就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

2人目の産休中は上の子の保育園はどうなる?働くママの事情と退園問題

2人目の産休中は上の子の保育園はどうなる?働くママの事情と退園問題

仕事と育児の両立にも慣れ、今度は2人目を妊娠。喜ばしいことですが、2人目の産休中は上の子はどうしたらいいの?話題になった「育休退園」って?と不安に思う人もいるかしれません。そこで、2人目の産休中の上の子の保育園の対応についてまとめました。自治体によって違いはありますが、参考にしてみてください。

2人目の産休中に起こる保育園問題

産休中は上の子の保育園はどうする?

仕事をするママにとって、毎日とってもお世話になっている保育園。そもそも、保育園は就業などを理由に「保育に欠ける」子どもを預かってくれる施設です。

そのため、産休に入り仕事を休むことになった場合、今までのように上の子を預けてもよいのかどうか迷ってしまう方もいるのではないでしょうか。

1人目のときは、産休期間は身体を第一に、無理せずにゆっくり過ごすことができましたよね。

しかし、2人目ともなると、毎日お家でのんびり過ごすという訳にもいかず、いざ産気づいたときも、頼れる身内がいない場合は上の子をどうするかを考えなくてはなりません。

そのため、産休中も引き続き上の子を保育園に通わせるママは多いようです。

「育休退園」について知っておこう

2人目の保育園を考えるとき、「育休退園」について知っておく必要があります。

これは、下の子の育休期間中は一度上の子も保育園を退園させるルールのことです。

待機児童の多さが問題となる中で、他の待機児童を入園させ公平性を図るために導入している自治体があります。

しかし、一度退園してしまうと、いざ下の子の育休が終わり復職する際、2人そろって保育園に入れる保証はありません。

特に、上の子の年齢を考えると、保育園入園は狭き門ともいえます。そのため、育休退園のルールがある自治体に住むママの場合は、たとえ年度途中であっても、産休の終了と同時に下の子の保育園を確保して復職しないと、上の子は今の保育園を退園しなくてはならなくなります。

自治体や子どもの通う保育園に問い合わせを

下の子の育休中、上の子を引き続き保育園に通わせる場合でも、一度退園させる場合でも、それぞれにメリット・デメリットはあります。

しかし、そもそも自治体によっては上記のように「育休退園」のルールがあり、上の子を預けたくても預けられないケースもあります。

また、「育休退園」のルールはなくとも、保育時間を「標準時間(1日11時間以内)」から「短時間(1日8時間まで)」に変更しなくてはいけない場合もあります。保育園によっても、「上の子の育休中は16時にはお迎えに来てほしい」「お盆休みや年末年始は預かれない」などのルールが決まっている場合もあります。

まずは、自治体や保育園のルールを確認し、どのような選択肢があるのかを把握しましょう。

フリーランスには育児休暇はない?

産後8週間を過ぎると「休業」扱いに

下の子の産・育休中に、上の子の保育園をどうするかについて考えるとき、フリーランスで働いているママは特に注意が必要です。

なぜなら、フリーランスで働くママにはそもそも「産休」「育休」という制度がないからです。これらの制度は、あくまでも会社に雇われている人が対象となります。

さらに、出産育児一時金については国民健康保険から支払われるため、会社員と同様に受け取ることができますが、その後の出産手当金や育児休業給付金については、それぞれ健康保険・雇用保険から支払われるため、フリーランスの場合はこれらの経済的な保障もありませんので注意しましょう。

フリーランスのママも、産後、育児に専念するために仕事を休むことはできますが、それはあくまでも自己都合での「休業」でしかありません。

そのため、自治体によって期間や取扱には違いはあるものの、フリーランスのママが産後一定期間を過ぎると、そもそも「育休退園」のルールの有無に関わらず、仕事に復帰しないと上の子を退園させなくてはいけなくなる可能性があります。

保育園継続希望なら2人目の預け先を探そう

上記を踏まえ、フリーランスのママが上の子の保育園を退園させずに保育の継続を希望する場合、産後早い段階で下の子の預け先を確保し、仕事に復帰する必要があります。

とはいえ、保育園に入園できるのは産後8週以降であることが多く、そのタイミングでいざ認可保育園に入れようと思っても、年度途中の入園となるため、かなりの狭き門といえます。

そのため、認可保育園以外にも認可外保育園や認証保育園・ベビーシッターなど選択肢を広く持ち、下の子を預けられる場所を探さなくてはなりません。

下の子の預け先を確保し、早めに仕事復帰をしてフリーランスとしての仕事を再び軌道に乗せることで、翌年度の認可保育園の入園審査の際の加点要件となることもあります。

また、上記のとおりフリーランスのママの場合、育児休業給付金のような経済的な保障もないため、ベビーシッターなどを日常的に頼むとなると経済的な負担も大きくなります。

そのため、妊娠期間中から2人目の預け先について検討し、計画的に貯金や資金の確保をしておくとよいかもしれません。

育休中も預けられるけど退園させたい?

育休中の収入と保育料を比べる

下の子の育休中、上の子に保育園を退園させる、という選択も可能です。

育休中の収入と保育料を比較した結果、一度退園させることを選ぶママもいます。収入に関して、2人目育休の場合、育児休業給付金の支給対象か確認をしておきましょう。

2人目の場合、育休開始の前日から前2年間の間に11日以上貸金が発生する日がある月が12カ月以上あれば問題なく給付金が支給されます。

そのため、1人目の育休を2年以上取得している場合は、育休中の収入が0となり、上の支給対象外となり保育料が負担となる可能性があります。

支給されるとしても、1人目出産後は時短勤務で働いている場合は支給される給付金の額も1人目のときより少なくなりますので、注意しましょう。

上の子を退園させるメリットとデメリット


自治体や保育園のルール上問題がないとはいえ、仕事を休んでいる期間は保育園には預けずに育児に専念したいと思うママもいると思います。

上の子を退園させる最大のメリットは何よりも家庭で過ごす時間を多く持てることです。

子育てに手がかかるのも、長い目で見ればわずかな期間です。上の子との時間も多く持て、一緒に下の子の成長を見守ることができるのは魅力です。

反対に、デメリットとしては子どもが今までの保育園生活で身につけた生活リズムが乱れたり、お友達と離れてしまったりすることです。

ママにとっても、2人を育てるというのは大変なもの。月齢の小さい下の子のお世話に手が離せずにいると、上の子にとっても赤ちゃん返りにつながり、今までのようにお外遊びができずにストレスが溜まってしまう可能性もあります。

上の子を通園させるメリットとデメリット

まだまだ目が離せない下の子と、遊び盛りの子どもや赤ちゃん返りをしている子どもを2人同時にお世話することは大変なことです。

2人同時にお昼寝をしてくれるとも限らないため、ママは休む暇もありません。上の子が保育園に行って思いっきり遊んでいる間に下の子のお世話に専念でき、ママが一息つく時間を確保できることが最大のメリットといえます。

反対に、デメリットとしては上記で述べたように保育料負担が続くことがあります。

また、上の子もママが仕事でないことは理解しているので、家にいるのにどうして保育園に行かなくてはいけないの?と寂しさを感じてしまう子どももいるかもしれませんので、フォローをする必要があります。

まとめ

下の子の産休・育休中に上の子の保育園に通い続けるかどうかは、ママの考え方次第であり、どちらが正解ということはありません。

しかし、そもそも継続して通うことが自治体・保育園のルール上可能なのかどうかは事前にしっかりと調べておきましょう。

育児休業中の収入と保育料のバランスや通園させること・退園さえることのメリットとデメリットをしっかりと把握したうえで家族と話し合うことが大切です。

そして、子どもとしっかりと向き合える貴重な産休・育休期間が充実したものになるといいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018