就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

6歳になってからの準備では遅い?小学校入学準備の悩み事を解決!

6歳になってからの準備では遅い?小学校入学準備の悩み事を解決!

小学校入学を目前に控えた6歳。子どもの成長が楽しみな反面、新生活への不安や悩みも多いと思います。ママやパパだけでなく、子ども自身も不安に思っているかもしれません。そこで今回は、小学校入学前にしておきたい準備や知っておきたいことなどを紹介していきます。

小学校は幼稚園や保育園とどう違う?

先生と接する機会が少ない

幼稚園や保育園では、先生と園児が一緒に過ごす時間が多く、1人ひとりの個性もしっかり見ながら保育・指導してくれていたと思います。苦手なことがある子どもを見捨てることなく、根気強く付き合ってくれる、やさしい先生が多いですよね。

しかし小学校になると「学習指導要領」に沿ってカリキュラムをこなしていかなくてはならないので、授業についていけない生徒は、家庭や塾などで補習する必要がでてくるかもしれません。

自分から積極的に先生に質問するなどしない限り、先生と接する機会は少ないというのが実情です。そのかわりに、わからないことや悩みごとがあれば、友達に相談するという新たな解決法を見つけるかもしれません。小学生になると、子ども同士のつながりが深くなっていくでしょう。

準備物や持ち物が多い

小学生は教科書をはじめ、とにかく持ち物が多くなります。ランドセルが重たすぎて腰痛や肩こりに悩まされる小学生がいるという話題が、ニュースでたびたび報じられていますよね。

小学生の子どもを持つママの話を聞いてみると、教科書よりも、「ノート類」が多いといいます。たとえば国語の授業がある日は、教科書のほかに国語ノート、漢字練習帳、国語ドリルが必要という学校もあるようです。地域や学校の教育方針によって差はありますが、ママの小学生時代とはだいぶ状況が変わってきているようです。

教科書・ノート以外にも、学年によって算数セット、水彩セット、リコーダー、ピアニカ、裁縫セット、習字セットなど、幼稚園・保育所に比べて、持ち物はかなり多くなるでしょう。

時間の使い方が変わる

幼稚園や保育園では、「午前の遊び」「お昼ごはん」「午後の遊び」「運動の時間」「制作の時間」「おやつ」「お昼寝」といった具合に、大まかなタイムスケジュールがあるだけで、基本的には自由に動ける時間がほとんどだったと思います。

小学校では「時間割り」どおりに規則正しく行動することになります。授業時間は一コマ45分。午前中に4時間、午後に1時間または2時間の授業を受けます。授業と授業の間に10分程度の休み時間がありますが、短い時間でトイレをすませたり次の授業の準備をしたりするので、慣れるまでは大変かもしれません。

普段から規則正しい生活を心がけておくと、入学後の時間の使い方に柔軟に対応できるのではないでしょうか。

入学前から始めると安心な下準備

ひらがなやカタカナの読み書き

文字や数字の読み書きには個人差があるので、6歳くらいでもまだ上手に書けないという子どももいると思います。入学してから最初のうちはひらがなの練習から始まるので、書けなくてもあまり深刻になることはないでしょう。

しかし小学校は幼稚園とは違い、先生が1人ひとりに合わせて授業を進めてはくれません。一度ついていけなくなると、勉強自体が嫌いになってしまうこともあるので、入学前にある程度読み書きはできていた方が安心かもしれないですね。

入学前に気をつけて学習したいのは「正しい鉛筆の持ち方」「正しい書き順」です。最近では100円均一などでも練習テキストが売られています。最初が肝心なので、変なクセがつく前に家庭で教えておきたいですね。

勉強をする時間を作る

幼稚園や保育園で友だちとお手紙交換などをし始めると、自然と読み書きができるようになってくる子どももいると思います。中には勉強が好き、という子どももいますね。

小学校では「勉強」が中心の生活になります。スタートで出遅れてしまったり、勉強自体に苦手意識を持ってしまったりすると、学校生活が楽しめなくなってしまうかもしれません。もちろん勉強がすべてではありませんが、ある程度できているに越したことはないでしょう。

入学前に、読み書きと一桁どうしの足し算引き算は勉強しておいた方がよいかもしれません。短時間でも、毎日コツコツと続けることが大切です。子どもが自発的にやりだすというのは難しいと思うので、ママが勉強の時間を作ってあげるとよいですね。

椅子に座る習慣を作る

小学校の授業は一コマが45分。6歳児がじっと座っているにはとても長い時間ですね。幼稚園や保育園では、自由に遊んでいる時間の方が長かったと思うので、最初のうちは苦労する子どももいるでしょう。

「うちの子大丈夫かしら…」と不安なママもいると思います。家庭でできることは、「椅子に座る習慣を作る」ということです。勉強でなくてもよいので、お絵描きや折り紙や粘土遊びなど、子どもが好きなことを課題にして、毎日机に向かう時間を作りましょう。

最初はできなくても、徐々に座っていられる時間が長くなっていくと思います。小学校に入ってから、先生に「授業中座っていられなくて困っています」といわれないように、少しずつ慣らしていけるといいですね。

子どもが抱える不安や心配なこととは?

無意識のうちに不安定になっていることも

小学校入学を控えた年長の年明けころから、なんとなく子どもの様子がいつもと違ってきた、と感じるママが多くなるようです。子ども自身も気づかず、無意識のうちに不安定になっていることもあるので、ママは注意して様子を見る必要があるでしょう。

【子どもの変化】
・なんとなく元気がない
・ボーっとする時間が増えた
・怒りっぽくなる
・物にあたる
・グズグズいう
・急に甘えん坊になる
・いやな夢にうなされる
・おねしょが増える など

子どもが困った行動をとることで、ママもストレスを感じ、怒ったりイライラしたりしてしまうことは避けたいですね。不安な気持ちを受け止めて、安らげるような時間を作るように心がけてみてください。

言葉でうまく表現できない

子どもが抱える不安や心配ごととはどのようなものでしょうか。「仲のよいお友達と離れるのが悲しい」「知らない子と話せるか心配」「勉強についていけるか不安」など、原因はさまざまだと思います。

大人であれば、自分が抱える不安の原因をなんとなく理解することができますが、子どもにはとても難しいこと。漠然とした不安感を、言葉でうまく表現できないでしょう。

ストレスを抱え込んでしまったせいで、先ほど紹介したような「子どもの変化」が起きるといえます。はっきりと言葉で説明できなくても、子どもと向き合って過ごしていれば、どのあたりに不安の原因があるのか気付くことができるかもしれません。原因がわかれば、少しずつでも不安や心配を取り除くように対処していけるでしょう。

大人の言葉で不安になることがある

「小学校楽しみだね~」「もうすぐ一年生だね~」「もうお兄さん(お姉さん)だね!」など、一見ポジティブに思える大人の言葉で、子どもが不安になってしまうこともあります。

もともと小学校に対して不安を感じていたり、いいイメージがなかったりすると、「小学生になる」という事実を突きつけられること自体にストレスを感じてしまう子どももいるのです。

もちろん、小学生になることを心待ちにしている子どもも多くいると思います。大切なことは「子どもの様子をよく見て言葉をかけること」です。声をかけて顔色がくもるようであれば、あまり小学生になることを意識させすぎない方がよいでしょう。入学して新生活が始まれば、新しい友達もできて自然と不安が解消されるかもしれないですよ。

ママやパパが抱える不安なこととは?

キチンと登校できるの?

就学前までは、子どもが一人で外を歩くという機会はほとんどなかったと思います。最初こそ保護者の見守りや上級生の付添があるかもしれませんが、小学校に入学したとたん、親の目を離れて子どもひとりで登下校することになります。

まずは、幼児期から基本的な交通ルールを教えておくことが大切です。交通事故の心配だけでなく、子どもを狙った事件に巻き込まれないように、普段から知らない人に声をかけられたときの対処法なども話しておきたいですね。

また、入学前に親子で通学路を一緒に歩いてみることをおすすめします。中には学校までの距離がかなり遠いというご家庭もありますね。幼児期の移動は車や自転車が多かったと思うので、入学前に長距離を歩く練習をしておくと安心です。

友達はちゃんとできるの?

学区によっては同じ幼稚園や保育園のお友達もいるかもしれませんが、初めて出会う同級生もたくさんいると思います。人見知りだったり、恥ずかしがり屋さんだったりすると、最初のうちは少しどまどうこともあるでしょう。

パパ・ママとしては、友達がちゃんとできるのか不安もありますよね。しかし、小学生になると、放課後の遊びの約束も子ども自身でするなど、親の介入なしに友達関係ができてくる傾向にあります。

心配はつきものですが、あまり敏感になりすぎないようにしましょう。子どもに「お友達はできた?」「学校は楽しい?」などと過度に聞きすぎると、逆に子どものプレッシャーになってしまうかもしれません。子ども自身のペースで学校に慣れていけるよう、家庭でサポートしたいですね。

いじめにあったりしない?

小学生の時期は、程度の差はあれ、「ケンカ」や「仲間はずれ」など子ども同士のトラブルが、クラス内で起こることは避けられないかもしれません。ただし、些細なトラブルが、いじめにまで発展してしまっては困りますよね。

家庭の役割として大切なのは、子どもの変化に気づいてあげること。普段から幼稚園や習いごとなどであったことを話す習慣をつけておくといいですね。

あきらかに「いじめ」という事態でなくても、子どもが学校で嫌な思いをしているというのは、親としても心配です。何かあったときに、子どもが自分からパパやママに伝えることができるような環境をつくっておくとよいでしょう。クラスメイトのトラブルなども話してくれれば、親として子どもにアドバイスができるかもしれませんね。

入学の準備物はいつから揃えたらいいの?

入学説明会は年明けからが大半

小学校の入学説明会は、年明け1月下旬から2月にかけてが大半で、多くの場合平日の午後に設定されているようです。所要時間は説明会に1時間程度。その後、自由参加で学用品の販売や制服受け渡しなどに2時間程度かかるでしょう。

【入学説明会の内容】
・入学式について
・入学までに身に付けたい生活習慣
・入学してからの学校生活・ルール
・入学までに用意するもの
・PTA活動
・就学援助制度について
・銀行振り込み口座について など

説明会の時期は真冬なので、当日はスリッパや筆記用具を持参するほかに、防寒対策をしていくことをおすすめします。また、やむを得ず当日欠席する場合でも、後日書類を受け取りに行けば大丈夫でしょう。

入学説明会で必要リストが配布される

ママも子どもも小学校入学を心待ちにしているというご家庭も多いことでしょう。親子で入学準備をするのは楽しいものですよね。しかし、学用品は学校ごとに指定されることも多いので、入学説明会で配布される「準備品リスト」を確認するまでは、購入を待った方がよいかもしれません。

たとえば、筆記用具はキャラクターなどの絵柄がないものを指定する学校も多いようです。子どもが授業に集中できない、トラブルの原因になる、などの理由ですが、せっかく購入したのに学校に持っていけなかったとなると、もったいないですよね。

また、同じ市区町村でも、学校によって必要なものが異なる場合があります。説明会での話と、配布されるリストを確認したうえで入学準備を始めましょう。

兄弟がいる家庭からリサーチするのもよい

初めての入学準備は、いろいろ下調べをしていてもなにかと不安が多いですよね。子どもが通う小学校に、実際に兄や姉が通っているというママ友から話を聞くのが一番リアリティがあっておすすめです。

同じ市町村内でも、小学校によって雰囲気や指導方針などが微妙に違うこともあります。年代によって学校の方針が変わることもあるので、あまり年が離れているお兄さんお姉さんよりも、できるだけ年が近い子どもの方がより参考になるかもしれません。

「これは買っておいてよかった!」「これは不必要だった」「あれはお下がりや中古品で十分だよ」など、具体的な情報がえられるでしょう。運がよければ、お下がりを譲ってもらえるかもしれませんね。

入学準備には何を揃えたらいいの?

教科書はいつもらえるの?

毎日の授業に使う教科書は、入学式当日に支給されます。義務教育である小学校の教科書は、文部科学省から無償でもらえるものです。入学説明会のときに、入学式の持ち物として、教科書が入る丈夫で大きめな袋を指定される場合もあるでしょう。

新一年生の場合、最初にもらう教科書の量はあまり多くないようです。教科書の種類や数は学校によって異なりますが、授業が進むにつれて、ワークブックなどが徐々に増えたり、二学期以降に新たに教科書が配布されたりします。

教科書が揃うと、いよいよ小学生になるんだなと、ママも子どもも実感するかもしれませんね。大切なものなので、あらかじめどこにしまっておくか、教科書の収納場所を決めておくとよいでしょう。

文房具は何が必用なの?

多くのママが気になっている「家庭で準備する必要のある文房具」。物によっては学校で統一したものを購入することもありますが、一般的に家庭で購入するようにいわれている文房具類をあげてみます。

【家庭で準備する文房具】

  • 筆箱
  • 鉛筆
  • 消しゴム
  • 定規
  • クレパス(16色程度)
  • 色鉛筆(12色程度)
  • 油性マジック
  • はさみ
  • のり
  • セロテープ
  • 下敷き
  • 学習帳
  • お道具箱 など
先ほど紹介した「キャラクター禁止」や、クレパスの種類、お道具箱のサイズなど、学校から細かく指定される場合があります。詳しくは、学校から配布される「学用品リスト」を確認してから購入するようにしてください。

名札はあらかじめ準備するの?

学校で毎日付けることになる「名札」は、入学式当日に学校で配られるというところが多いようです。中には入学前に購入し、各家庭で名前を記入してから入学式に付けていくという学校もあります。

そして、入学準備の中でもママにとって一番大変な作業が、学用品の「名前付け」です。幼稚園や保育所入園のときにも経験していると思いますが、小学校入学の際も必要です。

学校によって書き方の指定が細かくあるようですが、基本的には「ひらがなの名前を大きな文字で、すべての持ち物に書く」ということになるでしょう。すべてを手書きするのはとても時間がかかるので、忙しいママはネットで注文できる「お名前シール」や「お名前スタンプ」などを活用することをおすすめします。

ランドセルは早めに準備した方がいい

入学1年前から予約の店舗もある

年長さんの4月になると、まわりのママさんたちの間で「ランドセルどうする?」という話題が増えてきますよね。ランドセル商戦は年々早まっています。購入は先だとしても、予約受付は入学の1年前から始まっているメーカーもあるようです。

とくに女の子向けのランドセルは色やデザインが豊富で、ママも子どもも目移りしてなかなか決まらないことも多いでしょう。テレビCMやインターネットでも商品を見ることができますが、まずは各メーカーに資料請求してみることをおすすめします。

最近では「生地サンプル」を同封してくれるメーカーも多く、実物をよりイメージしやすくなっています。資料の中には予約会や展示会の案内が入っていることもあるので、気に入った商品を見に行ってみるとよいですね。

人気の商品は売り切れの場合も

特に人気があるのは「工房系のメーカー」。皮の専門店や老舗では、完全手作りやセミオーダーメイドなど、手間がかかる商品も多く、販売数に限りがあるため早い時期に売り切れてしまう場合もあるようです。

工房系以外のメーカーでも、人気ブランドとのコラボ商品や、限定商品なども生産数が少なく、早々に売り切れてしまう可能性が高いでしょう。百貨店や大手スーパーなどのランドセル特設コーナーには、多くの商品が並んでいますが、本当に気に入っているものがあれば、できるだけ早めに予約しておいた方が安心です。

悩んでいるうちに欲しかったランドセルが買えなかった…ということがないように、9月・10月くらいまでには予約・購入しておきたいですね。

6年間使うので気に入ったものを!

ランドセルは入学準備品の中でも特に高価なもののひとつです。それでも6年間毎日使うものなので、できれば子どもが気に入ったものを買ってあげたいですよね。

価格やデザインのほかにも、
  • 子どもの体に合っているか(肩ベルト・背中部分のフィット感)
  • 軽さ
  • 大容量であるか(A4フラットファイルが入る、マチは12cm以上がよいといわれています)
  • 耐久性
  • 安全性(反射板や防犯ブザー用のフックがついているか)
  • 6年保証がついているか
などを確認するとよいでしょう。ママが「価格」と「機能性」を、子どもが「デザイン」を重視して選ぶと、親子で気に入ったものが見つかるかもしれません。実物をいろいろ背負ってみて、通学する姿をイメージしながら楽しく選べるといいですね。

子どもと一緒に楽しく向き合う時間を!

不安をあおる言葉をかけない

つい数年前までは、子どもが寝返りができて大喜びしたり、歩けるようになってたくさん褒めてあげたりしていたことでしょう。しかし成長とともにできることが増え、できないことにたいして焦りやストレスを感じてしまっているママも多いのではないでしょうか。

小学生になって子どもが落ちこぼれないように、学校生活で困らないようにと思うあまり、焦って不安をあおるような言葉をかけないように注意が必要です。「そんなんじゃ小学生になれないよ!」「このままだと小学校にいったら困るよ!」など、ついついいってしまいそうですが、大人が思う以上に子どもはプレッシャーに感じるかもしれません。

あまり小学校を意識しすぎず、自然な流れで入学に向けた準備ができるとよいですね。

子どもと一緒にいる時間を長くする

小学校に入学すると、子どもは精神的にも自立し始めます。ママは大変だった幼児期の育児を終えて、自分の時間が持てるようになってくるでしょう。反面、親離れしていく子どもを見て、寂しい気持ちにもなるかもしれません。

「幼い我が子と過ごす時間は今だけ」と思って、入学前に子どもと一緒にいる時間を長く持つことをおすすめします。一緒にいる時間が長ければ、子どもの様子もよくわかりますし、子ども自身も安心して過ごすことができるでしょう。

小学校では授業があるのでおやすみもしにくいと思います。入学前に思い切って遊園地や家族旅行に出かけておくのもよいかもしれません。パパ・ママにとっても、子どもにとっても、いい思い出になるのではないでしょうか。

幼稚園や保育園生活を最後まで楽しく

入学準備は時間もお金も労力もかかって、ママはほんとうに大変だと思います。しかし一番大切なことは、今日この瞬間、子どもが楽しく過ごせているか、ということなのではないでしょうか。

忙しさでや焦りでつい見逃してしまいがちですが、子どもが幼稚園や保育園での生活を楽しく過ごせる時間もあと少しなのです。今日園ではどんなことをしたのか、どんなことがあったのか、時間を作って子どもと会話してみてください。

子どもにとっても、年長さんは園内でお兄さんお姉さんとしてすごす大切な一年です。6歳のこの一年で、また新たに成長している部分も多いと思います。年長の間の嬉しいできごとや成長を、最後まで見逃さないようにしたいですね。

まとめ

小学校入学を目前にひかえて、親も子どもも期待感と不安感が入り混じる日々を過ごしている、という人は多いと思います。過ぎてみれば取るに足らないようなことでも、初めてのことに不安をいだくのは当然ですね。

子どもは親をよく見ていますので、まずはパパとママの不安を取り除いていきましょう。そして、幼児期の子どもと過ごす今日この一日を大切にしたいですね。家族みんなが笑顔で入学式を迎えることができるように願っています。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント