないことがあるので、子どもが怪我をする可能性があるかもしれません。ここでは、実家で起こりやすい怪我や事故、どのようなことに気をつければよいのかなどをご紹介します。

実家で起こりやすい子どもの怪我や事故とは

階段からの転落や段差による転倒

楽しい帰省になるはずが、「子どもが実家で怪我をして大変なことになった」という方も少なくありません。自分の家では子どもが過ごしやすいように安全対策をしていても、ときどき帰省する実家までは安全対策をしていない方も多いでしょう。

実家で多い事故は子どもが階段から転落したり、家のなかの段差で転倒したりするケースが多いです。実家の階段のところに柵などをしていないと、ちょっと目を離したすきに子どもが勝手に階段を上っていることがあります。上り慣れていない階段だと足を踏み外して転落する危険性があるので、注意が必要ですよ。

また、実家は住み慣れていない家なので、家のなかの段差がどこにあるのか分からないですよね。段差で転倒して大怪我をする恐れもあります。

ストーブや電気ケトルなどによるやけど

家では子どもが触ると危ないという理由から、エアコンやオイルヒーターなどの暖房器具を活用している方も多いでしょう。しかし、大人しかいない実家の場合、ストーブを使っているところもありますよね。

冬場に帰省する場合は、ストーブに触って子どもがやけどをする事故が起こることが多いようです。ストーブを見慣れていないと触ると熱いということが分からないので、子どもが好奇心から触ってしまうことがありますよ。また、やけどの原因となる電気ケトルの事故も多く発生しています。

ストーブや電気ケトルはかなり高温になっているため、少し触っただけでもやけどする危険があります。実家でストーブや電気ケトルを使用しているときは、子どもを近くで遊ばせないように注意しましょう。

タバコや電池などの危険な物の誤飲

タバコや電池など、飲み込むと子どもの命にかかわります。飲み込むと危険なものが子どもの手の届くところに置いていないか、実家に帰ったときにチェックすることが大切です。

リビングなどでタバコを吸っていると、テーブルの上に灰皿やタバコを置いていることがありますよね。テーブルが低いと子どもの手が届きます。子どもがタバコに興味を持ち、誤って口に入れてしまうと大変ですよ。

タバコを吸う方がいる家庭では、子どもの手の届かないところに置くように徹底することが重要ですよ。また、電池などの小さなものが床に落ちていたり、子どもの手の届くところに置いていたりすることがあります。誤飲事故はとても危険なので、危ないものが落ちていないか確認しましょう。

実家での怪我や事故から子どもを守る対策

ゲートやガードで転倒による怪我を防止

実家での怪我や事故は、少しでも防ぎたいものです。子どもは好奇心が旺盛なので、少し目を離したすきに行きたいところに勝手に行ってしまうことがあり困りますよね。

階段や玄関先など、転落や転倒する危険性があるところにはゲートやガードを置いて、子どもが怪我をしないように工夫しましょう。ゲートやガードを置いていると「勝手に階段を上っていた」ということもないので、帰省中も安心してママはゆっくり過ごせそうですね。

先輩ママの話では、子どもがハイハイをするようになった頃から実家でもベビーゲートを活用していたそうです。実家は古い家で、階段が急だったり、玄関先の段差が高かったりして危ないと感じていたといいます。早くからベビーゲートを置くことがおすすめだそうですよ。

安全柵などで熱源に近づけないようにしよう

大型連休などに実家に帰省する場合、「久しぶりに実家でゆっくりできる」と嬉しい気持ちで帰省を楽しむママも多いでしょう。実家にいると両親など、子どもを見てくれる大人もいるので、家にいるときよりも気が緩んでしまうかもしれません。

家では子どもが熱源に近づかないように対策をしていても、実家では安全対策をしていないところが多いですよね。実家に長く滞在する場合は、子どもから目を離す時間が少しでもできる可能性があるので、熱源の周りには安全柵などでガードしましょう。

たとえば、冬場の場合は石油ストーブやガスストーブの周りには安全柵が必要です。ほかにもキッチンのガスコンロやポット周りなど、熱源に子どもが近づけないように工夫しましょう。

危険なものは見せない触れさせない!

子どもは好奇心旺盛なので、「これは触ってはだめ」といっても触ることが少なくありません。タバコなどの危険なものは、なるべく子どもに見せないようにしましょう。大人が吸っているのを見ると「どんな味がするのだろう」と、触りたくなる子もいますよ。

大人しかいない実家では、子どもが触ると危険なものが手の届くところにある場合も。危険なものは子どもの目の届かないところに置き、間違って触ることがないように注意しましょう。

友人の話では、実家の父がタバコを吸うそうですが、帰省中はベランダでタバコを吸うようにお願いしているといいます。タバコを吸っている姿を見せてしまうと、子どもは「じいじは何を食べているの?」と興味を持つ可能性があるので気をつけていると話してくれました。

思わぬ怪我や事故のための準備と注意点

帰省先の小児科や救急病院を調べておこう

実家で安全対策をしっかりしていても、子どもが怪我や事故に遭うこともあるでしょう。帰省中に子どもが怪我や事故をする可能性も頭に入れて、実家の近くの小児科や救急病院は事前に調べておくとよいですよ。

怪我や事故は急に起こるものなので、小児科や救急病院などを知らないとあわてて探すことになり、時間が無駄になってしまいますよね。あらかじめ調べておくと、実家からどのくらいで病院に行けるか検討がつくので安心です。

子どもは環境の変化に敏感なので、帰省中に体調不良になることがあります。熱をだしたり病気になったりすることもあるので、怪我や事故以外にも、子どもの体調不良で病院を活用するときのために、実家から行きやすい病院を必ず調べておきましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC