就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

つわりが辛くて実家に帰るはあり?症状の乗り切り方とパパへの頼り方

つわりが辛くて実家に帰るはあり?症状の乗り切り方とパパへの頼り方

本当に辛いときはパパに頼ってみよう

パパができる家事はおまかせする

つわりが辛いときは家事をするのも大変ですよね。ママは無理をせずに、パパにもできる家事はおまかせしましょう。

それぞれのパパでできることが違うかもしれませんが、料理や掃除、洗濯、ゴミ出しなどなんでもよいのです。料理中の臭いで気持ち悪くなるママであれば、パパにご飯を作ってもらうか、ご飯を買ってきてもらってもよいですね。

洗濯も洗濯機がしてくれますから使い方を教えてパパにしてもらったり、掃除をしてもらったりすればママは楽ですよね。仕事帰りに買い物をしてきてもらうだけでも助かりますよね。

パパに遠慮しないで、してほしい家事をお願いしてみましょう。きっとパパもつわり中のママの辛そうな姿を見たら協力してくれますよ。

お願いごとを聞いてもらう

つわりで辛いときはママがしてほしいことをパパに素直に言ってみましょう。パパの中にはママが辛そうにしているから何かしてあげたいと思っても、どうしたらよいのか分からないパパもいるようです。具体的に考えるのは難しいのかもしれませんね。

きっとママが素直にしてほしいことを伝えたら、パパも聞いてくれますよ。パパにお願いごとを聞いてもらえれば、ママもつわりの辛さが軽くなりそうですね。

ママが一度、具体的に「これをしてほしい」とお願いすれば、二度目からは何も言わずとも継続してくれるようになるかもしれません。ママもパパがしてくれるのは当たり前と思わずに、きちんとお礼を伝えましょう。不十分な内容でも文句を言わず、感謝の気持ちを伝えることが大切なのです。

できる限り一緒にいてもらう

つわりで辛いときはひとりで過ごすのが不安になることがありますね。不安を感じるのであればパパにできるだけ早く仕事から帰ってきてもらいましょう。パパがそばにいてくれるだけで安心することもありますよ。

一緒にいる時間が長くなることで、パパにもママのつわりの辛さを知ってもらう機会にもなりますね。つわりの辛さを分かってもらうことでパパも優しくなるでしょうし、赤ちゃんが生まれた後も育児や家事に協力的になってくれるかもしれません。

パパと2人だけの時間は赤ちゃんが生まれたらなかなかありませんから、夫婦2人で過ごすのも大切な時間ですね。できる限りパパに一緒にいてもらうことで、出産や育児に対しての漠然とした不安も軽減されるかもしれませんね。

まとめ

つわりは出始める時期と終わる時期、どのような症状で出るかは目安がありますが、妊娠それぞれで違ってきます。つわりで辛くて仕方がない場合は、実家に帰って両親に甘えるのも一つですよ。

辛いつわりを乗り切るために、症状を和らげる食べ物を食べたり、リラックスして過ごしたり、気分転換に外出してもよいですね。ママに合った方法で辛さを軽減しましょう。

つわりで辛いときはママだけで頑張るのではなく、パパにも家事やお願いしたいことを聞いてもらうとよいですよ。パパにそばにいてもらえたら安心ですね。
28 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND