就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

お下がりのお礼はどうすればいい?おすすめギフトや渡し方をご紹介

お下がりのお礼はどうすればいい?おすすめギフトや渡し方をご紹介

お下がりをもらったとき、お礼の品は渡した方がよい?お礼はいらないといわれたらどうしたらよい?お下がりのお礼って迷いますよね。また、お礼をするならいくら位で、どんなものを渡せばよいのでしょうか。お礼のタイミングや、お返しを渡すときのおすすめ方法などをご紹介します。

お下がりをもらったらお礼はする?相場は?

やっぱりお礼をしたほうがいいの?

親戚やママ友から、子ども服やベビーカーなどの子供用品のお下がりをもらったことがある、というママも多いと思います。お下がりは新品ではなく、中古のものがほとんどだと思いますので、余計にお返しをした方がよいのか迷ってしまいますよね。

しかし、もしお下がりをもらわないで服や子ども用品を購入する事になった場合、多額のお金がかかってしまいますよね。お下がりを譲ってくれる方も、もちろんお金を出して購入したものを譲ってくれるわけですので、やはりお礼はした方がよいでしょう。

お下がりをあげて、お礼を期待している人は少ないと思いますが、感謝の気持ちを言葉と何か品物で表すと、嬉しく思うのではないでしょうか。お礼をされて嫌な気持ちになる人は少ないと思います。

お礼はいらないと言われたら?

お下がりをくれる方の中には、最初から「お礼はいらないよ」「気をつかわないでね」と声をかけてくれる方もいると思います。相手からそう言われると、お返しをしたらかえって気を遣わせてしまうのかなと思い、迷ってしまいますよね。

しかし、お礼は不要といわれた場合でもやはり、何かお礼の品は渡した方がよいと思います。「(お下がりが嬉しくて)私の気持ちがどうしても納まらないので」と一言添えて渡すと、相手も受け取りやすくなります。

どうしてもお返しが渡しづらければ、旅行や帰省したときにお土産を渡す、ランチを御馳走する、家にお邪魔したときや招いたときに豪華なスイーツを用意するなどして、お礼の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

お礼をするときの相場はいくら?

お下がりのお礼の相場ですが、頂いたお下がりの量や、物によって変えているママが多いようです。

子供服や絵本などをもらった場合は、1,000円~3,000円位のものでお礼をするとよいと思います。もらった服が大量だったときや、ベビーカーや大型おもちゃなど金額が高そうなお下がりをもらった場合は、3,000円~5,000円位のお礼がよいでしょう。

なかには、服やバス用品、ベビーカー、チャイルドシートなど育児用品を一式、くれる方もいるかもしれません。購入することになった場合、数万円以上かかるものなどをもらったときは、10,000円位までならお礼をしてもよいと思います。金額だけではありませんが、相手により感謝の気持ちが伝わりやすくなりますよ。

お礼をするときのおすすめギフト

家族で楽しめるお菓子ギフト

お下がりのお礼で一番渡しやすく、相手も受け取りやすいものは「お菓子ギフト」ではないでしょうか。形に残らないものなので、デザインなど相手の好みを気にする必要もなく、選びやすいと思います。またお菓子なら1,000円位から箱に入ったギフト用のものがありますので、見栄えもよいですね。

お菓子をお礼で渡すときは、できるだけ日持ちのする焼き菓子やゼリーなどにしましょう。また個包装になっていて、味もバリエーションがあるものを選ぶと、相手の家族も食べるときに楽しいですね。

お菓子のほかにも、紅茶のセットやジュースなど相手の好きなものがわかっている場合は、好みのものを選んであげてもよいですね。遠方の親戚などには、地元の銘菓もよいと思います。

現金または商品券や図書カード

関係が近い親戚やアレルギーなどでお菓子があげられない場合、お下がりのお礼を現金でする場合もありますが、現金でお礼をされることに抵抗がある方は多いと思います。もし、現金相当のものでお礼がしたい場合は、現金よりも商品券やギフトカードがおすすめです。

近くの百貨店やスーパーで使える商品券、おもちゃ券、図書カードなども喜ぶ方が多いと思います。カタログギフトをお礼に渡したというママもいますよ。商品券やギフトカードの方が現金よりも相手の方も受け取りやすいと思います。

また商品券やギフトカードだと、どうしても金額がはっきりわかってしまいますよね。そんなときは、商品券と一緒に何かプチギフトのようなものを渡すとよいかもしれませんね。

ママ友なら子ども用品もおすすめ

好みがわかっている仲のよいママ友へのお礼なら、ママ友の子どもへのプレゼントをお礼にしてもよいと思いますよ。サイズが分かればママ友が好きそうなデザインの洋服、リュックなどのかばんも嬉しいのではないでしょうか。女の子ならヘアアクセサリーもよいですね。

靴下も、消耗品でデザインもあまり気にせずに選べますのでおすすめです。

洋服以外だと、お絵かきセットや折り紙、パズル、絵本などよく使うものや、消耗品のおもちゃも喜ばれる品です。また、子どもだけではなくママにも、何かちょっとしたものを一緒にプレゼントするのもおすすめです。ハンドクリームや、お洒落なマグカップなどママ友の好みにあったものを選んであげましょう。

お礼をするタイミングや渡し方は?

直接会ってお礼の言葉とギフトを渡す

お下がりをもらった相手が近くに住んでいるのならば、間接的にもらったとしても直接会ってお礼をしましょう。できれば、お下がりをもらった1週間以内にお礼を伝えるほうがよいと思います。

お下がりは相手の厚意があってもらえるものです。洋服を畳んだり、詰めたりする手間をかけてくれているので、お礼の言葉はできるだけ直接伝えたほうがよいでしょう。そのときに一緒にお礼の品を渡せるように、準備しておきましょう。

また可能であれば、お礼を伝えに行くときにもらった洋服を子どもに着せていったり、もらったものを使用しているところを見せてあげたりすれば、相手もとても喜ぶと思います。お下がりをくれる相手は「少しでも喜んでもらえたら」という気持ちがあると思いますので、実際に使用しているのを見せるのは、一番のお礼になると思いますよ。

何度もお下がりをもらっている場合、毎回丁寧なお礼やギフトは相手も恐縮してしまうかもしれません。もらう回数が多い場合は、お礼の品は2~3回に1回程度でもよいと思いますが、お礼の気持ちは毎回きちんと伝えましょう。

なかなか会えないときは郵送する

お下がりをくれた相手が遠方に住んでいる場合は、直接会ってお礼を伝えるのは難しいですよね。そんな時はお礼の品を郵送で送っても大丈夫です。できれば、お礼の品を送る前に電話をかけ、感謝の言葉だけでも先に伝えられるとよいですね。

あまり会うことのない親族などで連絡先がわからないときは、親や連絡がとれる方に協力してもらい連絡先や住所を教えてもらいましょう。遠方に住んでいる、連絡先がわからないからといって、もらいっぱなしにならないように注意してください。

相手が遠方の場合、電話で直接お礼を伝えるのが一番よいですが、相手が仕事や育児で忙しくなかなか連絡がつかない場合は、メールでお礼をしてもよいと思いますよ。文章にした方が、落ち着いてお礼を伝えらるときもありますよね。

また、お礼の品を送るときに簡単にメッセージカードやお礼状を添えると、より気持ちが伝わりやすいです。そのときに、お下がりを使っている写真を同封したり手紙に「〇〇のお洋服をとても子どもが気に入っています」など、具体的にもらったお下がりのことを書いたりすると相手も喜ぶと思いますよ。

まとめ

お下がりは、普通のプレゼントとは違うものだからこそお返しに迷うものですよね。しかし、相手の厚意で頂いているものには違いないので、やはりお返しはした方がよいと思います。お下がりのお返しに決まりはありませんが、大事なのは相手に気を遣わせないものにすることです。

そして、お礼の品はもちろん大切ですが、一番大事なことは感謝の気持ちを伝えることです。お下がりをくれた相手に、「あなたにあげてよかった」と思ってもらえるようなお礼にしましょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • 月あかりの映画祭2018