就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

添い乳はいつまでやるの?添い乳のやり方と注意点を知ろう!

添い乳はいつまでやるの?添い乳のやり方と注意点を知ろう!

「添い乳(そいちち)」という言葉は、赤ちゃんを授かるまで、あまり聞いたことがなかったと思います。「添い乳」とは、添い寝しながら赤ちゃんにおっぱいを飲ませる方法です。こちらの記事では、添い乳の具体的な方法や、添い乳をやめる方法などを紹介してきます。

添い乳を始める時期や、やり方は?

添い乳は新生児からでも可能

添い乳を始める時期に明確な決まりはありません。適切な方法さえとれば、新生児からでも可能です。特に新生児期は授乳のタイミングが頻回で、ママの負担は大きいですよね。

いくら体重が軽いとはいえ、授乳で長時間赤ちゃんを抱っこしたままの姿勢を保つのは大変です。さらに、授乳で赤ちゃんが寝てくれたのに、布団に置いたとたん起きて泣いてしまうということも多いと思います。その点、添い乳なら赤ちゃんを抱く必要もありませんし、同時に寝かしつけができてしまうので、とても便利な授乳方法といえます。

ただし、新生児の頃はママも赤ちゃんも授乳初心者なので、慣れるまではうまく体勢が整わずに苦戦するかもしれません。やり方をマスターして、授乳をママの休息時間にあててしまいましょう。

赤ちゃんの添い乳のやり方

1.赤ちゃんと向かい合わせで横になります。

2.体の下になっている腕を「ばんざい」するように上にあげます。

3.頭の上にあげた腕を、赤ちゃんに腕枕するか、頭を抱えるようにして肘を曲げます。

4.赤ちゃんの口元に乳頭が来る位置に、赤ちゃんを移動させます。

5.赤ちゃんに乳頭を深く咥えさせ、授乳します。このとき、赤ちゃんの呼吸が苦しくならないように、少し頭を斜め上に傾けるようにするとよいですよ。

6.片方の授乳が終わったら、反対側のおっぱいも同じように飲ませます。

7.ママが赤ちゃんの反対側に移動してもよいですし、赤ちゃんを抱きかかえてママのお腹の上を通過させ、反対側に寝かせてもよいでしょう。

8.もう片方のおっぱいも授乳します。

添い乳でもゲップが必要!

生まれて間もない赤ちゃんは、胃の機能が未発達で、授乳後に吐き戻しをすることが多いですね。そのため授乳後には「ゲップ」をさせるよう、産院でも指導されたと思います。

添い乳の場合も、飲ませ終わった後はゲップをさせる必要があります。横になったまま吐き戻しすると、のどに詰まらせて窒息してしまう恐れがあるので注意したいですね。授乳後、そっと立て抱きにして背中をトントンし、ゲップが出るのを待ちます。

赤ちゃんの頭を少し高くして、ゲップがしやすい姿勢を作るクッションや枕などを利用してもよいかもしれません。添い乳の場合、ゲップが出にくいこともあるので、無理に出す必要はないでしょう。ただし、普段から吐き戻しが多い赤ちゃんは注意が必要です。

添い乳をやめる時期とやめ方、体験談を紹介

添い乳をやめる時期の目安は?

添い乳をやめる時期は、始める時期と同じく決まりはありません。寝かしつけが楽ですし、添い乳で癒されるママも多いと思うので、やめるのはママの気持ち次第、といういところが大きいかもしれませんね。

やめる目安として、「歯が生え始めたら」というのも一つです。添い乳には虫歯のリスクあるといわれているからです。しかし、添い乳したからといって必ずしも虫歯になるわけではないので安心してくださいね。

長い子どもだと2~3歳頃まで添い乳がやめられないというケースもあるようです。添い乳は習慣になりやすく、添い乳でないと眠れない、夜中に何度も飲みたがるなど、子どもが大きくなるにつれ、ママの負担も大きくなります。夜中の授乳が大変だなと感じたら、やめ時かもしれませんね。

そろそろ添い乳をやめたいときの方法は?

添い乳で寝かしつけしている場合「そろそろ添い乳をやめたい」と思っていても、なかなかうまくいかないというママが多いようです。添い乳は子どもにとって、安心感が得られる最高の寝かしつけ方法なのです。それをやめるのは、簡単なことではないでしょう。

添い乳をやめるためには、ママの「覚悟」が必要です。寝るときに添い乳をしないと、「なんでおっぱいくれないの~!」とギャン泣きすることはほぼ避けられないでしょう。

多くの場合、3日ほど頑張れば子どもがあきらめるようです。どんなに泣かれても「絶対にあげない」という強い意志をママが持てるかどうかが、成功のカギになるでしょう。ママと一緒に寝るとどうしてもおっぱいが恋しくなるので、パパに寝かしつけしてもらうのもおすすめです。

先輩ママの体験談で添い乳を卒業しよう!

添い乳のやめ方は人それぞれです。先輩ママの体験談を参考にしてもよいですね。ここでは、子どもが1歳になる頃添い乳をやめた先輩ママの体験を紹介していきます。

【先輩ママAさん】
夜中の授乳で寝不足が続き、体調が悪くなったことがきっかけで添い乳をやめる決心をしました。私の場合、無理に「おっぱいをあげない」という方法ではなく、「おっぱいを欲しがる前に自然に眠くなるように仕向ける」という方法をとりました。

日中たっぷりと遊ばせ、昼寝を調節し、お風呂やご飯の時間も早めに済ませ、寝る前からリラックスしたコミュニケーションをとることで、子どもが自然とウトウトし始めるのを待ちました。息子にはこの方法が合っていたようで、あまり苦労せずスムーズにやめることができました。

添い乳の注意点やデメリットとは?

窒息してしまわないように気をつけよう

添い乳は、ママの負担が軽くなる授乳方法ですが、いくつかの注意点もあります。もっとも気を付けたいのは、赤ちゃんが窒息してしまわないようにすることです。

産後ママは家事育児で常に睡眠不足状態にありますね。添い乳したまま、ママが寝入ってしまうこともよくあると思います。添い乳は常に赤ちゃんと密着した状態にあるので、気を抜くとママの胸が赤ちゃんの顔に覆いかぶさり、窒息させてしまう恐れがあります。

添い乳をする際は、窒息を防ぐために赤ちゃんの位置や角度をタオルやクッションで調節しておくとよいでしょう。また、ママが寝落ちしてしまいそうなときは、上側のおっぱいを飲ませると覆いかぶさってしまう恐れがあるので、常に下側のおっぱいで授乳するとよいですよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版