就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

シャボン玉で楽しく遊ぼう!作り方や遊び方、海外のシャボン玉を紹介

シャボン玉で楽しく遊ぼう!作り方や遊び方、海外のシャボン玉を紹介

シャボン玉は今も昔も変わらない遊びの一つです。普通のシャボン玉に飽きたならば、シャボン玉液や道具を手作りしたりちょっと変わったシャボン玉液を使ったりしてはいかがでしょうか。ここでは、シャボン玉液の作り方やコツ、海外の珍しいシャボン玉などを紹介していきます。

シャボン玉液や道具を手作りしてみよう!

割れないシャボン玉液の作り方

今も昔も変わらず、子どもが好きな遊びの一つであるシャボン玉。子どもの頃に手作りしたことがあるママもいるでしょう。有名な作り方は「水+台所用中性洗剤」ですが、すぐに割れてしまいます。しかしあるものを追加すれば割れにくくなるのです。

それは洗濯のりです。このとき弱酸性かつPVAと表示されている洗濯のりを選ぶとよいでしょう。台所用洗剤:水:洗濯のりを1:10:5の割合で混ぜてくださいね。なるべく泡立てないようにして、優しく混ぜることがコツです。

100均やスーパーでも市販品を購入することはできますが、子どもと一緒に作ることで楽しさが倍増するでしょう。簡単に作れますので、自宅でも割れにくいシャボン玉液を作ってみてはいかがでしょうか。

シャボン玉を吹くストローの作り方

シャボン玉液を作ったあとは、シャボン玉を吹くストローも作ってみませんか。家庭にあるもので簡単に作ることができますよ。普通のプラスチックストローと、はさみを用意してください。

ストローはそのままでも使用できますが、切れ込みを入れることでシャボン玉が作りやすくなります。用意したはさみを使ってストローの端から2cmほどの場所に、4カ所以上の切れ込みを入れます。そして切れ込み部分をそれぞれ花弁のように開きましょう。

このときストローの吹き口から3cm程度のところで折り曲げて、片方の角を切り落として元に戻しましょう。ストローに穴があくことで、シャボン玉液が吹き口まで上がってこなくなります。誤飲を防ぐためにも空気穴があると安心ですね。

モール、牛乳パック、うちわを使ってみよう

ストローのほかにもお家にあるもので手作りできる道具がありますよ。小さな子どもでも簡単に作れておすすめなのは、モールです。モールで持ち手と輪っかを作れば完成です。輪っか部分を丸型にしたりハート型にしたり、自分の好きな形を作ることができますよ。

次におすすめは牛乳パックです。牛乳パックを半分に切って、飲み口部分にストローを差し込みます。ストローが外れないようにセロハンテープでしっかりと止めましょう。切り口にシャボン玉液を浸して、吹くとシャボン玉ができますよ。

ほかにもうちわを使用することもできます。うちわの紙をすべてはがして、骨組みをむき出しにします。そのままシャボン玉液に浸してうちわを振れば、簡単にシャボン玉ができますよ。

おもしろいシャボン玉遊びに挑戦しよう

シャボン玉でバブルアートを楽しもう

シャボン玉に色をつけて遊ぶ、バブルアートを楽しんでみませんか?用意するものは、ストロー・シャボン玉液・色のついたシャボン玉液を入れる容器・水彩絵の具・水彩画用紙です。

作り方は、まずシャボン玉液を入れる容器にシャボン玉液を流し込みます。使いたい色を選んで、水彩絵の具をその容器に入れて混ぜましょう。これで色のついたシャボン玉液ができます。色つきシャボン玉液を水彩画用紙に吹けば、泡がはじけて画用紙に模様がつけば完成です。

また平べったい容器に色つきシャボン玉液を作って、ストローで泡だてます。その上に画用紙を置くと先ほどとは違った模様ができるでしょう。同じ色合いでもまったく同じ模様はなかなかできないので、たった一つの作品を作ることができますよ。

割り箸と毛糸で大きなシャボン玉に挑戦

大道芸や科学館などで大きなシャボン玉を見たことはあるでしょうか。実はこの大きなシャボン玉も、お家にあるもので簡単に作ることができます。必要なものは、シャボン玉液・150cm程度の毛糸・割り箸1膳・紙コップです。

まずは割り箸を割り、それぞれの端に輪っかにした毛糸の2カ所を結びつけます。紙コップに入れたシャボン玉液に毛糸部分を浸し、しっかりとしみこませます。

シャボン玉液がついたら、そっと持ち上げて割り箸を広げてみましょう。シャボン玉液によって薄い膜ができるので、そこに風を当てたり早歩きしたりすると大きなシャボン玉ができますよ。このとき毛糸に渇いている部分があると、シャボン玉ができにくいので注意してくださいね。

水中で色づくシャボン玉を作ろう

空中にふわふわ浮かぶのではなく、水中にできる不思議な色つきシャボン玉を作ってみましょう。用意するものは、台所用洗剤・水・水彩絵の具・ストロー・はさみ・透明なコップ二つです。

二つのコップに八分目まで水を入れ、それぞれに台所用洗剤を10滴ほど垂らしてシャボン玉液を作り、片方だけに水彩絵の具で色をつけます。ストローの先数cmを色つきシャボン玉液につけてもう一方の先を指でふさぎ、液を持ち上げます。

透明なシャボン玉液が入ったコップの上で、ストローの先をふさいでいた指を離してみましょう。色つきの液が落ちて、透明な液の中でシャボン玉になるのです。色を増やせばカラフルな水中シャボン玉ができて、見た目もとても綺麗ですよ。

試してほしい!海外のシャボン玉3選

割れにくく、きれいなドイツのシャボン玉

ドイツのプステフィックス社のシャボン玉液は、世界でも割れにくいと評判です。独自の技術で作られていて割れにくさだけでなく、安全性にも優れていますよ。通販で購入することができます。

パッケージにはくまのキャラクターが描かれていて、見た目もキュートで子どもを惹きつけるデザインです。シャボン玉液は普段見かけるものよりも少し粘り気が強く、少々の風が吹いても割れないシャボン玉を作ることができますよ。

また水と自然せっけんから作られているので、ヨーロッパのシャボン玉の安全基準を満たしています。飲み込まないようにさえ気をつければ、口の中に少し入ったとしても体に害を及ぼす成分は含まれていません。小さな子どもでも安心して使うことができますよ。

さわれる不思議なシャボン玉

綺麗なシャボン玉を見てさわりたがる子どもは多いですが、たいていのシャボン玉はさわると割れてしまいますよね。そんなときはイギリスのZURU発のGOGOバブルで遊んでみてはいかがでしょうか。

専用のシャボン玉液と手袋を使えば、簡単にシャボン玉に触ることができます。このシャボン玉液は普通のシャボン玉液と違った特殊な加工がされているので割れにくく、コットンを弾くように作られています。

両手で挟んでも割れませんし、ボールのようにパスすることもできますよ。シャボン玉を二つ作って雪だるまのようにくっつけたり、たくさんシャボン玉を作ってボールのかわりにシャボン玉でジャグリングをしたりなど、シャボン玉にさわりながら楽しく遊ぶことができますよ。

好きな飲み物で作る!食べられるシャボン玉

バブルリックという名前を聞いたことはあるでしょうか。これは食べることができる海外製シャボン玉液です。作り方は簡単で、付属の容器に飲み物を注いで少し振れば完成です。カクテルやジュースなど飲み物であれば、どんな味でも作ることができます。

またシャボン玉液自体も食べられる素材から作られているので、毒性はありません。好きな味でシャボン玉を食べることができるので、大人から子どもまで楽しむことができますよ。

注意点はシャボン玉が割れたり家具についてしまったりすると、ジュースに含まれる砂糖で床や家具が汚れてしまうことです。室内だとべたべたになってしまうこともありますので、屋外のほうがママも汚れを気にせずに楽しむことができるかもしれませんね。

まとめ

昔から変わらない遊びの一つにシャボン玉があります。ここではシャボン玉液や道具の作り方やちょっと変わった遊び方、海外の珍しいシャボン玉などについて紹介してきました。

ふーっと吹くだけでももちろん楽しいですが、一工夫を加えることでいつもとは違う遊び方ができます。色つきだったり食べることができたり、さらに楽しくシャボン玉で遊ぶことができるでしょう。

普通のシャボン玉に飽きた場合は、ここで紹介したシャボン玉を使って遊んでみてはいかがでしょうか?

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018