就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児中に悪くなりやすい夫婦関係。円満に過ごすための秘訣と心得

育児中に悪くなりやすい夫婦関係。円満に過ごすための秘訣と心得

愛する人との間にかわいい赤ちゃんが誕生し、毎日が幸せ…といいたいところですが現実はそうはいかず。我が子は大切な宝物ですが、だからこそ育児は責任が重くのしかかりハードなものです。日々の生活に追われているうちに、一番身近なパートナーとの関係が悪化してしまった…という事態にならないよう考えてみましょう。

相手に求めていることを素直に話そう

夫にもっと手伝ってほしい

専業の方も兼業の方も、女性はついつい家事、育児をがんばりすぎているのではないでしょうか。「全然がんばれていない」と思っているママも、普通に日々の家事や育児をこなしているのですから、がんばっているのです。

しかし、それが「当たり前」になってしまうと、限界が来たときに爆発してしまうかもしれません。「私がやらなければ誰もやらない」の陰には「本当は助けてほしい、なぜ気づいてくれないの」という気持ちがあるはずです。

ところが、そばで見ている夫は何もしてくれません。それは無関心なのではなく、何もいわず「当たり前」に日々をこなしている妻が困っていることに気がつかないのです。

ママはまず、パパに「助けてほしい」と口に出すようにしましょう。

妻にもっと優しくしてほしい

二人きりで過ごしていたときは、恋人気分でラブラブだった夫婦仲も、妊娠や出産、育児を経て変化があるものです。

ママはお腹に新しい命を授かってから、心身ともに妻から母親へ徐々に移り変わっていきます。一方パパはというと、赤ちゃんが生まれてもすぐに父親へは変われないので、ママとの間に若干の温度差が出ることもあるでしょう。

ママとしては、子どもも生まれ、生活も身の周りもガラリと変わってしまったのに、産前と何も変わらずにいるパパに、腹が立ってしまうことがあるかと思います。しかし、パパの気持ちとしては、ママに以前のように優しく接してほしいという気持ちがあるのです。

イライラで夫に辛く当たってしまうママは、一度パパの話をゆっくり聞いてみてください。

二人とも本当は仲良くしたい

「言わなくてもわかるでしょう」と毎日を過ごしていると、気持ちがすれ違いになってしまいますが、結局のところ、ママもパパももっと相手と仲良くしたいという気持ちがあるはずです。

「ケンカをするほど仲がいい」といいますが、ケンカをするというのはお互いにちゃんと関心があり相手に本音をぶつけているからなのです。これがもし、お互い会話もなしに何日も過ぎてしまっているようでは少し心配です。

不満があるのも改善してほしいことがあるのも、本当は大好きなパパと、もっと仲良く気持ちよく過ごしていきたいからという思いがあるからではないでしょうか。

話し合いをするとき、お互いにまずは「あなたと仲良くしたいから」という原点に戻ってくださいね。

家事と育児の分担で夫婦の時間をつくる

やってほしいことのリクエスト

「やってほしいことをお願いする」というのは、簡単なようで意外と難しいことかもしれませんね。

とくにママは「言われなくても気づくよね」とパパに対して期待値が高かったり、「頼んでいやな顔をされるのもなあ」「頼まずに自分でやった方が早いな」となんとなく頼むことが面倒だったりで、真正面からお願いをしていないということはありませんか?

男性にとっては、してほしいことを具体的にお願いされた方が、なにをすればよいか理解して行動に移せます。思っていることを察してほしいと待っていても気持ちはなかなか伝わりませんので、ここはシンプルにしてほしいことをお願いしてみましょう。

「やってもらえたら嬉しい」と気持ちを伝えるのも効果的ですよ。

得意分野のリストアップ

家事にしろ、育児にしろ、夫婦でそれぞれ得意不得意があると思いますので、お互いが得意なものをリストアップして、担当するものを決めていくとよいでしょう。これをするとよい点がほかにもあります。

自分が得意なことを担当するということは、相手は自分の苦手なことをやってくれるということになりますね。例えば料理が得意でも後片付けが苦手な場合は、相手に洗い物などをお願いすることになります。

悪い言い方をすると「相手に苦手なことを押しつける」ということになるのですが、自分がやりたくないことをやってもらえていると考えると、自分の負担が軽く感じるようになります。

苦手なことをやってくれる相手に自然と感謝の気持ちも持てますね。

家事に完璧を求めない

これは主にママにいえることですが、相手に家事をやってもらったときは素直にお礼をいいましょう。

パパが家事をしてくれるときの「あるある」として聞くのは

・料理を頼んだらコンロ周りがぐちゃぐちゃになっていた
・洗濯ものを干してもらったらシワだらけのまま干されていた
・ゴミ出しを頼んだら分別もせずに出されてしまった

などで、普段やっていないから分からないんだなあという感想を持つようなことが多いですね。

やりなれない家事なのでできていないところはありますが我慢です。せっかく手伝ったことにダメ出しをしてしまうと、パパはやる気を無くしてしまいますよ。

気持ちよく手伝ってもらうためには相手に完璧は求めず、感謝して褒めることを忘れないようにしましょう。

夫婦が仲良くあるための大事な心得

相手の信用を得て安心させよう

夫婦といっても人間同士であり、お互いを信頼したり尊敬したりできればすばらしいことですが、それには努力が必要ですね。

二人の中で何か共通の夫婦のルールがあるようでしたら、まずはそれを守るようにして信頼を築きましょう。ルールといっても、難しいものではなく、「約束は必ず守る」「ケンカをしたら仲直りをして終わる」など少しの努力でできることにします。

また、お互いの認識にズレがないか、日頃から夫婦でよく会話をしておきましょう。

お互いを信用し合うには、友人や仕事相手でも、小さなことの積み重ねが大事ですね。夫婦という一番近しい間柄だからこそ、おろそかになりがちなこともきちんと向き合うことが大切です。

相手の気持ちに寄りそう努力

一緒に過ごす時間が長いと、つい「相手のことはちゃんと分かっている」という気持ちになってしまいますね。しかし、長く一緒に居るからといって会話やスキンシップをおろそかにすれば、夫婦関係はギクシャクしてしまいます。

どんなに相手のことを思っていても、それが伝わっていなければ意味がありません。一番大切なことは、夫婦でよく話し合いお互いを知ることなのです。

相手のことを分かろうとする努力は、これから良好な関係を築くうえで重要なことですよね。「今さら話し合いなんて…」と思わずにお互いの要望や不満などを出し合い、ゆずれない点があるときは「お願いをする」といったかたちで、相手に寄りそう姿勢を見せましょう。

たまには一人の時間も必要

愛する人と同じ時間を共有することも大切ですが、お互いにプライベートな時間を持つことも、メリハリがあってよいことですね。

結婚したり子どもが生まれたりすると、自分だけの時間というのはより確保しづらくなります。パパもママも、たまに一人の時間をつくって一息つきたいときは、お互いの協力が不可欠になります。不公平にならないよう片方が家事や育児をして、相手にリフレッシュの時間を捻出してあげましょう。

逆に、常に一緒に居ることがよいという考えの方は、一人になりたいというパートナーの気持ちが理解できずにもめてしまうこともあります。「たまには一人になりたい」という気持ちは自然なもので、決して家族をないがしろにしているわけではないので理解してあげましょう。

まとめ

最近は「産後クライシス」という言葉をよく耳にするようになりましたね。これは「産後2年以内に夫婦の愛情が急速に冷え込む状況」をいいます。数字的に見ても産後数年で離婚をする夫婦が多いそうです。せっかくの我が子の誕生が、夫婦仲に亀裂をもたらしてしまうきっかけの一つとなるのは複雑ですね。

最愛のパートナーとして、良好な関係を築いていけるように、親しい仲にもお互いに感謝の気持ちやいたわりを忘れずに、可愛い我が子の成長を一緒に見守っていければよいですね。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018