就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

外出したときに授乳ができない!お出かけを諦めないための解決策

外出したときに授乳ができない!お出かけを諦めないための解決策

赤ちゃんがいても、日常生活のなかで外出は避けられないこともありますよね。短時間なら外出前にたっぷり授乳してから出かけることもできますが、長時間のお出かけとなるとそういうわけにもいきません。そうなると、外出先での授乳場所が心配になるでしょう。そこで、外出先で授乳するときの方法などをご紹介します。

外出したときに授乳ができない理由とは

公の場での授乳は恥ずかしい

外で堂々と授乳するのが恥ずかしくないというママは、多くないでしょう。ほとんどのママが「人前で授乳なんて無理」と感じているのではないでしょうか。

もし、「わたしは恥ずかしくない。だって赤ちゃんへの授乳はママの権利だから」と思う人がいたとしても、逆にそれを目撃する人の方が気を遣ったり、居たたまれない思いをしたりするかもしれません。そう考えると、公の場での授乳は避けたいですね。

なかでも、公共の場での授乳で困るのは、家族や親戚が集まる法事や行事のときでしょう。ママは恥ずかしくて別室に移動したいのに「気にしないからここで授乳しなさい」と言われることもあるかもしれません。親戚といえども、人前で授乳するのは気が引けるでしょうから、事前の確認が必要になりますね。

授乳室が見つからない

赤ちゃんとのお出かけは、いつどのタイミングで授乳が必要になるか分かりません。授乳室が確実にある施設へ行くときは安心ですが、そうでないとき、とくに完全母乳で育児をしているママは不安な思いがつきまとうでしょう。

もし、電車内で泣き始めたら大きな駅やデパートがある駅で途中下車し、授乳室を探さないといけなくなりますが、都合よく授乳場所を見つけられるとはかぎりません。外出先で困らないためには、まず出かける前にルート上のどこに授乳室があるかを確認しておくことが必要となります。

その上で、自宅を出発する時間や外出前の授乳時間、外出先で泣く前に授乳ができるように計画を立てることが大切でしょう。また、万が一ために授乳ケープやミルク一式も用意しておくと安心ですよ。

授乳グッズを持ってくるのを忘れた

授乳グッズ一式を用意していたのに、慌てて玄関に置き忘れてしまった経験はありませんか?すぐに思い出して取りに戻れればよいのですが、約束の時間が迫っていたり、電車に乗ってしまったりして戻れないこともあるでしょう。

母乳の場合、お手洗いの個室に駆け込み授乳をするママが多いようです。しかし、ミルクの場合はそういうわけにもいかず、哺乳瓶や乳首、ミルク、お湯など忘れたものによって状況も変わってきますね。

哺乳瓶があれば、ドラッグストアで液体ミルクを買う手段があります。お湯の場合は、授乳室や飲食店でもらえることもあるでしょう。

問題は、哺乳瓶を忘れたときです。この場合は、取りに帰るか早めに帰宅するしかないでしょう。

ストレスをなくすための三つの対処法

授乳服や授乳ケープを着よう

普通の服で授乳をしようとすると、裾の部分からめくったりボタンをはずしたりする必要が出てきますね。一方、授乳服はTシャツやワンピースの上半身部分に切れ目があり、服を脱がずにめくるだけで授乳口が出るように作られています。これなら手間をかけず、スムーズに授乳ができるので便利ですね。

さらに、この授乳服の上に授乳ケープをかぶることにより、授乳しているところを隠すことができます。授乳ケープにも色々なタイプがありますよ。トップスにもなるもの、折り畳むと小さくなるポンチョタイプのもの、ベビーカーカバーにもなるものなどです。

また、素材も綿100%にこだわったものやデザイン重視のものなど多種ありますので好みのものを探してみましょう。

あらかじめ授乳室の有無を調べておこう

赤ちゃんとの外出で心配なのは、おむつ替えと授乳をどこでするかではないでしょうか。授乳室やおむつ替えができる施設を調べられるサイトやアプリがありますので、外出前に下調べしておきましょう。

1)赤ちゃんの駅マップ
ベビー用品で有名なコンビのサイトにあります。都道府県を選択すれば、市町村別に利用できる施設が紹介されていますよ。

2)ママパパマップ(アプリ)
iPhone、Android対応。授乳室、おむつ替え、休憩室が現在地から探せます。お湯や電子レンジが使えるかも分かるため、助かりますね。

3)いこーよ 子どもとおでかけ情報(アプリ)
iPhone、Android対応。子どもとのお出かけ先を探すものですが、授乳室やおむつ替え室の有無も載っています。

授乳室がないときはトイレを利用しよう

授乳室がどうしても見つからないこともありますね。そんなときも赤ちゃんは空腹を我慢してはくれません。お腹が空いて泣き疲れて眠ってしまう我が子を見るのは、ママもつらいものです。

なかには、お手洗いにおむつ替えの台だけは備え付けられているところもありますね。このような場所があるなら、お手洗いの個室で授乳をすることを選択しましょう。

混んでいて順番待ちの列ができているようなお手洗いではなく、人が少なくスムーズに入れるところを選ぶことも重要です。授乳には時間が掛かりますから、多くの人を待たせながら長時間個室に入っているのは気を遣うものです。

いくつか目ぼしいところがあるなら、少しでも心を落ち着けて授乳できるところを選びましょう。

ママも楽しく外出するための注意点

慌てないように時間にゆとりを持つ

ママがひとりで出かけるときは、トラブルがあってもすぐ対処できます。しかし、赤ちゃんが一緒の外出は、なにか一つでも忘れものがあるだけで、あとあと大変なことになってしまいますね。それを防ぐためにも、時間には余裕を持って行動するようにしましょう。

準備は前日から始め、ミルクのお湯など当日に用意をしなければならないものは、きちんと時間を見て用意しましょう。早くにお湯を沸かして水筒に入れてしまうと、使うときに冷めてしまっていることもありますよ。

また、赤ちゃんは出かける直前になって、うんちやおしっこをしてしまうものです。そのときのおむつ替えの時間も考えて、公共交通機関は少なくとも1本逃しても大丈夫なように余裕を持たせた計画をしておきましょう。

赤ちゃんの生活リズムに合った計画を立てる

毎日の授乳時間は、おおよそのリズムが決まってきますね。到着時間を自分で決めることができない用事に対応するのはなかなか難しいですが、ママが予定を組める外出は赤ちゃんの生活に合わせて計画を立てましょう。

公園や散歩、サークルへの参加など、短時間ですませることができる外出は、直前に授乳をすませて出かけるとよいですね。しかし、長時間にわたるお出かけの場合はどうすればよいのでしょうか。

そのようなときには、お出かけ直前に授乳するようにしましょう。そして、次の授乳がいつになるか計算して、そのときにいる場所の近くにある授乳室を事前にチェックしておきましょう。

チェックすることで慌てずに移動することができますし、ママも安心して外出ができるのではないでしょうか。

いつでもお出かけできる準備をしておく

赤ちゃんとの外出は大荷物になるのが必至のため、マザーズバッグを持っているママも多いのではないでしょうか。

おむつ、おしりふき、着替え、ミルク一式、授乳ケープ、ガーゼのハンカチ、タオル、母子手帳、抱っこ紐、ビニール袋、おもちゃや絵本、月齢によっては離乳食やおやつなど、並べるだけでも荷物が多くなるのが分かります。その上、赤ちゃんを抱っこするのですから、重くなり歩くのも一苦労でしょう。

これらをバタバタする当日に準備すると、忘れものが多くなりがちです。それを防ぐためにも、入れっぱなしでもOKなものや事前に準備できるものはバッグに入れておくようにしましょう。そして、当日用意しなければならないものを限定的にしておけば、忘れものが少なくてすみますね。

まとめ

赤ちゃんとの外出には、事前準備が大切なことが分かりましたね。準備には、服装、持ち物、授乳場所のリサーチなど多くあります。

授乳室やおむつ替え台がある場所をサイトやアプリで探すのは有効な手段ですが、もし同年代のママや先輩ママに知り合いがいるなら、このようなものに掲載されていない情報を知っている場合もありますよ。もし、聞けそうなら教えてもらうのも方法ですね。

自分に合ったアプリやサイト、ママ友情報を見つけ、事前準備なども慌てないですむように用意の仕方を工夫してみてはいかがでしょうか。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • テニ-とテーオ
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR