就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬休みは幼児と旅行に行こう!必要なものや旅行に行くときの注意点

冬休みは幼児と旅行に行こう!必要なものや旅行に行くときの注意点

冬休みは子どもとの旅行を楽しもうというパパやママも多いのではないでしょうか。幼児期は、子どもがパパやママの思うように行動してくれないので、事前にいろいろなことを想定しながら行動することが必要です。ここでは、冬休みの旅行を楽しめるように、必要な持ち物やパパやママが注意することなどをまとめました。

冬休みに幼児との旅行に必要なものとは?

幼児との旅行に必要な持ち物リスト

子どもを連れて旅行する場合、大人と違い荷物が多くなるので忘れ物がないように注意が必要です。幼児期の子どもと旅行に行くときの、持ち物リストをご紹介します。

持ち物リスト
・保険証、母子手帳(旅行中に急に体調が悪くなることもあるので必ず持ち歩きましょう)
・救急セット(消毒液、絆創膏、解熱剤などの薬)
・大きめのバスタオルかひざ掛け(子どものお昼寝やおむつ交換のときにも活用できる)
・着替え(下着や靴下などもいつもより多めに持って行く)
・おむつ、おしり拭き
・洗面用具
・ウェットティッシュ
・ビニール袋(ジッパー付き保存袋も使いやすくて便利)
・おやつ
・水筒
・防寒グッズ(帽子、手袋、マフラーなど)

荷物をまとめるときのコツ

旅行に行くと帰りにお土産を買って帰る方も多いので、行きよりも帰りのほうが荷物が多くなることがありますよね。しかし、幼児期の子どもを連れての旅行はただでさえ荷物が多く行動するのが大変なので、なるべくコンパクトに荷物をまとめたいでしょう。

着替えやタオルなどは、圧縮袋に入れるとコンパクトになり荷物がたくさん入りますよ。ほかにも、着古した下着や服などを旅行に持って行き、旅先で着たあとに捨てて帰る方法も!何着か旅先で捨てて帰れると、帰りにかなり荷物が減って軽くなりそうですね。

また、おむつやおしり拭きなどは最低限だけ持って行き、現地で購入するのもよいでしょう。おもちゃも持って行きすぎには注意ですよ。

旅行の荷物を送る方法と注意点

子どもと旅行に行くときは荷物が多くなるので、「旅行先に荷物を送りたい」と考えているパパやママもいるでしょう。旅行先に荷物を送る前に、注意することがいくつかあるのでご紹介します。

・荷物の送りすぎに注意
荷物が送れるからと、たくさんの荷物を送る方もいるかもしれませんね。しかし、荷物を送るのにはお金がかかり、量が多いほど料金は高くなってしまいます。送りすぎると帰りの荷造りにも時間がかかり大変なので、最小限の荷物に抑えるようにしましょう。

・荷物が予定日に届かないことや、紛失するリスクもある
荷物の到着を旅行の日に設定していても、道路の状況や天候などによって荷物が届かなかったり、まれに荷物が紛失したりする可能性もあります。

冬休みの幼児との旅行で心得ておきたいこと

ぐずりとトイレ対策はしておこう

旅行に行くときは移動時間が長いことも多いので、幼児期の小さい子どもにとっては負担も大きいです。車や新幹線、飛行機など、行く場所によって移動手段は違いますが子どもがぐずったときはどのように対応するのかや、トイレの対策などは事前に決めておきましょう。

長時間の乗り物移動は子どもが飽きてしまいますよね。車の場合は、パーキングエリアに1時間おきに立ち寄って、気分転換したり、トイレに行ったりできるようにするとよいでしょう。新幹線や飛行機は一度乗ると途中で降りられないので、座席で楽しめるおもちゃを用意したり、トイレに行く時間を決めて子どもを連れて行ったりしましょう。

ぐずったときのために、お菓子やジュースを用意しておくのもよいかもしれませんね。

インフルエンザや感染症が流行する時期

冬場は寒い上に空気が乾燥するため、インフルエンザや胃腸炎などの感染症などが流行する時期でもあります。旅行前日までは元気だったのに、移動中や旅先で体調を崩す子どももいるので注意が必要でしょう。

冬休みの旅行は、出発する1週間前くらいから子どもの様子をしっかり見ておきましょう。インフルエンザの場合は潜伏期間があるので発症しないと見つけにくいですが、子どもが体調を崩していないかチェックすることが大切です。

また、旅行先で体調不良になったときに焦らずに済むよう、ホテルや旅館の近くに病院があるかも調べておくとよいですね。子どもが体調を崩したときは、無理をさせずになるべく早く病院に連れて行ったほうが安心です。

子どもに合わせて臨機応変に対応しよう

子どもとの旅行は、パパやママの思いどおりにはいかないものです。「〇〇に行く計画を立てていたのに、子どもが移動中にぐずって行く時間がなくなった」「旅行先で行きたいところを決めていたのに、子どもが嫌がってほとんど行けなかった」ということもよくあります。

「せっかくここまできたのに」と、スムーズに行動できないことにイライラする方もいるかもしれませんが、子どもとの旅行は子どものペースにあわせてあげることが大切です。計画どおりにいかなくても、子どもが楽しんでくれればパパやママも楽しい気持ちになりますよね。

子どもにあわせてパパやママは臨機応変に対応しながら、子どもにとって思い出に残る旅行にしてあげましょう。

冬休みに幼児と行きたい旅行先と注意点

冬に幼児と楽しめる国内旅行

冬休みの旅行先に悩んでいるパパやママもたくさんいますよね。子どもとの旅行先は、子どもと一緒に思いっきり楽しめるような場所を選びましょう。

冬休みの旅行先は、雪遊びができるスキー場などがおすすめです。都会にいる方は雪にふれる機会がほとんどないので、冬にしかできない雪遊びをさせてあげると子どもは大喜びすること間違いなしですよ。雪だるまを作りやソリ遊びなど、1日中楽しめるのではないでしょうか。

「どうしても寒いのが苦手」というパパやママには、室内のレジャー施設もよいでしょう。水族館や屋内遊園地、博物館など、室内でも楽しめるスポットは全国にたくさんあるので、旅行先を決めるときに一緒に探してみてくださいね。

幼児と温泉に行くときの注意点

「冬はやっぱり温泉!」と、子どもとの旅行先に温泉を選ぶ方も多いですよね。体が冷える冬に温泉に浸かるととっても気持ちがよいですが、子どもと温泉に入るときにはいくつか注意することがありますよ。

・温泉でさわがない!
お家のお風呂と違って温泉は広いので、大きな温泉に子どもはテンションが上がってはしゃいだり、さわいだりすることもあります。脱衣所で走り回る、大きな声ではしゃぐなどは周りの方の迷惑になるので気をつけましょう。

・温泉の温度に注意!
温泉の種類によっては温度が高めのところもあります。子どものお肌はデリケートなので、温度が高すぎるとやけどすることも!入る前に温度を確認してから入らせるようにしましょう。

海外旅行は飛行時間と時差に気をつけよう

せっかくの冬休みなので、家族で海外旅行を計画している方もいるでしょう。しかし、海外旅行は遠い場所だと飛行時間がかなりかかるので、子どもが飛行機に飽きてぐずってしまうことも…。海外旅行を決める前に、飛行時間や時差なども確認しておきましょう。

飛行機は座っている時間が多く、子どもの行動が長時間制限される乗り物です。車のようにパーキングエリアなどで息抜きすることもできないので、パパやママも周りに気を遣うかもしれませんね。

なるべく飛行機でも楽しくすごせるように、塗り絵や絵本など、機内で静かに遊べるおもちゃを持って行きましょう。また、時差ボケにならないように、海外の時間にあわせて子どもの寝かしつけなどをするように心がけることが大切ですよ。

まとめ

冬休みの旅行を子どもと楽しむために、荷造りをスムーズにこなしてパパやママのストレスをなくしたいですよね。子どもと旅行すると荷物が増えるのは仕方がないかもしれません。なるべく必要なものだけを持って行くように厳選することが大切ですよ。

周りに迷惑をかけないように移動中や旅行先ではマナーをしっかり守りましょう。また、冬休みにしかできない遊びなども取り入れて、パパやママも子どもと一緒に楽しい冬休みを満喫できるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018