就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

家庭菜園、プランターから始めよう!初心者におすすめの野菜、育て方

家庭菜園、プランターから始めよう!初心者におすすめの野菜、育て方

家庭菜園をしてみたいけれど、ベランダしかないから無理だと思っている方も多いと思います。今回はベランダでの家庭菜園に適したプランター栽培について、おすすめの野菜から必要な道具、プランターを置くときの注意点などをご紹介します。ベランダでのプランター栽培に興味がある方は、ぜひご一読ください。

家庭菜園を始めるならプランターがおすすめ

プランターならベランダでも栽培できる

お家で野菜やハーブを育ててみたいけれど、庭が無いからと諦めている方も多いはず。しかしプランターを上手に利用すれば、ベランダでも気軽に楽しむことができます。道具は100円均一ショップでも売っていますので、お金をかけずに始められるのも嬉しいですね。

子どもと一緒に毎日水やりをして収穫を体験することで愛着が湧き、食育にもつながるでしょう。野菜が苦手な子どもの、好き嫌い克服にも役立つかもしれません。

集合住宅のベランダで栽培をする場合、土を排水口に流さないようにしたり、防火扉をプランターでふさがないようにしたりといった気配りが必要です。近隣住民の方々に迷惑がかからないよう、前もって入居規約などを読んでおきましょう。

プランターでおしゃれな家庭菜園を演出

菜園の演出というと、植える植物に目が行きがちですが、プランターのデザインも大切な要素です。木製やテラコッタ製など、素材や雰囲気にこだわることもできますし、プラスチック素材で見た目だけそれぞれの素材に似せたプランターもあります。

植物を植えるのはプランターでなければいけないということはありません。野菜の種類にもよりますが、少ない土でも栽培できるものならば、ブリキのバケツを活用するという方法もあります。オリジナル感を出したい方は、プラスチックプランターに自分でペンキを塗ってもよいでしょう。

さらににこだわるなら、植える植物の高さにこだわってみるのもおすすめです。小さめの果樹を背の低い植物の近くに配置することで、立体感が生まれます。

プランターなら初心者でも簡単に始められる

プランターで栽培するのに適した野菜は、比較的栽培が簡単なものが多く初心者向きといえます。水やりが少なくてすむものや、虫が付きにくいもの、早く収穫ができて失敗しにくいものを選ぶとよいでしょう。特別な道具が必要な野菜も避けた方が無難です。

広い畑と違って栽培できる種類は限られますが、そのぶん揃える道具も少なく、手軽に始めることができます。まずはプランター1個から始め、慣れてきたら徐々にプランターの数と植物の種類を増やしていきましょう。

ベランダ栽培の場合、スペース的に野菜の自給自足をするのは無理があります。収穫して節約につなげるというよりも、植物を育てる過程を楽しんで、収穫の喜びを感じることを目的にするほうがよいかもしれません。

プランターでの家庭菜園におすすめの野菜

プランター栽培で人気のラディッシュ

ラディッシュは生育が早く一年に何度も収穫でき、小さいプランターでも育てやすいため、初めて家庭菜園をされる方にもおすすめの野菜です。収穫数にこだわらなければ、丸い植木鉢でも育てることができます。

多湿を嫌う野菜なので、プランターの底には赤玉土を敷いて水はけをよくします。土は野菜用の培養土を使うと便利ですが、追肥用に液体状か固形状の肥料を一つ買っておきましょう。

プランターの八分目ほどまで土を入れたら、割り箸などで土に溝を作り、種を撒いていきます。軽く土をかぶせて、たっぷりと水をあげましょう。

芽が出て混んできたら間引きして、発芽後は土が乾いたら水やりをします。土の表面から赤い根が見えだしたら収穫時です。

夏バテ防止に役立つオクラ

夏に溜まった疲労回復にピッタリのオクラは下に根を伸ばしていく野菜なので、プランターも30cm以上の深さが必要です。あまり浅いプランターで育てると、実が大きくならない可能性があります。

ラディッシュと同じように、プランターの底に赤玉土を敷いて水はけをよくしましょう。オクラの種は発芽しにくいので、初めての場合は苗から植えるのがおすすめです。種からなら5~6月に撒きましょう。

苗は茎が太くしっかりしているもの、葉の色が濃くて本葉が3~4枚あるものを選びましょう。植え付けたら割り箸か小さい支柱をたてて、茎と支柱を緩く八の字に結びます。

開花してから1週間~10日程で収穫時期を迎えます。柔らかいうちに早めに収穫しましょう。

朝の早いうちに収穫するのが美味しいトマト

トマトにはたくさん種類がありますが、プランターで育てるなら大玉よりもプチトマトの方がおすすめ。茎がよく伸びる野菜なので、プランターの高さも30cm以上あるものを選びましょう。

プランターに赤玉土、野菜用の培養土を入れて苗を植え付けましょう。茎がどんどん成長するので、支柱を立てる必要があります。また、生育途中で余分な「わき芽」を取ることで、実に養分を集中させることができます。

トマトは水のやりすぎにも注意が必要です。毎日たっぷりとあげるのではなく、土の表面が乾いたらプランターの底から水が出る位あげるようにしましょう。

実が赤く色付いたら収穫時ですが、前日ためた養分を夜のうちに実に流すため、朝の涼しいうちに収穫するのが一番美味しいタイミングです。

家庭菜園をプランターで始めるときのポイント

プランターで必要な道具を揃えよう

最初から専門的な道具は必要ありませんが、必要最低限の道具は揃えておきましょう。まず欠かせないのがプランターと鉢底ネット、水やりに必要なじょうろと移植ゴテです。

鉢底ネット(鉢底の穴をふさぐネット)はプランターの一番底に敷くことで、土の流出を防いでくれます。集合住宅のベランダで栽培を行うときには排水口に土が流れないようにするために必ず使用しましょう。

じょうろは育てるプランターの数に応じて大きさを選びます。何度も往復するのが面倒なら大き目を選ぶのもよいですし、子どもにお手伝いしてもらうなら小さめのものがよいでしょう。

移植ごては長さ30cmほどのミニスコップのことです。苗の植え付けをするときや、土を混ぜるときなどに使用します。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj