就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが歩くのはいつから?歩く前兆と練習方法やポイントを紹介

子どもが歩くのはいつから?歩く前兆と練習方法やポイントを紹介

ハイハイやつかまり立ちをし始めたら、次のステップは1人歩きですね。いつ歩き出すのかと気になっているママも多いのではないでしょうか。この記事では、子どもが歩き出す前にはどんな仕草が見られるかや、楽しく歩く練習をするポイントについてご紹介したいと思います。

子どもが歩く平均的な時期や前兆は?

子どもが1人で歩き出すのは1歳前後

子どもが1人で歩き出す平均的な時期は1歳前後です。もちろんいきなり歩けるようになるわけでなく、いくつかの段階を経て歩けるようになっていきます。

目安としては、寝返りや1人座りを経て、生後8~9カ月頃にはハイハイをし始め、生後9~10カ月頃につかまり立ちをするようになります。

ハイハイやつかまり立ちをすることで、赤ちゃんは1人で歩くのに必要な筋力とバランス感覚を養っていきます。そして、身体が十分に成長したら、いよいよ1人で歩き出すのです。

ただ、これはあくまで目安です。もっと早く歩き出す子もいれば、1歳半頃になって歩き出す子もいます。

いずれの場合も個人差の範疇なので、あまり心配せずに見守ってくださいね。

歩く前兆はおしりを振る、ステップを踏む

親としては、我が子がいつ歩き出すのか気になりますよね。そこで、歩く前兆にはどのようなものがあるかを紹介します。

【おしりを振る】
手を床について膝をのばした、いわゆる「高バイ」の状態でおしりを振る動きです。身体を起こして前に進みたいという気持ちの表れかもしれませんね。高バイは手足の筋力が発達していないとできません。この姿勢でおしりを振るということは、それだけ筋力が養われてきた証拠といえるでしょう。

【ステップを踏む】
つかまり立ちをして、その場で足を動かしてステップを踏むのも歩く前兆です。この場合も、歩きたいという気持ちの表れかもしれません。また、その場でステップを踏むことは、歩くときのように足を動かす練習になります。

つかまり立ちや伝い歩きはもう少しの辛抱

つかまり立ちができるようになったばかりの頃は、足を1歩前に出すことすらまだ難しいものです。先ほど紹介したように、その場でステップを踏んで、足がうまく動かせるように練習します。

足を上手に動かせるようなり、スムーズに伝い歩きができるようになったら、バランス感覚や筋力が十分に発達した証拠です。いつ歩き出してもおかしくありません。

ただ、1人で歩けるようになるには、身体の発達具合だけでなく、その子の性格も関係してきます。慎重派の子の場合、最初の1歩を踏み出すまでに時間がかかることがあります。

なかなか最初の1歩が出ないと、親としてはもどかしいかもしれませんが、子どもが「歩きたい」と思うタイミングが来るのを待ってあげてくださいね。

子どもが歩くための練習方法とは?

手を引いて歩いたり、遠くから声をかける

スムーズに伝い歩きができるようになったら、歩く練習をしてもよいでしょう。

パパやママが子どもの手をとり、一緒に歩くのがおすすめです。転ばないように、はじめはしっかり両手を握って歩きましょう。

子どもが手を引かれて歩くのに慣れてきたら、両手を添える程度にしたり、片手だけにしたりしてステップアップしていきましょう。かけ声をかけたりリズムをとったりすると、楽しく練習することができますよ。

離れた所から声をかけるのもおすすめです。「おいで」と誘ってみましょう。遠すぎるとハイハイになってしまったり、子どもが諦めてしまったりするので、はじめは1歩踏み出せば届きそうな距離から練習し、少しずつ距離を伸ばしてみるとよいですよ。

ダンボールを使った練習方法

ダンボールを利用して練習することもできます。ダンボールを手押し車代わりにする方法です。

準備するのは、赤ちゃんが押しやすい大きさのダンボールのみ。2Lのペットボトルが6本入るダンボールがおすすめです。ぶつかって怪我をしないように、角は潰すかクッション材を貼っておきましょう。

子どもにダンボールを押して歩いてもらえば、歩く練習になります。普段伝い歩きのときとは違った場所に移動できるので、喜んで歩いてくれるかもしれませんよ。

ただ、空っぽのダンボールだと軽すぎて子どもが転んでしまう可能性があります。滑りやすい場所では勢いがつきすぎる危険があります。中に重しを入れたり、場所を変えたりして、ゆっくり押せるように調節してくださいね。

歩行器にはメリットとデメリットがある

歩行器も歩く練習に使われることのあるグッズです。しかし、歩行器には賛否両論あります。

歩行器を使えば、1人でうまく立つことができない子でも、足で軽く蹴るだけで移動することができます。目線が高くなるため、ご機嫌になる子も多いです。

テーブルが付いているので、おもちゃで1人遊びをしたり、食事用のテーブル・椅子としても使うことができるというメリットもあります。

ただ、おもちゃなどの障害物につまずいて転倒したり、階段や玄関で転落して怪我をする危険があります。歩行器に乗っているとハイハイの機会が減るので、足腰の発達が遅れるという意見もあります。

歩行器を使うときは、メリット・デメリットをよく考えて使いたいですね。

子どもの歩く練習をするときのポイント

部屋に危ないものがないかチェックしておく

子どもが歩きはじめたばかりの時期は転びやすいものです。ちょっとした段差や障害物があるだけでも転んでしまうので、部屋を片付け、座布団や滑りやすいラグなども使用を控えた方がよいかもしません。

また、転んだ際に顔や身体をぶつけて怪我をしないように、家具の角にはコーナーガードをつけるなどの対策をしておきましょう。ドアは、指を挟まないようにドアストッパーなどをで対策してくださいね。

子どもが歩きはじめると、今まで以上に手の届く範囲が広がります。誤飲の危険があるものは出しっぱなしにしなように気をつけたいですね。

特に、電池や磁石のように誤飲すると命にかかわるものは、絶対に手の届かない場所や、鍵をかけた引出しなどに片づけましょう。

室内では裸足で歩く練習をしよう

赤ちゃんはもともと土踏まずがない「偏平足」です。成長とともに土踏まずができるのですが、大きくなっても偏平足のままだと、疲れやすく、腰や膝に負担がかかる場合があります。

土踏まずはたくさん歩くことで徐々に作られていきます。裸足で歩くと足の裏への刺激が増えるため、土踏まずが作られるのをいっそう促してくれますよ。

また、裸足で歩くと足先からかかとまで、足全体を使って地面を踏みしめることができます。そうすると、バランス感覚が鍛えられますし、足にしっかり力を入れて歩くことができるので、転倒防止にもなります。

裸足で歩くことにはたくさんのメリットがあるので、室内で練習するときは、靴下を履かずに裸足でチャレンジしてみてくださいね。

なかなか歩かなくても焦らずコツコツと

ハイハイや伝い歩きをするようになっても、なかなか最初の1歩が出ないと、親としては気になりますよね。「成長が遅いのかな?」と心配になるママもいると思います。

ただ、歩き始めるタイミングというのは個人差が大きいものです。紹介したように、身体の発達が十分であっても、慎重派の子どもの場合は、なかなか最初の1歩を踏み出せないこともあります。単純に、まだ歩くことに関心を持っていないから歩かないというケースもあります。

仮に歩き始めるのが遅かったとしても、その後の運動神経を左右することはありません。多くの場合は、子ども自身が「歩きたい!」というタイミングがくれば、自然と歩くようになるもの。あまり焦らずに、成長を見守ってあげたいですね。

まとめ

子どもの成長は、パパやママにとって楽しみでもあり、心配な事柄でもありますよね。1人で歩くということは、子どもにとって大事な成長過程ですから、特に気になるという人もいると思います。

歩き出す時期の平均は1歳前後ですが、実際に歩きだす時期は個人差が大きいものです。大抵は、自分が「歩きたい」と感じたタイミングで歩くようになります。それまでは、遊びの一つとして歩く練習をしながら、歩く楽しさを伝えてあげるとよいかもしれません。

あまり焦らず、子どもの成長を見守ってあげたいですね。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR