就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児を助けてくれるファミリーサポート。利用条件や料金などをご紹介

育児を助けてくれるファミリーサポート。利用条件や料金などをご紹介

ママを助けてくれるファミリーサポート。聞いたことはあるけれど、どのようなものなのかわからないという人も多いのではないでしょうか。ここでは利用条件や料金、メリットデメリットなど、詳しくご紹介していきます。どのような制度かがわかると、ママも利用しやすくなりますよ。ぜひ参考にして役立ててみてくださいね。

会員制サービス、ファミリーサポートとは?

ファミリーサポートはこんなサービスです

ファミリーサポートとは育児を手伝ってもらいたい「依頼会員」と、育児を手伝いたい「提供会員」が参加して、地域で子育てを支え合っていくサービスです。ここでは依頼会員はパパママ、提供会員は市町村に住む心身ともに健康で子育てのお手伝いをしてくれる方のことをいいます。

内閣府の「地域子ども子育て支援事業」の一環として、全国の市町村で実施されている制度で、正式には「ファミリーサポートセンター事業」といいます。

多くは各市町村で行われる制度をいいますが、企業やNPO法人で行っているベビーシッターのようなサービスをファミリーサポートと呼ぶことも。

仕事やプライベートが忙しくて、育児に手が回らない!というときに、ママを助けてくれるサポートです。

どんな時に利用できるの?

受けられるサービスは、大きく分けて子どもの送り迎え、預かりの2種類に分けられます。

【送り迎え】
・保育園、幼稚園、小学校、学童保育、習い事への送迎 など

【預かり】
・保育施設の開始前や終了後、小学校の放課後の預かり
・保護者の急用や病気、冠婚葬祭のときの預かり
・保護者の買い物やリフレッシュを目的とした外出の間の預かり
・病児の預かり、早朝や夜間の緊急時の預かり(両方とも一部地域で実施中) など
 
各センターや依頼・提供会員の間で決めた範囲内であれば、預かりをお願いすることはできます。どのように預かりをしてくれるかは提供会員ごとに変わってくるので、事前の顔合わせでしっかり相談しておくことが大切です。

実際に利用している人はどれくらい?

では、実際にどのくらいの人が利用しているのでしょうか?ここでは厚生労働省の調べによる実施状況や会員数をご紹介します。

【実施市町村数】※平成28年度実績
・基本事業 833市区町村 
・病児・緊急対応強化事業 145市区町村

【会員数】※平成28年度末現在、( )は平成27年度末現在のものです。
・依頼会員(援助を受けたい会員) 55万人(52万人)
・提供会員(援助を行いたい会員) 13万人(13万人)
 
現在は仕事をするママも増えているので、ファミリーサポートの利用も多くなってきているようです。「保育園の送迎ができない」「急用ができたけれど、みてくれる人がいない」など、困ったときには心強い味方となってくれそうですね。

利用条件と利用料金を解説します

利用するために必要な条件とは

ファミリーサポートを利用したいときには、必要な条件があるので確認しておきましょう。

【対象年齢】
0歳から小学校6年生までを対象としている市区町村が多数です。ただし、0歳児の場合は「生後〇日以上」など月齢に制限を設けていることがあります。住んでいる地域のセンターに事前に聞いておきましょう。

【育児時間】
利用できる時間も市区町村によって、さまざまです。7~17時、8~21時など、基本的には保育所や小学校の開園・開校時間の前後にも利用できるのが特長です。どうしても時間外に利用したいというときには、センターのスタッフに相談すると調整してくれることもあるようです。また、ほとんどの地域は土日祝日でも利用できます。

【預かり場所】
子どもを預かる場所は、依頼会員または提供会員の自宅、近くの児童館や公園です。基本的には、その日のスケジュールや天候などによって、会員同士で預かり場所を決めます。

各市区町村によって、それぞれ違いがありそうですね。利用する場合には、自分の住んでいる地域のセンターに事前に確認してしておくと安心です。

利用するための料金はどれくらい?

ここでは利用するための料金について、みていきたいと思います。

【市区町村の場合】

1時間700~1,000円ほどです。土日祝日や年末年始は100円増しになることもあります。送迎などでかかる交通費やおやつ、食事代は実費です。兄弟姉妹で2人以上が同時に利用する場合は、2人目以降は1時間の利用料金が半額になることが多いようです。

また、基本的には1時間あたりいくらという時間の換算なので、活動内容が預かりでも送迎でも料金は同じです。料金の支払いはその都度提供会員に渡すのが基本ですが、状況によっては1週間分や1カ月分などをまとめて支払うケースも。

【企業・NPO法人の場合】

企業・NPO法人は、入学金や年会費(それぞれ1家族5,000~20,000円ほど)を払う場合も。団体の規模や地域によっても違います。1時間の料金が800円のところもあれば、3,000円のところもあるようです。

料金は、運営している団体やサービスによっても違います。実費も含め、利用する際にはどのくらいかかるのかを把握しておけるとよいですね。

ファミサポを利用するにはどうしたらいい

利用した時の一連の流れを説明します

ファミリーサポートを利用するときには、次のような流れになります。実際に援助を受けるまでには、いろいろな段階があるので少し時間がかかります。

1.会員登録(後ほど、詳しくご説明します)

2.事前打ち合わせ…センターから紹介された提供会員の方と実際に顔を合わせて、打ち合わせを行います。子どもの普段の様子や注意事項、活動の時間や料金の支払い方法など、サポートを受けるうえで決めておかなくてはいけないことを話し合っておきましょう。

3.援助活動の連絡…前もって送り迎えや預かりをしてほしい日時や内容をセンターに伝えます。そのあと、センターは提供会員に援助依頼の連絡をします。

4.援助活動の実施

5.活動の終了、提供会員の方に料金の支払い

利用するには会員登録が必要です

ファミリーサポートを利用するときには、まず会員登録をしましょう。お住まいの市区町村のファミリーサポートセンターへ連絡をすると、手順を教えてくれます。

下記からお住まいの地域のファミリーサポートセンターの連絡先などが確認できるので、わからないときは調べてみてくださいね。

■一般財団法人女性労働協会 ファミリーサポートセンター
http://www.jaaww.or.jp/research/
登録の際には説明会や個々での詳しい説明を受けたり、入会申込書や会員証などの書類を記入したりします。登録が完了しても、直後にサポートを受けられるわけではないので注意してくださいね。

出向く際には持ち物を確認したり、聞きたいことをメモしたりしておくとよいですよ。

利用時のトラブルについて

提供会員の方は特別資格をもった保育士などではなく、自治体に雇われている人でもありません。協力しようという善意で成り立っている部分が大きいので、援助の質には幅があり、トラブルが起こる可能性も。

厚生労働省の調査(平成18年度~平成22年度の間)では事故が15件報告されています。内容は子どもの転倒や落下などによる骨折、歯を折るなどの症状です。

また、ほかにもトラブルはあります。

・約束の時間を守ってもらえない、約束をドタキャンされる
・子どものけがや病気に対しての適切な対応や連絡をしてもらえない
・預かり中の様子を教えてもらえない など

提供会員にもいろいろな人がいますので、自分が信用できる人にお願いできるとよいと思います。

ファミサポのメリット、デメリットや注意点

利用してみてこんなメリットが!

ここでは、いろいろなメリットをご紹介していきます。

【料金、時間について】
・料金が安い(ベビーシッターより気軽に利用でき、安価な費用で保育してもらえる)
・1時間単位で利用できる

【場所・地域性について】
・比較的自宅から近いところで預かってもらえる
・近隣の提供会員にお願いするので、地域の事情や地理などを説明しなくてもわかっている
・ファミリーサポートを通じて、地域でのつながりが生まれる

【安心・安全面について】
・同じ提供会員に複数回サポートしてもらえることが多く、一度顔なじみになればお互いに安心して利用できる
・登録時に補償保険に加入するので、万が一事故・けがなどのアクシデントがあっても安心

【その他】
・託児所とは違って、基本的に自分の子ども1人だけを預かってみてもらえる
・提供会員に子どもや孫がいる場合は、遊び相手や友達づくりにつながる
・利用料を支払う(報酬が発生する)ため、気兼ねなく利用できる 

いろいろな面で、メリットがみられましたね。特に、料金が安いという点は本当にママにとってはありがたいようです。

気になる注意点とデメリット

ここでは、デメリットと注意点をご紹介します。

【デメリット】
・子どもを預けたいと思っても、すぐに預けられない(登録・研修・顔合わせなどに時間がかかる)
・突発的な利用ができない
・サービスをうけたいときに、提供会員とスケジュールが合わないときもある
・提供会員によって、保育・子育ての質に差がある
・提供会員はあくまでボランティアなので、すべての要求にこたえてもらえない

【注意点】
1.相性が合わない場合もあるので、事前に提供会員と依頼会員(子どもも一緒に)が会うことをおすすめします。あとで子どもに印象などを聞いてみるとよいですよ。
2.事前に提供会員宅を拝見しておきましょう。預け先は提供会員の家になることが多いので、家の構造の確認や、提供会員宅と自宅の道順・距離もチェックしておくと安心です。
3.子どもが病気やけがをしたときの対応や、連絡方法を相談しておきましょう。

デメリットや注意点を理解しておくことは大切です。提供会員の方との相性もあるので、合わないと感じたら、センターに相談してみるとよいと思います。

どんな状況でも子どもを受け入れてくれる

病中、病後の子どもの預かり

病児保育は、限られた地域でしか行っていません。利用の際にはお住まいの地域で行っているか、確認しておきましょう。

病中、病後の子どもを預かってもらう場合は、まず依頼会員は事前にかかりつけ医での受診を済ませます。次にセンターに子どもの保育を依頼、センターから提供会員に連絡がいきます。当日は子どもの情報を提供会員に伝え、援助活動がスタートします。

病名ははっきりさせておきましょう。インフルエンザの場合は預けることはできません。ただの風邪で医師から許可があれば、預けることは可能で、投薬もお願いできます。(その場合医師の処方のお薬のみで、市販の薬は与えることはできません)

病気のときには特に、連絡がすぐに取れるようにしておきましょう。

障害のある子どもの預かり

障害のある子どもがいる家庭の援助を受け入れているファミリーサポートセンターの割合は約82%です。多くのセンターが受け入れてくれていることが分かりますね。

自閉症、アスペルガー症候群、知的発達症(知的発達障害)、注意欠陥・多動症、ダウン症候群などさまざまな障害がある子どもの受け入れを行っています。サービス内容としては保育施設や社会福祉施設、学校などへの送迎がもっとも多いようです。

提供会員は障害に関しての専門家ではないので、わからないこともあります。送迎や預かりを依頼する場合は、会員同士で綿密な事前打ち合わせをしっかりと行いましょう。コミュニケーションをとり、お互いをよく知っておくことも大切です。

緊急時や宿泊預かりもできる?

緊急時の預かりや宿泊預かりをしている地域もあります。こちらは「緊急サポートセンター」と呼ばれることが多いようです。すべての地域で行っているわけではないので、利用の際には確認が必要です。

「緊急サポートセンター」とはファミリーサポートセンターと同じ会員組織ですが、ファミリーサポートセンターで対応できない緊急時の預かりや、先に述べた病児・病後児の預かりにも対応しています。

例えば「出張が入ってしまった」「体調が悪くて子どもをみることができない」などの理由で、急に育児ができなくなったときに利用できます。夜間や早朝ということで、料金は通常より少し高めに。泊まりになると、1泊10,000円というところが多いようです。

まとめ

ファミリーサポートについて、いろいろとご紹介してきました。名前は知っていても、どういう制度かわからないと利用しよう!とは思わないかもしれません。しかし、内容を知ることでママも利用しやすくなりますよね。

メリットもたくさんありますが、デメリットやトラブルもあるので、いざ預けよう!と思ったときにはそのあたりも頭のなかに入れて利用できるとよいと思います。

ファミリーサポートは育児を助けてくれる制度です。困ったときにはうまく利用して、ママの負担を減らしていきましょう!

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 【名古屋】月あかりの映画祭2018
  • 【宮城】月あかりの映画祭2018