就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

バスソルトは赤ちゃんの入浴で使える?敏感な肌を労わる入浴剤選び

バスソルトは赤ちゃんの入浴で使える?敏感な肌を労わる入浴剤選び

バスソルトは寒い季節に体をポカポカと温め、子育て中に起きやすいママの肩コリや腰痛などを和らげる働きもありますよね。しかし、赤ちゃんと一緒の入浴にも使用して問題はないのでしょうか?今回は赤ちゃんの敏感な肌にも安心して使えるように、バスソルトなど入浴剤の選び方を紹介します。

赤ちゃんが使用できる入浴剤について

保湿や敏感な肌を労わる働きがある

大人は入浴剤の入ったお風呂に浸かると、一日の疲れが癒されますよね。しかし、赤ちゃんにも入浴剤は必要なのでしょうか?

赤ちゃんの肌はとても薄く機能も未熟なため、乾燥しやすい状態です。入浴は赤ちゃんの肌を清潔に保つために大切ですが、石鹸で体を洗ったり体が温まって汗をかいたりすることで肌を乾燥させてしまいます。そこで保湿成分を含んだ入浴剤を使用すれば、入浴時の赤ちゃんの肌を乾燥から守ることができるのです。

また水道水には、水を綺麗にするため塩素が含まれています。この塩素の刺激によっても、乾燥や荒れを引き起こす可能性があるのです。そのため、湯あたりを柔らかくする入浴剤の使用は、赤ちゃんの敏感な肌を労わる役目もあります。

肌機能が安定する3~4カ月ごろから使用を

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ肌の機能が安定していません。そのため、乳児湿疹などが出やすいですよね。またうんちやおしっこの回数も多く、おむつかぶれを起こしてしまうこともあります。この時期に入浴剤を使用すると、さらに肌の状態を悪化させる恐れがあるのです。

そのため入浴剤の使用は、肌機能が安定する3~4カ月ごろがよいですよ。ちょうどこのころは、今まで多かった皮脂量が急激に減ってくる時期です。そうすると乾燥しやすくなるので、保湿ができる入浴剤は役立ってくれますよ。

3~4カ月ごろというのは、あくまで目安です。乳児湿疹の治りが悪いなど肌の調子が整っていない場合は、無理に入浴剤を使用せず安定するまで待ちましょう。

大人の入浴剤は刺激が強いので使用は控える

実は普段私たちが使用している大人の入浴剤には、赤ちゃんの肌に刺激が強い成分が多く含まれています。そのため赤ちゃんには使用を控えましょう。

たとえば炭酸ガス入りの入浴剤は、コリや疲れを癒やすのにぴったりですよね。しかしガスを発生させる成分や泡による刺激は、赤ちゃんの肌には好ましくありません。また温泉に含まれる「硫黄」は体を温め疲れも癒やしてくれますが、肌には刺激が強い成分です。さらに角質を除去して肌をすべすべにする炭酸水素ナトリウムも、肌をよけい乾燥させてしまうこともあるので注意が必要です。

そのため、赤ちゃんの入浴には「赤ちゃん専用のバスミルク」や「赤ちゃんにも使えます」と記載されているものを選ぶと安心ですよ。

バスソルトもOK?赤ちゃん用の入浴剤選び

香料や人工添加物入りのものは避けるように

バスソルトは保温や血行促進だけでなく、美肌やデドックスなど女性に嬉しい働きも多く含まれています。しかし、バスソルトは赤ちゃんに使用して大丈夫なのでしょうか?

バスソルトはよい香りも特徴ですが、香りづけに合成香料を使用している物もあります。合成香料は石油系の成分から作られることもあり、肌に余分な刺激を与えてしまうのです。また、赤ちゃんは肌だけでなく匂いにも敏感です。そのため天然アロマを使用している場合であっても、きつい香りだと刺激が強過ぎて体調不良を起こす恐れも否定できません。

さらに、合成着色料や防腐剤も避けたい成分です。赤ちゃんが使う入浴剤は、きつい香料や人工添加物が入っていないかどうかしっかりと確認しましょうね。

雑貨に該当するバスソルト選びは特に慎重に

現在市販されている入浴剤は、大きく「医薬部外品」「化粧品」「雑貨」の3つに分けられます。「医薬部外品」は、厚生労働省で効果が期待できると認めた成分を一定の割合で含んでいる物です。そのため治療ではなく予防の範囲になりますが、赤ちゃんの肌によい働きかけがあると考えられますよ。

「化粧品」になると医薬部外品よりもさらに働きが緩和され、清潔や美しく保つことが主な使用目的です。「雑貨」になると肌などに対して期待できる働きはなく、香りや色を楽しむための商品が分類されます。

バスソルトは雑貨に分類される物もたくさんあり、傾向として香料や添加物が多く含まれがちです。そのため赤ちゃんには「雑貨」にあたる入浴剤は避けるなど、慎重に選ぶ必要があります。

天然由来成分のバスソルトから試して

バスソルトを選ぶ際は人工添加物が含まれていないかどうか、取り扱いが雑貨になっていないかどうかを確認して「天然由来成分」のバスソルトから試してみてください。

天然由来成分の物は「オーガニック」と記載されていることが多いですよね。しかし日本では特定の食品に関しては表示基準がありますが、入浴剤などほかの商品に関しては厳密な基準が設けられていないのが現状です。そのため一部オーガニックを使用していても化学薬品も同時に添加されている、といった商品もあります。

また「無添加」の表示も同様に、一部の成分だけが無添加という場合もあるのです。そのため商品裏の成分表示を確認して、赤ちゃんの肌に相応しくないものが使用されていないかチェックしましょう。
28 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版