就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと七夕を楽しもう!由来や七夕パーティーメニューまで

子どもと七夕を楽しもう!由来や七夕パーティーメニューまで

七夕というと最初に思い出されるのは、笹に願いごとを書いた短冊をつるしたり、折り紙などで作ったものを飾ったりすることではないでしょうか?次に思いつくのは、織姫と彦星が年に1度だけ出会える日ということではないでしょうか。これ以外にも七夕の由来などが分かると、子どもと一緒に楽しめそうですね。

七夕って何?子どもと一緒に調べてみよう

七夕はなぜ「たなばた」なのか

「たなばた」の諸説二つを紹介します。

1.日本の「棚機津女伝説」。水辺の小屋にこもり、穢れを知らぬ乙女が神聖な布を織り、神に捧げる習慣がありました。この乙女のことを棚機津女(たなばたつめ)と呼びました。棚は神棚、機は機織りのことです。この棚機(たなばた)と中国の七夕(しちせき)の節句が融合し、七夕を「たなばた」と呼ぶようになったという説です。

2.「古事記」と「日本書紀」に神聖な布を織る「天の服織女」「天服機女」(あまのはたおりめ)が出てきます。これらは神聖な布を織る場面こそ合っていますが、読みが違います。これ以外には、日本書紀の「弟織女(おとたなばた)」があり、これらを合わせることで、できたのではないかという説があります。

物語で知る七夕の由来

天帝には、織女(しょくじょ)という働き者の娘がいました。娘は遊びもせず毎日、天の川のほとりで神様の着物を織っていました。天帝は、そんな娘をかわいそうに思い、天の川の向こう岸で牛飼いをしている真面目な青年、牽牛(けんぎゅう)と引き合わせました。

その後、2人は結婚しましたが、毎日遊び暮らすようになりました。織女が布を織らなくなったせいで、神様の着物がなくなります。牽牛が仕事をしないせいで牛が飢え、病気になりました。

怒った天帝は、2人を天の川の両岸に引き離すことにしました。辛くて泣き暮らす2人は、またしても仕事をしなくなりました。それを見た天帝は、毎日真面目に働くなら、1年に一度だけ会うのを許すことにしたのです。

天の川と星を見てみよう

天の川がどこにあるのかをご存知でしょうか?このことは、あまり考えたことがない人も多いかもしれませんね。

「天の川」は、銀河系または、天の川銀河と呼ばれるところにあります。天の川銀河は、地球を含む太陽系が所属している銀河です。それでは、どうしてあのように川のように見えるのでしょうか?

太陽系は、天の川銀河の端の方にあります。一方、私たちが見ている天の川は、天の川銀河の真ん中、星がたくさん集まっているところを見ています。そのため、あのように星が密集して美しく見えるのです。

実は、天の川は夏だけでなく、冬にも存在します。しかし、冬は中心ではなく、端の方を見ることになるため、密集度が薄い天の川になり、夏ほど美しくは見えないのです。

七夕飾りを子どもと一緒に作ろう

七夕飾りにはどんな意味があるの?

七夕の笹につける飾りには、どんな意味があるのでしょうか?いくつかの飾りの意味をご紹介します

まず笹ですが、邪気から守るという意味があります。「ちょうちん」は、心を明るく照らしてくれますように、「星飾り」は、星に願いが届きますように、「輪つなぎ」は、夢がつながりますようにという意味です。

折り紙で作る「網飾り」は、大漁への願い、ネットのような形の「屑籠」は、倹約と整理整頓の心を表します。また、「菱飾り」は、天の川をイメージしています。「折り鶴」は、家族の健康、長寿、家内安全を願います。

また、短冊の色にも意味があります。青か緑・黄・赤・白・黒か紫の5色となっており、これは陰陽五行説に由来しており、本来は願いごとにより色が分かれます。

簡単に作る七夕飾り3選

せっかくなら子どもと一緒に飾りを作りたい、というママのために小さい子でも作れるものをご紹介します。

はさみが使える年齢なら折り紙を2度、半分に折り両側からはさみで交互に切り込みを入れていく「天の川」はいかがでしょうか?あらかじめママが切る部分に線を引いておけば、きっと上手にできますよ。ほかにも3回折るバージョンもあります。

次は、「ちょうちん」です。これも折って切って、筒状にするだけです。ただ、最初に切ってはいけない部分をママが折ったり、指示したりするのをお忘れなく。最後の筒状が難しければ、ママが手伝ってくださいね。

「輪つなぎ」は、はさみが使えない小さい子どもでも、のりで輪っかをつなぐようにペタペタ貼ればできあがりますよ。

短冊に書こう!願いごとの書き方

七夕といえば、短冊への願いごとです。たなばたさまの歌詞に「五色の短冊~」とあるように、5色の短冊がベースです。それでは、それぞれの意味を見てみましょう。

黒・紫は、学業に関すること「字が上手になりますように」などを書きます。赤は、先祖や両親への感謝「パパとママが長生きしますように」などです。黄は、人間関係に関すること「友だちがたくさんできますように」などを書きます。

青・緑は、人間力を高める、成長に関することを書きます。「泣き虫がなおりますように」などです。白は、決まりごとを守る願いごと「寝坊しませんように」などを書いてみましょう。

しかし、子どもは好きな色に書きたがりますから、必ずしも色にとらわれず楽しく書きましょう。

子どもと作る七夕パーティーメニュー

定番のそうめんメニューも可愛くアレンジ

無病息災を願う食べ物、そうめんを可愛くアレンジしてみましょう。

そうめんを天の川に見立てて、その上にうずらたまごで作った「織姫と彦星」を飾ってみると可愛くなって、子どもも大喜びではないでしょうか。顔がうずらたまごで、胴体をウインナーやきゅうりにしても可愛いですね。

ハムや茹でた人参、薄焼きたまごを星の形にくり抜いて飾ると一層、天の川の中にいる織姫と彦星の感じが出ますよ。オクラやミニトマトなどの野菜を使っても色とりどりで綺麗になりますね。

また、ガラスのカップに1人分ずつを盛り付けて並べておいても、子どもには食べやすいでしょう。そうめんの盛り付けは、長く川のようにしたり、小さく丸めていくつか盛り付けたりと色々工夫できますね。

大人も子どもも大好きなちらし寿司

ちらし寿司は、ひな祭りでも定番なので、少しアレンジを変えることで七夕風にできそうですね。

ちらし寿司をババロア型に入れて、お皿の上へひっくり返すと真ん中に穴ができます。そこに錦糸卵を飾って、茹で卵とウインナーで作った織姫と彦星を飾り、周りのお寿司の部分には、にんじん、薄焼き卵、かまぼこ、ハムなどで作った星を飾ります。

ババロア型がなければ、ボールや少し深さのある丸い器でもよいでしょう。そこにちらし寿司を入れてお皿にひっくり返し、錦糸卵や食材で作った星、織姫、彦星を飾っていきます。両方ともまるでケーキのようですね。

カップ寿司にしてもよいですね。ちらし寿司をそのまま詰めてもよいですし、具材を層にして入れても綺麗ではないでしょうか。

キラキラで七夕にぴったりなデザート

星型のフルーツを使ったフルーツポンチです。星形のスイカ、りんご、キウイ、イチゴ、寒天などを入れます。ブドウは皮をむき、缶詰のパイナップル、桃は食べやすい大きさに切りましょう。あとはサイダーを入れます。

次は、カップにヨーグルトを入れて、クラッシュしたゼリー、星型のフルーツや寒天で飾ります。これは、手軽ですし、子どもと一緒にお好みで飾ると楽しいですね。ヨーグルトでなく、杏仁豆腐でもよいかもしれません。

ゼリーや寒天を作るのは大変という場合は、市販のものがあります。ゼリーは色々な種類がありますし、最近では、寒天もサイダー味、コーヒー味、オレンジ味、ぶどう味、ピーチ味とさまざまありますので、お好みで買うとよいかもしれませんね。

まとめ

笹に飾りを作ってつけたり、願いごとを書いた短冊を飾ったりするだけでも子どもは喜びますが、それだけでなく、七夕にちなんだ絵本を読み聞かせたり、星の話を聞かせることで、子どもは色々と空想して心が豊かになるのではないでしょうか。

そして、キラキラしたデザートや織姫と彦星が飾られている食べ物を食べたり、作ったりすることは、クリスマスとはまた違った楽しさを感じさせることができるでしょう。

ひと工夫することで、親子で七夕を楽しんでみてください。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018