就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティの大敵むくみ!原因から対処法まで悩み解決法を徹底紹介

マタニティの大敵むくみ!原因から対処法まで悩み解決法を徹底紹介

妊娠中にむくみに悩まされるママも多いです。特に、妊娠の中期以降に症状が現れることが多いようですが、その原因はなんでしょうか?この記事では、むくみが起こる原因を説明するとともに、むくみの予防や改善のポイントをご紹介していきます。むくみを解消し、快適なマタニティライフをお過ごしください。

マタニティ各期に起こるむくみの原因

中期のむくみは血液量のアップのせい

妊娠中のマイナートラブルの一つであるむくみは、妊娠後期に起こりやすいイメージですが、中期から少しずつむくみを感じ始めるママも意外と多いようです。

中期にむくみの症状が現れる原因として考えられることの一つに、ママの体内の血液量がアップすることがあります。

妊娠中、ママの体はお腹の赤ちゃんの分の血液も確保する必要があり、そのため、必然的に妊娠する前よりも体内の血液量が増えるのです。ですが、その増えた血液の量に対して、腎臓の働きが追いつかなくてむくんでしまうというわけですね。

さらに、ホルモンバランスの変化によって皮下組織に水分を溜め込む作用が働くことで、より下半身にむくみが生じやすくなります。

後期は体内に水分がたまりやすいのが原因

先ほども述べましたが、妊娠中はホルモンバランスの変化によって体に水が溜まりやすくなってきます。これは、女性ホルモンの一つである「エストロゲン」の増加が主な要因です。

妊娠後期に入るほどその影響を感じる人が増えるようで、むくみを感じるのは妊婦の30%にのぼるとされています。妊娠している女性の10人に3人はむくみに悩まされると考えると、決して少ない数字ではありませんよね。

また、妊娠後期に入るとお腹の赤ちゃんもどんどん大きくなり、骨盤を圧迫するようになります。それによって血管も圧迫されるため、下半身に流れた血液が心臓の方に戻りにくくなるというわけです。

これが、妊娠後期に起こるむくみのメカニズムです。

病気の可能性もあり。気になったら受診して

妊娠中に見られるむくみの症状は、妊婦の誰にでも起こり得る生理的な症状なので、それほど心配する必要はありません。しかし、中には注意したいむくみもあります。

たとえば、急激にむくむ、血圧が高くなる、尿たんぱくが出るといった症状があるのであれば「妊娠高血圧症候群」といった病気の可能性が考えられます。この病気は重症化していまうと、ママやお腹の赤ちゃんにさまざまな合併症を引き起こし、命に関わるような危険性もあります。

・初めての妊娠
・35歳以上の妊婦
・肥満体質
・もとから高血圧や糖尿病、甲状腺機能障害を持っている

これらに当てはまる人ほど、発症しやすいとされています。気になる場合は、早めにかかりつけの医師に相談しましょう。

むくみを寄せつけない身体作りをしよう

軽い運動をして体の血液を循環させよう

むくみの予防に効果的な方法として、軽い運動をとり入れることがおすすめです。妊娠中は運動不足に陥りやすいので、体重をコントロールするためにも役立ちます。簡単にできるのは、ウォーキングやストレッチです。

ウォーキングで足の筋肉をたくさん使って鍛えることで、血流がしっかり巡るようになります。余分な水分や老廃物が足にたまりにくくなるため、むくみの予防になるのです。

また、ストレッチなら場所も時間も選ばず行えるのでより手軽です。足首をまわす、足を上げるといった下半身を動かすような動きを多くとり入れるとさらに効果的でしょう。

ただし、体を動かしすぎるとお腹が張るなどの症状が出ることもあるので、無理のない範囲で行ってください。

食事の摂り方に気を使ってみよう

食事によるむくみの予防法も、実践しやすいのでおすすめです。

まず第一に、むくみ予防には塩分の摂取量に注意することが大切なポイントとなります。塩分の摂り過ぎは、体の中の塩分濃度を高めてしまうので、これを薄めようと体が水分を溜め込んでしまうのです。

塩分は1日10g以下に抑えるよう心がけましょう。

・お味噌汁はダシを利かせて薄味にする
・ソースやドレッシングは料理の上からかけずに、小皿にとって少しずつつけて食べる
・しょうゆの代わりにポン酢やお酢を使う
・塩分が多いハムやベーコン、かまぼこなどの加工食品は食べすぎに注意する

このように、ほんの少し工夫するだけで摂取する塩分の量を減らすことができます。

足を冷やさないように気をつけよう

妊娠前から冷え性であったママに特に気をつけてほしいのが、足の冷えです。冷えることで血管が収縮し、血流が滞りがちになります。それによって、むくみの症状が現れるのです。

気温が下がる秋冬はもちろん、夏も室内ではクーラーが効いて体が冷えてしまうことがあります。靴下やレッグウォーマーなどを用いて、体温調節をしてください。足先の冷えを手早く改善するには、フットバスもおすすめです。

マタニティ用の腹巻も冷え防止に役立ちます。体の中心部を温めることは、体全体の血流改善につながるからです。

また、マッサージによって血流を改善することも効果的です。むくみが気になるときは、パパにお願いして足を揉んでもらうのもよいですね。

むくみよさらば!撃退するための対処法

お灸とリンパマッサージが効果的

お灸によって体を温めると血流が改善しやすくなり、むくみの解消に期待できます。

冷え性に効くツボはいろいろありますが、今回は「三陰交(さんいんこう)」をご紹介します。足の内側のくるぶしから指4本分上がったところにあるツボです。ここにお灸をしてみてください。

お灸というとなんとなくハードルが高く感じるかもしれませんが、お灸には火の出ないタイプもあるので、そういったアイテムを用いると気軽にできそうですね。

そして、リンパに老廃物が溜まることもむくみの原因になるため、リンパマッサージもとり入れましょう。足の付け根やひざ裏をほぐすことで、リンパの流れは改善します。お風呂で温まりながらもみほぐすと、体が温まりやすくて効果が高まります。

ふくらはぎでなく太ももをマッサージする

足がむくむと、ついふくらはぎばかりケアしがちですが、実は、ふくらはぎではなく太ももが凝ってしまってむくみを引き起こしているケースも少なくありません。

足のむくみの改善には「足裏」「ふくらはぎ」「太もも」の三つのポンプが正常に働く必要がありますが、むくみがある場合でも、意外とふくらはぎの筋肉は正常に働いていることが多いです。

太ももには大腿四頭筋などの大きな筋肉があるため、太ももによる影響は大きいようですね。試しに指先4本で太ももの側面と裏側を軽く押してみてください。痛みを感じるようなら、太ももが凝っている証拠です。

むくみの改善のためにマッサージをするなら、ふくらはぎだけでなく太もももしっかりほぐしてあげましょう。

着圧ソックスを履いて脚すっきり

特殊な生地によって脚に適度な圧力をかけることで、むくみを解消してくれる着圧ソックスは、むくみに悩む妊婦の心強い味方です。

もともとは医療現場で使用されているものでしたが、最近では手軽に使用できる家庭用のものが種類も豊富に販売されています。マタニティ用の着圧ソックスも市販されているので、妊娠中は専用のものを使用すると安心ですね。

基本的に着圧ソックスは24時間履き続けるようなものではありません。商品によって、使用方法などの記載がしっかりとされているので、使用時間や使用頻度などを正しく守ることが大切です。

もしも、着圧ソックスを履いているときに、痛みやお腹の張りを感じるようであれば、すぐに使用をやめて医師に相談しましょう。

まとめ

むくみは妊娠中によくあるマイナートラブルです。多くの場合は、妊娠によって起こる生理的な現象ですが、実は病気が隠れていることもあるので油断はできません。

血圧が高い、尿たんぱくが出るなど、むくみだけでない症状があるときは、一度、かかりつけの医師に相談してみることをおすすめします。

むくみの予防には「体を温める」「適度な運動をする」「塩分を摂り過ぎない」などがポイントとなります。すでに、むくみが辛い場合には、マッサージや着圧ソックスなども試してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018