就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

マタニティ時期の葬式参列。喪服準備と参列時のマナーや注意点

マタニティ時期の葬式参列。喪服準備と参列時のマナーや注意点

悲しい知らせは突然訪れます。親族や親しい方がなくなった場合、お別れのご挨拶をしたいと思うことは当然の心情です。しかしそれがマタニティ時期だった場合、参列しても大丈夫なのか迷いますよね。マタニティ時期のお葬式の参列について、迷信や服装など気になるポイントや注意点についてご紹介します。

マタニティ時期に訃報!葬式参列はよいの?

妊婦さんもお葬式に参列してもよい

妊娠中に訃報を受けた場合、お葬式に参列してもよいか迷いますよね。周囲の人たちから迷信など様々なことを言われるかもしれませんが、マナーとしては妊婦さんの参列はNGではありません。安定期に入って体調が安定している場合は、無理のない範囲で参列が可能です。

しかし、妊娠初期で体調が安定していなかったり、つわりがひどく匂いに敏感になっていたりする場合は参列をおすすめできません。また、臨月に入っていていつ産まれるか分からない場合などもできれば控えるのが無難です。

お葬式は参列にあたり準備時間がありません。斎場の場所や移動手段などから、少しでも参列が難しそうだと思う場合はお通夜のみ、お葬式のみなど臨機応変に対応するのが望ましいでしょう。

お葬式参列お腹に鏡を入れる迷信について

「赤ちゃんを霊に連れて行かれる」「赤ちゃんにあざができる」など、妊婦さんがお葬式に参列することについてはあまりよくない迷信が色々とあります。中でも一番有名なのが「赤ちゃんを霊から守るためにお腹に鏡を入れたほうがよい」というものではないでしょうか。

この迷信は、お腹の中の赤ちゃんを霊による悪影響から守るための魔除けの意味があります。手鏡程度の大きさの鏡を、腹帯や腹巻きの中に入れておくのが一般的です。マタニティ用の喪服には鏡入れ用のポケットがついているものもあるようです。悪いものを跳ね返すために、鏡の面は外側を向けて入れます。

簡単にできることですので、なんとなく不安な場合はお腹に鏡を入れておくと安心ですね。

葬式参列を辞退するという選択肢もあり

お葬式への参列は、非妊娠時でも体力的にも精神的にも疲れるものです。体調が安定していたとしても、マタニティ時期は本当にいつ何が起こるか分かりません。故人との関係にもよりますが、不安な場合は参列を辞退するという選択肢をすることも大切です。

お葬式はだいたいが長時間座りっぱなしになります。また、冷房による冷えや慣れない場所や慣れない挨拶回りなどの緊張もあります。さらに「悲しみ」のストレスは意外と大きいものです。周囲の人たちとも十分話し合い、参列するかどうかを判断してくださいね。

参列を辞退する場合はその旨を伝え、弔電やお香典を送るようにしましょう。後日改めてお線香をあげに伺うことでも、十分に故人を偲ぶことに繋がりますよ。

葬式参列へのマタニティ喪服準備について

妊婦はブラックフォーマルでなくてもOK

体調も安定しておりお葬式に参列ができそうだけれど「何を着ればよいのか?」と、迷いますよね。お腹が大きくなってきていると喪服は着られないことが多いですし、お腹がまだ目立たないうちでも体の締めつけで具合が悪くなることもあります。

妊婦さんはブラックフォーマルでなくても、黒色や紺色のシンプルな服であれば問題ないといわれています。しかし黒色や紺色でもサテン生地やラメが入っていたり、カラーのステッチが入っていたりするものはNGです。

妊婦さんにはワンピースが一番締めつけがなく、安心して着用できるお洋服です。黒色のワンピースにマタニティ用の黒色のタイツなどを合わせれば、フォーマルでなくても大丈夫ですのでご安心ください。

マタニティ喪服は便利なレンタルもあり

喪服は伸びない生地であることが多く、またお腹周りに余裕を持って作られているものはあまりありません。手持ちの喪服では入らないことがほとんどでしょう。フォーマルでなくても大丈夫といえど、故人との間柄によってはフォーマルを着なくてはいけない状況も起こりえます。

そこでおすすめなのが、喪服のレンタルです。お腹周りがゆったりとしたワンピースタイプの喪服が主流で、ストッキングや靴、バッグなどもセットになっているものもあります。ネット注文から2日後に届くものが多いため、参列が決まったら早めに手配しましょう。

サイズの目安ですが、妊娠6カ月を過ぎていたりお腹が大きくなってきたりしている場合は、妊娠前のサイズより1サイズ大きいものがよいそうです。

靴はかかとが低めのものを選ぼう

お葬式の参列の際にあまり高いヒール靴を履く方はいらっしゃいませんが、フォーマルな場ですのでノーヒールは実はマナー違反なのです。ですがこれはもちろん妊娠していない方が対象です。

妊婦さんはご自身とお腹の赤ちゃんが最優先。お腹が大きくなっていると、足元が見えづらかったりバランスを崩しやすかったりすることがあります。転んでしまっては一大事ですので、なるべくヒールの低い靴、もしくはヒールのない靴を選ぶようにしましょう。

しかし、低いヒールであってもフォーマル靴で参列する際は、履き慣れない靴で歩くことになりますので十分に注意しましょう。より安全に参列したい場合は、黒色のスニーカーでの参列を検討してもよいかもしれません。

マタニティ葬式参列で気をつけるポイント

自身の体調など気をつける注意点

参列する際、突然のことで気が動転してしまうと自身の体調の変化に気づきにくくなってしまいます。特に、初めての妊娠のママの場合はお腹の張りなどの感覚が分かりづらいこともあり、気がついたらお腹が苦しい、なんてこともあります。意識的に休憩を挟むようにするのがおすすめです。

また、ワンピースの喪服にタイツなどの服装の場合、冷えないよう気をつけることも大事です。お葬式の場合は季節を問わず冷房が使われていることが多いため、冬はもちろん夏場でも腹巻きなどを使い、お腹が冷えないようにすると安心ですね。

マタニティ期は普段よりも疲れやすくなっていますので、くれぐれも無理をせず、ご自身の体調に気をつけてください。
34 件

関連記事

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版