就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママが家でできる有酸素運動を紹介!メリットや効率を上げる方法とは

ママが家でできる有酸素運動を紹介!メリットや効率を上げる方法とは

有酸素運動は1日置きに行うのが効率的

運動するなら毎日続けるのがよさそうですが、実は1日置きに行う方が効率的なのです。これは、運動によって筋肉に疲労が溜まることが理由です。

筋肉の運動による疲労は、回復に48~72時間ほどかかるとされます。そのため、筋肉を回復させてから運動するために、1日置き、場合によっては2~3日置きのペースで行うのがよいでしょう。筋肉に疲労が残ったまま運動をすると、筋肉を痛めたり怪我をしたりするリスクが高まり、運動効率も悪化しやすいです。

また、有酸素運動を毎日継続することで、体が負荷に慣れてしまい、同じ運動でこれまでと同様の効果を得ることも難しくなります。むしろ、体はエネルギー源として脂肪を溜め込もうとして、太りやすくなるケースもあります。

運動前にお水を飲むことで代謝アップできる

有酸素運動を始めると、汗などで気がつかないうちに水分消費量が増えていきます。そのため、運動をする前に忘れずに水分を補給しておきましょう。

さらに、水を飲むことで代謝がアップし、デトックス効果も高められます。ただし、運動直前に大量の水を飲むと、水分によってお腹がタプタプになり、動きが鈍くなってしまいます。運動を開始する30分くらい前に、コップ1~2杯分の水分を摂取しておくのがよいでしょう。

なお、代謝アップには、水道水よりもミネラルウォーター、特にミネラル分が多く含まれる硬水がおすすめです。また、冷たい水は体を冷やし、内臓と代謝機能を低下させるので、常温かぬるま湯のものを飲むと体を冷やさず、代謝機能を維持できるでしょう。

まとめ

有酸素運動は、産後のダイエットに役立つだけでなく、体力や持久力のアップ、エイジングケアにまで効果を発揮するとされています。20分以上の継続や、1日置きに取り組むことなど、有酸素運動の効率を高めるポイントを意識すると、より効果的ですよ。

「運動」とはいっても、無酸素運動である走り込みや筋トレなどのハードなものではなく、縄跳びやトランポリンなど、子どもとの遊びの延長で取り組めるようなものなら、無理なく親子で楽しみながら続けられそうですね。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事