就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと一緒にパン作り!最低限準備しておきたい道具と材料

子どもと一緒にパン作り!最低限準備しておきたい道具と材料

パン作りというとなんだか難しそうなイメージがありますが、コツさえつかめば意外と簡単です。粘土遊びのような感覚で生地をこねたり形を作ったり、子どもの食育にも最適ですよ。今回はパン作りにチャレンジするために最低限準備しておきたい道具と材料を紹介します。

パン作りの工程で必要なものリスト

パン作りの生地を作る際に使う道具

パン作りで重要なのは「分量をきちんと量ること」です。分量を間違うと焼き上がりが硬くなる、膨らまないなど、失敗の原因になってしまいますよ。

【生地作りに必要な道具】
・スケール(電子はかり)
・計量スプーン
・計量カップ
・ボウル
・ゴムベラ

普段の料理でも使う道具がほとんどなので、新たに買い足さなくてはならない道具はスケールくらいではないでしょうか。お菓子作りをしているママなら、全部持っている道具かも知れませんね。

スケールには最少計測単位が1gのものもありますが、パン作りの場合0.1g単位で測れるスケールが適しています。必要な最大測定量はパンを作る量によって違いますが、3kg程度あれば問題ありません。

パン作りの成形時に使う道具

生地の材料をすべて混ぜ合わせたあとは、生地をこねる作業と発酵を行ったあと、成形して2回目の発酵、そして焼成することになります。

【生地をこねる道具】
・ペストリーボード(生地こね台)
・スケッパーカード
・めん棒

【発酵につかう道具】
・温度計

【成形に使う道具】
・作りたいパンに応じた焼き型

ペストリーボードはまな板でも代用できますが、肉や魚を切ったまな板でパンをこねるのは抵抗がありますよね。重みがあって安定感があり、水洗いができるペストリーボードは衛生的でパンをこねるのに最適です。

温度計は発酵の方法によっては必要ありません。また、食パンなどは焼き型を使用しますが、シンプルな丸パンなどはめん棒やスケッパーカードで成形できます。

パン作りの焼成のときに使う道具

パンを焼くには一般的にオーブンを使用しますが、フライパンで焼くこともできます。

【パンの焼成に必要な道具】
・天板
・オーブンシート
・ケーキクーラー

オーブンは温度が素早く上がるハイパワーオーブンがおすすめです。また、1回でたくさんのパンを焼きたいなら2段タイプ、ムラなく均等に焼きたいなら熱風タイプ、フランスパンなどハード系のパンを焼きたいならスチームオーブンが適していますよ。

また、市販されているオーブンシートは使い捨てタイプが主流ですが、繰り返し使えるタイプも販売されています。好みに合わせて選んでくださいね。

ケーキクーラーは焼いたパンを冷ますときに使用します。パンに水滴がついたり、焼き縮んだりすることを防ぎます。

パンを作る際に必要となる材料は?

パンを作るための主材料

パンを作るための主材料はシンプルです。

【パンの主材料】
・小麦粉
・イースト(パン酵母)
・塩
・水

小麦粉には薄力粉、中力粉、強力粉、超強力粉の種類がありますが、パン作りに使用するのは強力粉や超強力粉です。薄力粉や中力粉でもパンを作ることはできますが、グルテンの元となるタンパク質が少ないため硬い食感のパンになります。

ただし、フランスパンなどのハード系のパンを作るときは薄力粉と強力粉を混ぜたり、中力粉を使用したりします。グルテンが多いほど柔らかくてもっちりした食感になると覚えておくとよいでしょう。

パン作りに慣れたら小麦粉の配合を変えて、いろいろな食感のパン作りにチャレンジしてもよいですね。

パンを作るための副材料

主材料だけでもパンを作ることはできますが、副材料を加えることでより豊かな味わいや、ふっくらした食感を引き出すことができます。

【パンの副材料】
・油脂
・卵
・牛乳
・砂糖

油脂を使うと生地にボリュームが出てしっとりと仕上がります。バターを使用すると風味や香りがよくなりますが、オリーブオイルでヘルシーに仕上げるママもいますよ。

牛乳は風味や香りを加えるほか、焼き色をよくする効果があります。牛乳ではなく生クリームや余った粉ミルクを使ってもよいですね。

砂糖は生地に甘みを加えるだけでなく、イーストの働きを活性化させる効果があります。砂糖を加えるときはイーストの隣に置いてから混ぜるとうまく発酵させることができます。

リーン系とリッチ系の違いについて

パンには大きく分けて「リーン系」と「リッチ系」の二つのタイプがあります。

リーン系のパンは少量の油脂や砂糖を含むこともありますが、基本的に「小麦粉」「イースト」「塩」「水」のみで作られています。牛乳や卵にアレルギーを持っている子どもも、リーン系のパンなら安心して食べることができますね。

リッチ系のパンは副材料の「油脂」「卵」「牛乳」「砂糖」を含んだパンです。ふっくらと柔らかく甘みがあり、総菜パンや菓子パン、テーブルロールなどの食事パンはリッチ系で作られています。

小麦の風味をしっかり味わいたいときはリーン系のパンがおすすめですが、子どもは柔らかい食感や香ばしさを楽しめるリッチ系の方を好むことが多いようです。

子どもと楽しく簡単にパンを作れる道具

「こねパン」で気軽にパン作りを楽しもう

最近人気が高まっているクッキングトイでは、親子でパン作りを楽しむことができる商品も発売されています。

メガハウス「かんたん楽しいパン作り こねパン」は、必要な材料を入れてハンドルを回すだけでパン生地がこねられる「こねパンポッド」と、メロンパン、コロネの型、スケッパーなどがセットになったクッキングトイです。

材料とオーブン以外に必要な道具がそろっているほか、レシピもついているのですぐにパン作りを楽しむことができます。パンのデコレーションに使えるテンプレートもついているので、色々なアレンジが楽しめそうですね。

ハンドルを回すのに力が必要なため対象年齢は8歳となっていますが、ママと一緒なら対象年齢未満でも大丈夫ですよ。

本格的にパン作りができる「クックパン」

「こねパン」よりも本格的なパン作りにチャレンジしたいときは、メガハウスのキッチンマルシェシリーズ「ふわもちクックパン」でパン作りを楽しんではどうでしょうか。

手を汚さず簡単に生地をこねられる「こねパンポット」に、パンの成形に便利なガイド付きの成形マット、めん棒やスケッパーカードが付属しています。ドーナツ型がついているのでスイーツ作りにも使えますね。

また、20種のパンが作れるレシピブックがついていますので、サクサクのクロワッサンやメロンパン、ご飯を使った「ふわもちパン」を作ることができますよ。

「おもちゃで作ったとは思えない仕上がり」になると評判なので、子どもと一緒にチャレンジしてはいかがでしょうか。

親子で夢中で簡単に作れる「ポリパン」

本格的なパン作りは面倒、パン作りにチャレンジしたいけれどオーブンを持っていないというママは、ポリ袋とフライパンで作る「ポリパン」を試してみませんか。

【ポリパンの作り方】
(材料)
強力粉300g、水160ml、ドライイースト3g、砂糖大さじ2、塩一つまみ、バター20g

1.材料をすべて厚手のポリ袋に入れたあと、全体がまとまるまで振る。
2.袋に入れたまま一次発酵させる。
3.発酵が終わったら袋から生地を取り出して軽くこね、ガスを抜く
4.適当な大きさに丸めてオーブンシートを敷いたフライパンに並べ、ふたをして二次発酵させる。
5.ふたをしたまま強火で1分、弱火で10分焼き、さらにひっくり返して弱火で10分焼けば完成。

まとめ

慣れないうちはパンを発酵させすぎたり内側が生焼けになったりするかもしれませんが、コツをつかむとイメージどおりの食感や味わいのパンを作れるようになります。

発酵や成形、焼成に時間がかかるため平日に作るのは難しいかもしれませんが、時間に余裕がある週末や祝日など、子どもと一緒に遊び感覚で取り組んでみてはいかがでしょうか。

チョコチップやレーズンを混ぜたり、チョコペンで顔を描いたり、いろいろなアレンジで好みのパンを作ってくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018