就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

食費を節約したいならまとめ買い派で決まり!やり方やコツとは

食費を節約したいならまとめ買い派で決まり!やり方やコツとは

買い物の予算やルールを決めているママは、貯蓄もしやすくやりくり上手。無計画に買い物をしていると、ついつい買いすぎたり、無駄なものを買ってしまったりと浪費してしまいがちです。食費を節約するなら計画的なまとめ買いが賢い方法です。さっそくその方法やコツをチェックしてみましょう。

こんなにある!食材まとめ買い派のメリット

まとめ買いすることで食費の節約になる

食材を1週間分まとめ買いするとしたら、その期間の献立をあらかじめ決めてから購入するものを考えるのではないでしょうか。食費がかさんでしまう原因は、なんとなくスーパーに行きなんとなく買ってしまうことが積み重なることです。

決まった食材を決まった分だけ買うことで、余計なものは買わない習慣を身につけることができます。慣れてくれば、スーパーのチラシを見ながら、お得な商品で数日分の献立を組み立てることもできるようになってきます。

1回の買い物の予算を決めておけば、食費の計算もしやすく計画的に節約することも可能です。あまり厳しいルールにする必要はないので、楽しみながら食材まとめ買いで節約をしてみましょう。

買い物に行く回数が減って時間の節約になる

毎日の買い物で、献立を考えながら店内をぐるぐる回る時間はどれくらいになるでしょうか。それが楽しみというママもいるかもしれませんが、毎日のこととなると多くの時間を割くことになっているかもしれないですね。

「時は金なり」といわれるように、時間の節約はお金と同じくらい価値あることです。買い物の回数が減れば、その分子どもと遊ぶ時間や趣味の時間に当てることができます。

毎日の買い物に30分かかっていたママが週に1回のまとめ買いに変えたとすると、週に6日間30分のフリータイムができることになります。

まとめ買いは量も多くなりますので、パパの協力も必要です。週末はまとめ買いの日にするなど、家族みんなで節約生活を楽しめるとよいですね。

買い忘れや2重買いを防ぐことができる

まとめ買いをするときは、買い物リストを作ってからお店に行くようにすると、買い忘れや2重買いを防ぐことができます。冷蔵庫の中身や調味料のストックを見ながら献立を考えていくくせもつくので、「あれあったかな?」という迷いがなくなり、ママも食材の管理がしやすくなります。

スーパーの中で献立を考えると、どうしても家にあるものとそうでないものの判断があいまいになってきます。「なかったら困るから買っていこう」ということが増えると、無駄なものが増え不経済です。

調味料など買って帰ったのに、家に真新しいものをみつけてショックを受けることもありますよね。逆にあると思って帰ったら見当たらず、再びスーパーに行くことになれば二度手間です。

ポイントは三つ!まとめ買いのやり方

1週間ごとでの予算を決める

家計の消費支出の中で食費が占める割合をエンゲル係数といいます。一般的な家庭では、25.5%が平均的だそうです。

これを参考に、まずは1カ月の食費の予算を決めましょう。もちろん、目標がある場合はその金額に設定してもよいですね。

まとめ買いをするときは、毎月の食費から1回の買い物で使える予算を導き出すようにします。単純に週数で割ってしまうと予算不足になり必要なものが買えなくなってしまうので、毎月決まって買うものがある場合はその分を差し引いておくことを忘れずに。

たとえばお米などはまとめて買う方がお得なので、最初に差し引いておきます。1週間分を買い置きできないパンや牛乳などは、専用の予算を作るなど工夫しましょう。

優先順位を決めて買う

買い物をしたときに、それほど必要でもないものを買ってしまったことはないでしょうか。気が付いたら、買う予定のなかったもので買い物かごがいっぱいなんてこともあったかもしれません。

ですが、優先順位を決めて買うことを徹底すれば、無駄な買い物を後悔する日々から脱出できます。買い物に行く前にしっかり買い物リストを作っておき、順番どおりにかごに入れていくだけで無駄買いをストップできます。

スーパーは購買意欲を高めるための導線が考えられているため、入口からレジに到達するまでについつい新商品やおすすめ商品に手が伸びてしまうのです。迷いながら店内をさまようことがなくなれば、スピーディーでスマートな買い物ができますね。

定番の食材と特売品を組み合わせる

価格が安定していていろいろな料理に使いやすい食品は、献立を作るときの定番として役立ちます。豚小間切れや鶏肉、卵、豆腐などは安くて栄養価も高いので毎日使っても食費を抑えることができます。

同じ食材であっても、和、洋、中とバリエーションがつけやすい食材を選べば家族を飽きさせませんね。そこに特売品を組み合わせることで、さらに経済的でバラエティに富んだ食卓になります。

「買う物を決めているから」と特売品をスルーするのは、節約主婦として後ろ髪をひかれる思いではないでしょうか。特売品を購入してもアレンジ可能か、代替え食品として使用可能かなどを見極めることができ、活用できれば食費節約のエキスパートといえるでしょう。

まとめ買いでも食材を余らせないポイント

冷蔵庫の在庫はしっかり把握

まとめ買いをするとどうしても食材が余ってしまったり、腐らせてしまったりということが起きやすくなります。最初にきちんと在庫確認をすることで、無駄を減らして計画的な買い物ができます。

冷蔵庫の中になにが入っているのか、買い物リストを作る前に必ず把握するようにしましょう。今入っているものを最初に使い切るよう献立を組み立てるのがポイントです。

とくに見落としがちなのが開封した調味料や薬味など。賞味期限が近いものがあれば、早めに使い切るようにしましょう。

まとめ買いの極意として、買い物に行く前日には冷蔵庫の中身がほぼ空になるように使い切ることが大事です。冷蔵庫の中がすっきりすれば、賞味期限切れや腐らせるなどの見落としもなくなりますよ。

1週間の献立を決める

安いから、定番だからとやみくもに1週間分をまとめ買いすれば、食材が余ってしまったり、足りないものが出てきてしまったりするのは目に見えています。1週間分の献立をあらかじめ決めてから、買う物を書き出すのが正しい「まとめ買い」の方法です。

時間のあるときに翌週の献立を少しずつ考えていけば、買い物前日に慌てることもありません。食材の組み合わせや季節の食材を使った献立などを考えるのは、慣れてくれば楽しみにもなります。

ただ、1週間毎日予定通りに食材が使いきれるとは限りませんので、計画した献立にこだわらずアレンジする柔軟な対応も必要です。たまには外食したり、手抜きしたりする日があっても大丈夫なように、食材や献立の調整日を設けてもよいですね。

それでも余った食材は材料名でレシピ検索してみよう

急な予定変更で使いきれなかった食材や、少しだけ余ってしまった食材があるときには、便利なレシピサイトを使って使い道を探してみましょう。材料名でレシピを検索できる機能を使えば、さまざまなアイデアが提案されます。

ほかに必要な材料と照らし合わせて、好きなものを作ってみましょう。新しい味や調理方法を学ぶことで、これからの献立作りにも役立ちますね。

まとめ買いで定番食材を買っていると、どうしても献立がマンネリ化してきます。家族に「また?」といわれないためにも、日々新しい料理を作るための情報収集は大事です。

安くて無駄がないことも必要ですが、旬の食材や行事食など、季節を感じる食卓を作ることも忘れたくないですね。

まとめ

食費節約は、頑張れば大きな成果を出せる夢のあるチャレンジです。マイホームや、海外旅行など目標に向かって節約すればモチベーションもアップしますね。

ただ、食事は家族団らんの場でもあり、楽しく過ごしたい時間でもあります。節約に一生懸命になるあまり、食事がつまらないものにならないように気を付けたいですね。

まとめ買いは無駄なく美味しく、栄養バランスを考えて!難しいようですが、勉強をするつもりで工夫しながら自分なりの節約をしていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018