就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3歳の女の子が好きな遊び方は?女の子が楽しめる室内や屋外の遊び

3歳の女の子が好きな遊び方は?女の子が楽しめる室内や屋外の遊び

3歳頃になると、女の子と男の子の遊び方にもそれぞれ特徴がみられるようです。女の子が好きな遊び方には、どのようなものがあるのでしょうか。ここでは、室内や屋外で3歳の女の子が楽しめるような遊びをご紹介します。参考にして、親子で楽しめる遊びを見つけてくださいね。

3歳の女の子ならではのこだわりと特徴

手先が器用になってくる

3歳頃では、手先が器用になってくる特徴がみられるようになります。ボタンのかけ外しができるようになり、ひとりでお着替えをする子もでてきます。女の子のなかには服選びが好きな子もいるので、お着替えを積極的にしたがるようですよ。脱いだ服をたたむこともできるようになります。

ほかにも、利き手が分かるようになるので、子ども用のはさみを使ったりお箸を使ってご飯を食べる練習をしたりします。また、このような手先の器用さ以外にも、運動神経が発達してくるので、活発に動くことができるようになりますよ。

発達の時期には個人差があるので、この頃に特徴がみられないからといって焦る必要はありません。一般的な傾向なので、子どものペースで成長を見守ってあげましょう。

大人のまねをするようになる

おしゃべりを好む女の子は、大人の言葉を上手にまねするようになります。まだ3歳なのに、大人びた口調に驚かされるママもいるそうですよ。おしゃべりが上手なのは、男の子より女の子の方が大人の言動をよく観察しているからなのかもしれませんね。

また、おしゃべりだけでなく、身近にいるママの行動をまねする姿もよくみられます。お料理やお洗濯、下の子のお世話などに興味を持ちまねるといった行動をします。その姿は、小さなママのようで可愛らしいことでしょう。

ほかにも、好きなアニメのキャラクターやテレビのアイドルのまねをすることが好きな子もいます。憧れや好きという気持ちが芽生えて、なりきって踊ったり歌ったりして楽しむということをしているのかもしれませんね。

おしゃれが好きになる

服装や髪型にこだわる女の子もみられるようになります。自分の存在を意識し、おしゃれをすることによって見た目の変化を楽しんでいるのでしょう。男の子でもこだわりを持つ子もいますが、女の子は特におしゃれさんが多いようですよ。

女の子はママがおしゃれをしている様子をよく観察しているので、ママの影響を受けやすいです。見よう見まねでママと同じようなことをしているかもしれませんね。

親子コーデをしたりアクセサリーを手作りしたりして、一緒におしゃれを楽しむことができるのは、女の子を持つママが味わえる喜びではないでしょうか。女性であるママなら、子どものおしゃれにも共感しやすいですよね。親子でおしゃれさんになりましょう。

感性や想像力が育まれる「室内遊び」

お姫さまにもなれるごっこ遊び

3歳前後は、なにか役割にになりきるごっこ遊びをするようになります。女の子は、お買い物ごっこやお姫様ごっこなどを好んでしている姿がよくみられますよ。

ごっこ遊びのよいところは、想像力を養うことができるところです。役になりきることで自分以外の存在をイメージし、感情を知ることができます。また、言葉を使って相手とやり取りをするので、やり取りする面白さや喜びも味わうことができますよ。

はじめからごっこ遊びがうまくできなくても当たり前です。うまくいかないことを繰り返しながら、子どもの記憶の中で役はどのようにしていたか、どうすれば相手に伝わるのかイメージをふくらませていきます。成長していく我が子に、共感して受け止めてあげましょう。

身近なものでいろんなものを作ってみよう

身近なものを使って、何かできないか作ってみましょう。袋やティシュペーパーの箱、牛乳パックやプリンのカップなど不要になったものを集めて子どもと一緒に工作してみませんか。材料に不要なものを使うのなら、たくさん失敗をしても気にすることはありません。

のりやテープ、折り紙やシール、色鉛筆など道具を利用すると指を使う練習にもなりますね。はさみを使うときは子どもから目を離さないようにしましょう。

不要なもの以外では、ビーズを使ってアクセサリーを作るのも女の子は楽しめますよ。3歳はまだ少しビーズの穴に紐を通すのが難しい場合があるので、ママが手伝ってあげてくださいね。

子どもの感性を育むものづくり、親子で楽しく作品を作って楽しみましょう。

お手伝いも楽しめるようになる

3歳頃の女の子は、ママのしていることをまねしたがるときがあります。洗濯ものを干したり畳んだり、お料理したいといってきたときは、簡単なお手伝いをお願いしてみましょう。

時間がかかるかもしれませんが、ママは気持ちをゆっくりと持って見守ってあげましょう。子どもが興味を持っているときにすることができると、大きく成長できるといわれるからです。失敗をしても励ましてあげてくださいね。

お料理も、野菜を洗ったりちぎったり、食器を出すのを手伝ってもらうことができます。包丁で切るのは、ママが手助けをしながら子ども用の包丁を使うとよいかもしれませんね。初めは切りやすいかまぼこなどから練習するのがおすすめです。できたら褒めて、楽しい気持ちを育んでいきましょう。

体を動かし自然を感じられる「屋外の遊び」

公園で体を動かして遊ぼう

3歳になると運動神経が発達してくるので、体をたくさん動かして遊びましょう。丈夫な体をつくる外遊びは、思い切り遊ぶことができて安全面でも安心な公園がおすすめです。

3歳になると、ある程度危険なことも分かってくるし、ママの注意も理解できるので、公園での遊びも幅が広がるでしょう。遊具も上手に遊ぶことができるようになり、バランス感覚が身につきます。また、公園遊びはお友だちができるきっかけになる場合もあります。お友だちと譲り合ったり一緒に遊んだりすることも学べますね。

公園に連れて行くのが大変な場合は、散歩をしてもよいですね。外の空気を感じたり太陽の日を浴びたりすると、ストレスが発散されてリラックスできるといわれています。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • teniteoFC
  • 2040pj