就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママもぬり絵でストレス解消!忙しい育児の時間に彩りを加えよう

ママもぬり絵でストレス解消!忙しい育児の時間に彩りを加えよう

ぬり絵には、ストレス解消やリラクゼーション効果があることを知っていますか?ここでは、ぬり絵をすることで得られるメリットや「大人の塗り絵」などの人気のぬり絵の本をご紹介していきます。またママだけではなく、子どもと一緒に楽しめるぬり絵や、おすすめの色鉛筆やマーカーなどもあわせてご覧ください。

ママにも子どもにも嬉しいぬり絵のメリット

心理学者も太鼓判!リラックス効果抜群

子どもと一緒にぬり絵をしていると、いつの間にか子どもよりも真剣にぬり絵をしていた経験はありませんか?それには理由があり、実はぬり絵をすることによってストレス解消やリラックス効果があるといわれているのです。

スペインの心理学者Antoni Martínez氏は「精神を解放する、リラクゼーションツールとしての機能が塗り絵にはある」と主張していて、実践方法として1日の終わりに、静かな部屋でスローテンポなBGMを聴きながらぬり絵をすることを推奨しています。

またフランスではぬり絵のことを「コロリアージュ」といい、ストレスに効果があるアートセラピーとして、フランス人女性の間で積極的に取り入れられているようです。

色彩心理で心や体の状態を把握できる

前述したなかに出てきた「アートセラピー」は、描かれた絵などから意味を見出し、心理分析をするという、カウンセリングの現場でも用いられている絵によるセラピーのことです。

心理分析をするポイントにはいくつかあり、なにが描かれているか、どんな色か、どのようなぬり方なのかなど、さまざまな角度から分析をしていきます。いくつか例をあげてみましょう。

【意味のあるもの】
・花…愛情・美しさへのこだわり
・雲…自由・逃避願望
・木…成長のシンボル
・ハート…愛情

【色彩心理】
・虹色…社交性・充実感
・赤や黒のぬりつぶし…強い不安・ストレス
・ピンク…幸せ・優しい気持ち
・青…プレッシャー・自立心

このようにアートを通して自分の心や体の状態を把握できるのですね。

外出先ではぬり絵セットで静かに遊べる

外出先で、子どもが飽きてぐずり始めると、ママもこまってしまいますよね。そんなときにおすすめしたいのがぬり絵です。新幹線や飛行機、少しよいお店での外食時などに静かに楽しめるぬり絵は、とても助かるはずですよ。

ポイントとしては、いつも使っている色鉛筆やぬり絵とは別に、「ぬり絵セット」を用意してみましょう。外出のときにだけ使うことで、子どもにとって特別な遊びになります。

ぬり絵セットの色鉛筆はクーピーに似た芯の、手が汚れないプラスチックの色鉛筆がおすすめです。ぬり絵は無料ぬり絵サイトからダウンロードしたものや、100均でも十分そろえることができますよ。

ぬり絵に飽きたときのためにシールなども用意してあると、子どもも飽きずに楽しめるでしょう。

定番から、ちょっと個性的なぬり絵も

定番はやっぱり大人のぬり絵

書店で大人のぬり絵に目が留まったママもいると思いますが、探してみると大人のぬり絵にはたくさんの種類があります。モチーフやデザインがちがうので、おすすめをご紹介していきます。

【ひみつの花園】
フランス生まれのぬり絵で、「ひみつの花園」のストーリーになぞらえて、色のない花園をぬっていくと、美しい花園がよみがえるという素敵なコンセプトのぬり絵です。

【世界はひとつ旅するディズニー塗り絵】
ディズニーキャラクターが世界中を旅をするぬり絵で、ディズニーやファンタジーなモチーフ好きなママにおすすめです。ミッキー、ミニー、プーさんなど人気キャラクターがたくさん登場するので、子どもと一緒に楽しめそうですね。

子どもと一緒に「ぬり絵本」を完成させよう

親子で一緒に楽しめる、少し珍しいぬり絵をご紹介します。

【ぬりえ の 赤ずきん、くるみ割り人形、不思議の国のアリス】
ベストセラー絵本「ブローチ」の渡邉良重氏によるぬり絵本は、童話を読みながらぬり絵ができるようになっています。線画で描かれたような繊細な草花やドレスの模様など、ページをめくるたびにわくわくするはずです。白抜きになった文字もぬれるので、完成したときは世界で一冊だけの親子の本になりますよ。

【おもしろ動物園】
かめいち堂のユーモアあふれる絵柄の生き物などが、繊細に描かれています。よく見ると文字が隠れているなど、遊び心がつまっているので、親子で楽しめそうですね。ほかにも、「世界の動物たち アフリカの動物編」などがあります。

英国でベストセラー!世界一長いぬり絵

「世界一長いぬり絵」があるのはご存知ですか?英国のインプレス社の4.5mもある長いぬり絵に、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。代表的な二冊を紹介します。

【TO THE MOON 光かがやく月への冒険】
地上から上空の光かがやく月に到着するまでを、冒険しながらぬり絵を楽しめます。月に到着するまでに登場する空飛ぶ象や天空の城、ドラゴンなどがでてくるので男の子にも好まれる絵柄です。

【TO THE OCEAN DEEP 財宝が眠る深海への冒険】
海に浮かぶ船から深海の底に到着するまでを、冒険しながらぬり絵を楽しめます。財宝にたどり着くまでに登場するピラミッドや海中の森、海へびなどがでてくるユニークなぬり絵です。

ぬり絵をもっと楽しくするアイテム

良質でリーズナブルなものなら日本メーカー

ぬり絵に欠かせないものといえば、色鉛筆ですよね。色鉛筆は、油性か水性かによって仕上がりがだいぶ違うので、仕上げたいイメージに合わせて選ぶとよいでしょう。

油性色鉛筆は、細かい部分をぬりたいときや、はっきりとした線を描きたいときに向いています。水性色鉛筆は、水に溶けるので溶かして描くことで水彩画のような仕上がりになります。

色鉛筆のメーカーは、世界最古の筆記用具メーカーと名高い、ドイツの「ファーバーカステル」が有名です。

日本のメーカーでは、三菱鉛筆の「ユニカラー」やトンボ鉛筆の「COLOR PENCILS」などが人気です。どちらとも海外メーカーに比べてリーズナブルで使いやすいので、ぬり絵初心者の方におすすめの色鉛筆です。

細密なデザインのぬり絵が好きならコレ!

色鉛筆だけでなく、もう少し違うタッチでぬり絵をしたいという方におすすめしたいのが、水性ペンです。水性ペンは色鉛筆では出せない、鮮やかさとはっきりした色合いが出せますし、細かくて細密なデザインをぬるときに使用するとよいでしょう。

おすすめの水性ペンをご紹介します。

【マービーアーツイン】
インクが無駄に出ずにすぐ乾き、ペンタイプで初心者の方におすすめの商品です。ペン先が細いタイプと中字タイプを選べます。発色がよく使いやすいです。

【呉竹 ZIG クリーンカラー リアルブラッシュ】
細かくて複雑な場所がしっかりとぬりやすい筆タイプのマーカーです。筆先を立てると1mm程、寝かせると5mm程の範囲で色をぬることができます。

「配色の本」でぬり絵を極める!

配色とは、二つ以上の色をとりあわせること、また取り合わせた色あいのことをいいます。ぬり絵だけでなくインテリアやチラシ、ポスターなど、配色次第でイメージはかなり変わってきます。

ぬり絵をしていると、自然とよく使う色、使わない色が決まってきて仕上がりも同じようなテイストになってしまうママも多いと思います。

「色鉛筆をまんべんなく使いたいけど、本格的に配色について学習するのは大変そう…」というママにおすすめなのが配色の本です。

配色本は、色の基本知識や配色の実践、暖色や寒色の配色など、配色の基礎知識を学べます。レトロなモダン配色やスイーツのような甘い配色など、求めるイメージの配色見本を参考にすることで、一気にぬり絵のテイストがひろがることでしょう。

まとめ

好きな音楽を聴きながらぬり絵をすることで、ストレス解消やリラクゼーション効果を得ることができます。日々の子育てや家事などで疲れがたまっているときは、ぬり絵を取り入れてみてください。

ママだけでなく、子どもと一緒に楽しむぬり絵もたくさんあるので、昼は子どもと楽しめるぬり絵、夜は細密な大人のぬり絵など、使い分けてもよいかもしれませんね。

最後に紹介しました配色の本は、学習しようと意気込まずにゆったりした気持ちで眺めるだけでも、感性が磨かれるはずです。ぜひ素敵なコロリアージュを楽しみましょう!

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018