就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

髪の毛を切るのを嫌がる3歳児。散髪をスムーズにするためのコツとは

髪の毛を切るのを嫌がる3歳児。散髪をスムーズにするためのコツとは

髪を切るのが嫌いでも散髪しやすい髪型とは

ブロッキングと「少しずつ」で簡単ボブ

3歳の女の子におすすめしたい髪形はボブスタイルです。コツさえ押さえればとても簡単に仕上げることができますよ。

まずは襟足から2cm程度髪を残して、ほかはヘアクリップで頭の上にまとめておきます。残しておいた髪を仕上がりイメージより短めにカットしたら、頭の上にブロッキングしておいた髪の半分を下ろし、最初に切った髪よりも少し長めに切ります。最後に残った髪をまた少し長めに切れば、内巻きボブの完成です。

3歳のサラサラでツヤツヤの髪だからこそ可愛く仕上がるボブ。一気にバッサリ切ると曲がってしまいがちなので、ブロッキングしながら少しずつカットしていくのがコツです。前髪は動くと切りにくいので、飽きてしまう前にサッと切っておきましょう。

男の子ならバリカンで一気に仕上げて時短

散髪が嫌いな男の子は、周りにもたくさんいませんか?怖がりやめんどくさがりな男の子には、何といっても短髪がよいですね。バリカンで一気に仕上げれば、時短になりますし毎日の洗髪もとても楽になります。

短時間・低価格で簡単にカットしてくれるお店も増えていますが、子どもが泣いて暴れる場合はお店側に断られることもあります。そんなときはあきらめて電気屋さんでバリカンを購入しましょう。

子どもが暴れて危ないときは、バスタオルで腕ごと包んでパパに抱きかかえてもらい、ママがササっとバリカンでカットするのが手早い方法です。短髪だと散髪頻度も増えてしまいますが、慣れてくればあっという間に終わりますし、経済的でよいですよ。

プロに任せるとうまくいくことも

「3歳で美容院(散髪屋)なんて早いわ!」と思っているママも多いかもしれません。しかし自分で子どもの髪を切るのが怖かったり、失敗しそうだったりと不安を抱えているなら、お店でプロに任せてしまうのもよいかもしれませんよ。

最近では座席がキャラクターになっているなど、子どもに嬉しいサービスを展開しているお店も多くあります。最初は緊張してママから離れられないかもしれませんが、一度切り始めてしまえば怖くない、痛くないと気づくはずです。

美容師さんはさすがプロ、といった感じで子どもの緊張をほぐしながらうまくコミュニケーションを取ってくれます。何といっても腕前は間違いないので、短時間で綺麗な仕上がりになるのが嬉しいところです。

まとめ

子どもの髪が伸びてきて「そろそろ切らなくちゃ…」と思うたびに憂鬱になるママも少なくないと思います。3歳は自己主張もはっきりしてくるころなので、嫌だということは何としても拒否するものです。

楽しいことで気をそらせたり、褒めちぎったり、あの手この手で機嫌を取りながら、子どもに合った方法でスムーズに散髪できるようになるとよいですね。散髪を嫌がるのもあと少しの期間だと思って、何とか乗り切ってくださいね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND