就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

幼児期の早期教育が与える影響。論文でみる良い点悪い点と教育方法

幼児期の早期教育が与える影響。論文でみる良い点悪い点と教育方法

幼児期の早期教育については良い点、悪い点の両方が語られています。一体どのような教育が子どもにとって最適なのでしょうか。論文の研究結果から早期教育の良い点、悪い点の両方をご紹介します。それを踏まえたうえでの最適な早期教育法についてもご紹介しますので参考にしてみてくださいね。

論文でみる幼児期の早期教育が与える良い点

幼児期の早期読み聞かせは国語力が高くなる

論文で発表されている幼児期の早期教育が与える良い点についてご紹介します。良い点として、幼児期の早期読み聞かせは国語力が高くなるといわれています。

この調査は計画的な早期教育をうけた0歳から2歳11カ月までの子どもに対して行われました。
幼児期の早いうちから母親が読み聞かせをしてあげることで、良好な母子関係が築くことができるとともに子どもが本を好きになる傾向があります。すると自然と子どもの読書量が増え、語彙が豊富になることで国語の学習量が増えます。結果的に国語力アップに繋がるといいます。

また早期読み聞かせの影響はどんな子にも該当しやすく持続しやすいという結果もでています。親子関係もよくなり国語力も高くなるので一石二鳥ですね。

脳に刺激を与え鍛えることで発達を促進する

乳幼児期の脳は刺激を吸収する力に優れており、この時期だからこそ発揮される能力があるということが研究により明らかになってきています。
ここでいう早期教育とは勉強に慣れさせるための塾通いや運動のためのスイミング教室などです。これらを脳の吸収力が抜群によい乳幼児期からはじめることが大切で、これにより脳は刺激を与えられ、鍛えられ、発達が促進されます。

また、早期教育は子どもの潜在能力を開花させることにも繋がり、早いうちから才能を開花させることにも役立つといわれています。例えば英会話は早くから習うほど自然と身につくといわれます。

この時期に身につけることでその後の英語学習もスムーズにいくなど、早期教育のメリットが大人になるまで続くといわれています。

粘り強さや一貫性を持てるようになる

早期育児教育のメリットとして、頭の良さだけではなく内面的な要素を磨けるという面があります。アメリカのミシガン州において、低所得者層のアフリカ系米国人の子ども123名に調査が行われました。
早期育児教育を行うグループと行わないグループに分け、その後数十年にわたり彼らを追跡し、40歳になったときに比較を行いました。その結果、早期育児教育を受けたグループは受けなかったグループと比べ「高卒資格を持つ人の割合が20%高い」「離婚率が低い」「逮捕歴が低い」などの結果がでました。

このことから早期育児教育は長年にわたり、人間の内面的な部分への影響を及ぼし、頭のよさだけではなく人間性の部分も成長させることがわかりました。特に信頼性や粘り強さや一貫性、自制心などが育つことがわかります。

論文でみる幼児期の早期教育が与える悪い点

ストレスを与え心身の発達の成長を妨げる

幼児期の早期教育が与える悪い点として、ストレスを与え心身の発達の成長を妨げるといわれています。
この調査は私立幼稚園に通う4~5歳の園児を対象に行われました。園児のストレスを調べたところ、早期教育を受けている園児は降園時にストレスが低下したことから園内で受けているストレスが大きいのではないかと推測されました。

加えて園内での遊び(身体的活動)が不活発であることもわかっています。またアンケートから早期教育を受けさせている保育者は教育に熱心であるという結果がでました。

これらのことから幼児の要求や気持ちを無視して一方的に早期教育を受けさせていた場合、子どもの心や体に大きなストレスを与え、成長を妨げる原因になることが懸念されています。

早期教育は創造性や自発性を抑制する

また早期教育が「子どもの創造性や自発性を抑制する」という研究結果を示した論文もあります。
子どもに習いごとをさせる理由で1番多かったのは「子どもが希望するから」でしたが、それ以降は体を鍛えるため、能力を引き出したい、苦労をさせたくない、と続きました。2番以降は保護者が子どもの成長を思い促した教育であることがわかります。

このことから早期教育のデメリットとして受け身の学習により子どもの創造性や自発性を抑制してしまうことが挙げられています。面白い、楽しいと思える教育であれば子どもは自発的に行動し努力するでしょう。

受け身ではなく、子どもが遊びだと感じられて自発的に行動できるような教育の大切さが書かれています。

脳の発達を促す効果は期待できない

多くの研究より、早期教育は脳の構造的な成長を促すことが判明しています。3歳までに脳の「重さ」が急激に重くなることはわかっていますが、これは脳の構造ができるだけで、脳の機能が発達するわけではないといわれています。
若い時期の方が脳のシナプスの結合がさかんに行われるので神経回路を作りやすいことはわかっています。しかし、それが言語学習や概念の形成、対話能力の形成などに影響があるかどうかは答えが出ていません。

このことから早期からの教育は知識の吸収や能力発達の面で効果があるといわれていますが、根拠はありません。また脳が未熟なうちに特定の知識を詰め込み過ぎることで、後に使われるはずの脳の領域まで使ってしまうのでは?という心配もあるようです。

論文で推奨する幼児期の早期教育法

子どもの個性や自発性を活かす教育

早期教育には良い点、悪い点があることがわかりました。それでは推奨されている幼児期の早期教育法はどのようなものでしょうか。

この論文には「子どもの個性や自発性を活かす教育」が望ましいと書かれています。
早期教育の意味とは、子どもが色々な分野においてどんどん成長していく過程を親がしっかりと認識し、子どもが成長しやすいようにまわりから助けてあげることを「早く」することである、と書かれています。加えて子どもに対して非常に注意深く、やさしく、子どもの気持ちを尊重して行うべきであるとも述べられています。

早期教育をするときは押し付けではなく、子どもの気持ちを尊重しよく話を聞きながら助けてあげることが一番大切なのかもしれませんね。

感情を理解する社会脳を鍛える教育

また、相手の感情を理解する「社会脳」を鍛えることの重要性をとく論文もあります。
特定の知識を教え込むことではなく、周囲とのコミュニケーションをとるために必要な「社会脳」を育てることが早期教育で一番重要であると述べられています。子どもは自分で経験して考えることもありますが、文化や文明から学ぶことの方が多いです。

話し合ったり周囲から教えてもらうことで社会脳を使い、自然に知識や教養、人格なども学び吸収することができます。また、顔を合わせてお互いの感情を理解するという共生脳の発育も重要であると述べられています。

共生脳と社会脳を鍛え知恵や知識を吸収する脳のシステムを作ることが早期教育で重要なことだといわれています。

脳の発達や集中力を高める教育

子どもが持つ無限の可能性を引き出すために、「才能逓減(ていげん)の法則」と「右脳教育」を重視することの大切さを述べる論文もあります。
才能逓減の法則とは教育は早く始めるほど高い能力が育ち、才能が育ちやすいという法則です。右脳教育は芸術的な分野をつかさどる右脳が急速に発達する3歳までに外からの刺激を与え発達させる教育のことです。

このことから3歳頃までの早い時期に脳の発達を促すための教育をするとよいとされています。一方で子どもを遊びの中で育てることが大切だという意見もあります。

遊びを経験しなかった幼児はコミュニケーション能力が低く社会性や協調性が欠如し、また遊びに熱中した経験がないため集中力が育たなくなるといいます。子どもが遊びながらできることを早い時期からやらせてあげることが大事なのかもしれませんね。

まとめ

幼児期の早期教育については数多くの研究結果があり、さまざまな意見があります。これをすれば絶対によいという答えが決まっているものではないので、親としてはどうすべきか悩むところではないでしょうか。

大切なのはお子さんと向き合い、どのような早期教育をとり入れるべきかよく考えて決めることかもしれません。論文に書かれている研究結果をぜひ参考にしてみてくださいね。

また周囲の人と情報交換をすることでわかることもあると思います。積極的に情報をシェアし、お子さんに最適な早期教育を考えていきましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018