就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児から音楽を聴く効果は大きい!聴くときの注意点と曲選びのコツ

新生児から音楽を聴く効果は大きい!聴くときの注意点と曲選びのコツ

胎児の頃から音を聞いてきた赤ちゃん。そんな赤ちゃんと楽しむ音楽には、赤ちゃんの心にもよい影響を与え、生活や知育にも役立つ力がいっぱいです。そんな音楽の力について知り、日常に音楽を取り入れるときの注意点にも目を向けながら、育児の中で上手に取り入れていく方法について考えてみました。

新生児の音楽との関わりと好きな音楽

赤ちゃんは20週には音が聞こえている

赤ちゃんはママのお腹の中でものすごいスピードで成長していきます。はじめ1cmにも満たなかった身長はぐんぐん伸びていき、出産までの10カ月で約50cmにもなるのですから考えてみれば驚きです。

その急成長は耳でも同じ。耳の形成は7週頃から始まるといわれているのですが、16~19週頃にはすでに外見上はできあがっているそうなのです。

とはいえ耳はとても繊細な構造をしており、外見上できあがってはいても、音として理解できるようになるのは8カ月頃のこと。

その頃には音を聴き分けられているといわれていますが、なんと20週の赤ちゃんが音への反応を見せたという事例もあるそうですから、20週には聞こえていると思っていてもよいのではないでしょうか。

胎内でも聴いていたママの声で歌う曲

ママのお腹の中は赤ちゃんにとって安心で安全な場所でした。そんな場所でよく聞こえてきていたのがほかの誰でもないママの声。

お腹の中には羊水や子宮の内膜がありますし、ママの心臓の音を始めとする体の音などの影響もあって外部からの音は聞こえにくくなっているのですが、ママの声だけはママの骨や体を伝って響いてくるのでよく聞こえています。

そのため、なんと生まれてすぐの赤ちゃんでもママの声は聞き分けられるのだとか。安心で安全な場所によく聞こえてきていたママの声。その声が赤ちゃんの心を安らかにさせることはいうまでもありません。

心を安定させてくれる声。そんな声で歌ってもらう歌は、赤ちゃんにとってはママからもらう安心そのものなのです。

ママが楽しくなる明るい雰囲気の曲

赤ちゃんによい音楽といわれて思いつく曲はどんな曲でしょうか。童謡?クラシック?それとも生演奏?その中でもピンポイントでモーツァルトがよいと聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

確かにモーツァルトの曲にはリラックスする効果があるようですが、それは何もモーツァルトに限った話ではありません。リラックスできる曲であればなんだってよいのです。

つまり、ママ自身が好きな曲だってよいということ。好きな曲を聴くと気分がよくなったり、明るく前向きになったり、やる気が出たりしませんか?それは赤ちゃんにとっても嬉しいことなのです。

大好きなママがリラックスできる、ママの好きな曲こそが赤ちゃんにとってもよい曲なのではないでしょうか。

赤ちゃんが音楽を聴くことのメリット

ストレスが緩和されて安心する

ストレスを感じると分泌されるホルモン・コルチゾール。ストレスに対抗するホルモンとして、ストレスによって感じた危機を回避するために働きます。

ただ、ストレスが多いと分泌されるコルチゾールも多くなり過剰な状態に。そうなると逆に悪い影響を人体に与えてしまうのです。

好きな音楽を聴くということには、過剰分泌状態になったコルチゾールを減少させる効果があるといわれ、これによってホルモンのバランスが整い、精神が安定します。

これはきっと赤ちゃんにも同じこと。赤ちゃんといえど、おむつが汚れたときの不快や、さみしさを感じたときの不安など、生活の中にストレスを感じる部分はどうしようもなくあるはずです。

そんなストレスが緩和されれば、安心に繋がります。

感情表現が豊かになる

音楽はもともと表現の領域です。音楽を作る人たちは、聴く人々に情景を伝えたり、メッセージをおくったりということを、音楽を通して行っています。

音楽はある程度のジャンル分けができると思いますが、それは人でいえば表情のようなもの。嬉しい音楽には嬉しさを表すようなリズムやテンポ、悲しい音楽には悲しさを表すようなリズムやテンポ、音楽にはそれぞれいろいろな表情があります。

それを聴きながら感じることで、感情というものを感覚で学ぶことに繋がってくるのです。

そして自分で音楽を選べない赤ちゃんの場合は、一緒に聴いてくれている人が近くにいるはず。その人の表情や雰囲気を感じ取って赤ちゃんは、いろいろな感情表現を学びながら聴いています。

コミュニケーション能力が向上する

上にも書きましたが、自分で音楽を選べない赤ちゃんには近くに音楽を聞かせてくれる人がいるはずです。その人はきっと、音楽を聴いて楽しい気分になった赤ちゃんが声をあげれば「嬉しいねー」、笑いながら聴けば「楽しいねー」といってくれる人であるはず。

そういったやりとりをしていると、赤ちゃんは自分が音楽を聴いて反応したことを受け止めてくれる人がいるということを学びます。それこそが赤ちゃんが社会性を身に付ける第一歩となるのです。

また、一緒にリズムを感じながら聴いたり、簡単にでも体を動かしたりしながら一緒に聴くと、音楽を通して赤ちゃんとの間にやりとりが生じます。結果、コミュニケ―ション能力が向上することに繋がっていくといってよいでしょう。

音楽が赤ちゃんに与える知育への影響

言語能力の発達を促す

音を聴いた赤ちゃんは、まずその音を自分の中に蓄積します。聴いて溜めこむ、学習するのです。

そして、学習した音を今度は自分から発してみます。初めは「あー」や「うー」だった赤ちゃんが発する音は、学んで蓄積された音を組み合わせることによってやがて言葉になります。

となると、組み合わせをするにもいろいろな音を蓄積しておかなければいけません。つまり言語能力を伸ばしてあげるにはいろいろな音が必要ということです。

また、音楽を聴くことで音を聞き分ける力もついていきます。聞き分けることができるようになると、その音に対する対応力もついてきますので、その結果、思考の発達が促され、言語能力を高めることにも繋がります。

音感やリズム感がよくなる

まず音感についてですが、音感とは「音の性質(高低・強弱・音色など)を聞き分けることができる感覚」のことです。

そしてリズム感についてですが、リズムとは「音の時間的変化の構造」のこと。リズム感とはそれを認識する能力となります。

この音楽的感覚は、やはり聴くことによって身に付けられる可能性が高まります。身近にある音楽を楽しんで聴いているうちに、音の高低や強弱、リズムに触れることになり、経験として蓄積されていくのです。

この蓄積された経験があってこそ、自分が表現する側になったときにも力が発揮できるようになります。つまり音楽が身近にある環境にいれば、音感がよいこと、リズム感がよいことに繋がっていくことになるのです。

脳を刺激して頭がよくなるかも

モーツァルトの音楽を聴いて頭がよくなる、という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかと思います。しかしこれは誤りであったことが発表されました。

では、音楽を聴いて頭がよくなる、ということは決してないのでしょうか。聴くだけではやはり難しい部分もありますが、音楽を活用しながら脳を刺激することで十分可能性が出てきます。

今までに音楽学習が子どもの発達に与える影響についてはいろいろと研究や実験が進められてきているのですが、そこでも音楽を実際に自分で奏でたり、リズムに乗って体を動かしたりする音楽学習に取り組んだ経験がある子どもの方が、社会性やコミュニケーション能力、そして記憶力に対してもよい結果が出たそうです。

赤ちゃんが聴く音楽を選ぶコツと楽しみ方

童謡など繰り返しの多いシンプルな曲

生まれて数カ月経った赤ちゃん。ゆっくりと目で物を追えるようになりますね。

喋りだす言葉は「あー」や「うー」などの言葉。一年間のうちにできるようになることや覚えることは山ほどあり、成長著しいのですが、どれも初めはできなかったものです。

それは音楽を聴く力でも同じこと。初めて動く物を目で追ったときのように、聴く力もゆっくりと成長していきます。

ですので、難しい言葉がたくさん並んだ歌では、結局のところ難しいだけで、歌詞としての言葉の理解などは到底できません。その点、童謡などは子どもが親しみを持てる言葉が多く散りばめられています。

速度もゆっくりとしている物が多く、繰り返しが多いことで、理解しやすい曲といえるでしょう。

ピアノやオルゴールなど聴きとりやすい曲

赤ちゃんが好む音は、美しい楽器の音色であるとか、調和がとれていて穏やかな音楽であるといわれています。美しい楽器の音色といえば、やはり生演奏。

生の演奏から出る周波数は、人間が聴くと心地よいと感じることができたり、リラックスできたりする音と一致するのだそうです。ピアノやオルゴールであれば生活の中にもけっこう身近な場所にあります。

また高音が穏やかに演奏される音楽であればよいようです。赤ちゃんに話しかけるとき、無意識に声のトーンが上がっていませんか?

これは本能で赤ちゃんが聴きとりやすい声の高さに合わせているのだとか。低い音よりは高い音を好む赤ちゃん。ピアノやオルゴールなど聴きとりやすい曲を見つけてみてください。

音楽を聴きながら体を動かしてみよう

童謡の中には「つんつん」や「ごっつんこ」などの擬音が含まれているものがあります。そんな音楽を見つけたら、ぜひイメージを膨らませて遊びにしてみましょう。

ねんねの赤ちゃんからでも大丈夫です。「つんつん」でほっぺをつつく、脇をくすぐるようにつつく。「ごっつんこ」で鼻と鼻を合わせる、おでことおでこを合わせる。などなど、歌自体をヒントにしてやりとり遊びをすることができます。

大切なことは心地よいと感じる心です。聴き心地のよい音楽を聴きながら体を動かすことで、心もぐんぐん動きます。

体のどこを動かせるだろう。ここは小さな音だから小さくなってみよう。考えながら動くことで、想像力や思考力、集中力を養う手伝いとなりますよ。

赤ちゃんが音楽を聴くときの注意点

音の大きさに気をつける

一方で音楽を安全に楽しむためには気を付けることもあります。一つ目は音の大きさ。

小さな赤ちゃんはたくさんの可能性を秘めているものの、まだまだ小さな存在。大人と違って未熟で繊細な器官も体の中にたくさんあります。

聴覚もまだまだ未熟な器官の一つです。そんな未熟な耳には大きな音は負担となってしまいます。大きな音を聴かせ続けることで聴力はダメージを受け、それが積み重なると難聴になる可能性が出てきてしまうのです。

耳鳴りがしたり、聴こえにくい音ができてしまったり。赤ちゃんがつらい思いをしてしまうことになるかもしれません。そうならないためにも、赤ちゃんにとって心地よいなと感じる音量を心がけましょう。

音楽をかけっぱなしにしない

二つ目の注意点は音楽を聴き続ける長さ。いくら音楽によいところがあるからといっても、かけっぱなしにしていてはもったいない場面が出てきます。

朝から晩まで一定の音量で音楽がかかり続けている環境で過ごすことで、どのようなデメリットがあるのでしょうか。弱くなると考えられる力は、静寂のなかで過ごす力。静かな中にある自然な音を楽しむ力。物事への興味・集中力。音楽を楽しむ力。などが挙げられます。

音楽があることが普通になりすぎてしまうのです。そうなると音楽は楽しむための物ではなく、ただの大きなBGMにすぎません。

上にも書いたとおり、自然な音が聴こえてくるのを遮ってしまいます。音楽のある時間、無い時間でメリハリが持てるとよいですね。

音に敏感な新生児期は穏やかな曲を

新生児を育てたことがあるママやパパなら、赤ちゃんが音にびっくりして手を広げる動きを見たことがあるかと思います。赤ちゃんが生まれながらに持っている原始反射の一つ、モロー反射です。

音以外でも起きることがある反射ですが、音にびっくりすると赤ちゃんは自然と手を広げてしまうのです。つまり、音が赤ちゃんにとっては刺激となるということ。

そのほかにも大きな音や激しい音楽は心拍数が上がり、赤ちゃんが興奮してしまう原因にもなるのだとか。赤ちゃんが興奮状態でいると眠れなくなったり、ぐずりの原因となったりすることがあります。

音を聴く経験がまだ少ない内は刺激の少ない音楽から始めるという意味でも、穏やかな音楽を選ぶことが大切というわけですね。

赤ちゃんが音楽を聴くタイミング

知育にもなる!遊んでいるときに

音楽を聴かせたいタイミングと用途によって上手に使いわけてみましょう。例えば遊んでいるとき。

1人遊びで集中させてあげたいときには小さめの音でBGMのようにして聴かせてあげることがおすすめ。こうすることで、集中を妨げる音を弱めて聴く練習になります。遊びの邪魔になる音を意識下に追いやり、集中して遊びに気持ちを向けることができるのです。

音楽を音楽として楽しむのであれば、ママやパパも一緒に楽しんでみてください。音楽を媒介としてやりとり遊びやふれあい遊びをするために使います。

リズム遊びにもよいですね。童謡の歌詞に合わせた動きややりとりで、言語能力・コミュニケーション力などを身に付けることが期待できます。

安心できる!赤ちゃんが泣いたとき

泣いている赤ちゃんは一種の興奮状態におちいっています。激しく泣くほど興奮状態は強くなり、気を落ち着かせることが難しくなってしまいます。

また、新生児の頃にはママもまだ赤ちゃんの泣きがよくわからず、何をしてあげても止まらないなどという話もよく聞きますね。ひたすら泣いている赤ちゃんに向き合っていると、やたらと時間が経つのが長く感じてつらくなってしまうもの。

そんなときに音楽を聴かせてあげると、自分1人で気持ちを切り替えることが難しい赤ちゃんが泣きやむことがあるそうです。そして、ひたすら泣き声を聞いてつらくなってしまったママも、赤ちゃんと一緒にゆったりとした音楽を聴くと、穏やかな心で少し楽に向き合うことができるそうですよ。

リラックスできる!寝かしつけのとき

眠いときに機嫌が悪くなったり泣いたりしてしまう赤ちゃんは多いです。眠たくて不快だけれど、自分では眠るというところまでいけなくてどうしようもない状態。

泣き疲れて眠ることもあるけれど、泣きつづける赤ちゃんに毎日付き合うのはママの方も疲れてしまいますよね。やっぱり気持ちを静めてから穏やかな眠りにつかせてあげたいものです。

そんなときにも音楽は効果的です。眠いという不快感でいっぱいの心をゆったりとほぐしてくれます。

心が穏やかな状態になると、眠りたいという本来の欲求で満たされます。すると、リラックスした状態で眠りにつける準備ができてくるのだとか。リラックスできる曲が赤ちゃんの泣きから眠りへのきっかけとなりますよ。

寝かしつけの音楽の効果と使用のポイント

決まった時間に同じ音楽をかける

生まれたばかりの赤ちゃんは昼夜関係なく過ごしています。体内時計がまだ働かない時期だからです。

生後1~2カ月になると体内時計は働き始めるものの、一日は25時間のリズムとなっており、ズレが生じてきます。その中で寝るリズムをつけさせてあげるには夜眠る前の決まった時間に音楽をかけてあげることが効果的です。

まだ生後間もない頃のこういったズレを、決まった時間にかける音楽でリセットしてあげるのです。これを毎日続けることで、自分では体内時計を調節できない赤ちゃんにも体内時計の24時間の感覚を経験させるきっかけとなります。

24時間のリズムを作れるようになってからも、そのリズムを維持していくのに役立ちますよ。

部屋を少し暗くして音楽に集中できるように

私たちが起きているとき、いろいろな感覚が働いています。目で見ながら耳では違う音を聞いたり、鼻で嗅ぎながら口で味わったりということ。

その感覚を一つ減らせばほかの感覚に集中が増します。よい香りを嗅ぐときに目を閉じるのがよい例です。

それは耳でも同じことが起きます。目を閉じて音楽を聴くと、より聴くという感覚が研ぎ澄まされますね。しかし、赤ちゃんは自分の意思で目を閉じることはできません。ですから部屋を暗くしてあげましょう。

目に受ける情報という刺激が少なくなった分、音楽が耳に届きやすくなります。体内時計のリズムのためには日中の睡眠時に部屋を暗くすることはおすすめできませんが、夜にはしっかりと暗くして入眠の音楽に集中できるようにしてあげましょう。

赤ちゃんが眠る前に音楽は止めて

音楽に耳を傾けて眠たくなった頃には、音楽は徐々に小さくして止めることをおすすめします。いくら気持ちのよい音楽といってもある程度の音量で音楽を聴いている状態では、聴覚が休まりません。

テレビや音楽をつけっぱなしにしたまま寝てしまい、はっと起きたことがありませんか?これはやはりどれかの感覚が働いたまま眠ってしまうと、脳がしっかりと休まらないことを示しているのではないでしょうか。

それは赤ちゃんでも同じこと。眠るときには静かな環境の方が脳も休まり、結果として体も休まることに繋がるのです。

また、この音楽がなければ寝ない!という状況を作らないためにも、慣れてきた頃に聴く音楽に変化を持たせたり、短めに切り上げたりするのもおすすめです。

寝かしつけや泣きやまないときに聴きたい曲

寝かしつけに!優しいオルゴールの曲

自律神経にもよい影響を与えてくれるといわれており、リラックスもできて、寝かしつけや泣きやませたいときに力を発揮してくれるオルゴールの曲。気持ちを安定させる効果があるため、安心にも繋がる音色です。

そんなオルゴールを使って演奏された曲には、今やいろいろな種類があります。クラシックの曲、アニメの曲、童謡、J-POPなどなど…。

意外な曲もオルゴールになっていることもあり、その種類の多さには驚かされます。ママの好きな曲もオルゴールになっているものがあるかもしれません。

赤ちゃんにも優しいオルゴールの曲ですが、一緒に聴くママの癒しにもなれば一石二鳥ですね。 寝かしつけや泣きやまないときの心強い味方になってくれますよ。

繰り返しが楽しい!泣き止むシリーズの曲

赤ちゃんと過ごしているとうまくいかないこともあります。そんなときにおすすめなのが泣き止むシリーズの曲です。

どんなにうまく子育てしている人でも、壁にぶつかるときはあり、うまくいかなかったことに悩んでいます。だからこそ赤ちゃんが泣き止んだと実感できる曲がネット上で紹介されているのです。「赤ちゃん 泣き止む」と検索するだけでたくさん見つかりますよ。

これが意外とおもしろかったり、聴いていると楽しい気持ちになったり。中には赤ちゃんが気に入るように考えて作られた曲もあるのだとか。

赤ちゃんの耳に届きやすい高音の音楽。興味をひくような転調が含まれている曲。聴けば納得です。ぜひお気に入りの一曲を見つけてみてください。

パパやママが歌う子守唄がいちばん

それでもやはり原点に戻るのは、パパやママの声がいちばんだということ。赤ちゃんにとっていちばん親しみがあって、いちばん大好きで、いちばん愛情を感じるのは、やっぱりパパとママの声なのです。

赤ちゃんにとっては愛情こそが心の栄養。赤ちゃんと一緒にいろんな音楽を楽しんだ後には、パパとママの優しい声での歌もぜひ聴かせてあげてくださいね。

そして、パパとママの歌にはほかの音源にはできないことができる!というメリットもあります。それは赤ちゃんに合わせたアレンジができるというところ。

赤ちゃんの様子を見ながら速度を変えたり、高低や強弱を変えたり、歌詞だって変えてしまうことができます。

世界に1人、我が子のためだけの子守唄。最高の音楽です。

まとめ

赤ちゃんにとっての音楽。それは身近な喜びであったり、コミュニケーションツールであったり、楽しみであったり、いろいろなことを教えてくれる先生のようなもの。

また、パパやママが困ったときには助けにもなってくれる心強いものです。うまく日常に取り入れながら赤ちゃんと音楽を楽しみ、パパやママの声で歌を通して愛情を伝えるなど、幸せな時間をお過ごしください。

この大切な時間が、やがては赤ちゃんが一生を通して音楽を楽しんでいくことができる土台にもなるのではないでしょうか。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018