就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

遅生まれあるあるを見逃さないで!しっかり屋さんをサポートするコツ

遅生まれあるあるを見逃さないで!しっかり屋さんをサポートするコツ

遅生まれの子どもは、早生まれの子どもより身体的にも精神的にも成長が早いと思われがちですね。でも、子どもの発達には個人差があるため生まれに関係なくサポートが大切になりますよね。遅生まれあるあるを紹介しながら、子どもをサポートする心がまえやコツをお伝えします。

同じ学年なのに!遅生まれあるある3つ

4月生まれは誕生日をスルーされがち

4月は入園式や遠足など行事が多いため、幼稚園でお誕生日会はあっても特別感がなく残念ながらスルーされがちです。入園や進級で新しいメンバーになるので、はじめは名前すらわからないことも多いですよね。友達になった後で「誕生日はいつ?」と聞かれても、4月生まれは誕生日が過ぎてしまっているので残念な思いをすることが多いです。

遅生まれとは、4月2日~12月31日の誕生日のことです。1月1日~4月1日は早生まれと呼ばれます。そのため、幼稚園や学校では、4月2日~翌年の4月1日生まれまでの子どもが同じ学年になります。

幼稚園では、月ごとにお誕生日会がありますね。4月1日生まれの子は、3月の誕生日会と一緒にされることが多いので、遅くなり残念ですね。

早生まれの子ほど褒めてもらえない

幼稚園に入園しても早生まれの子は体が小さい場合が多いため、できることが増えると「早生まれなのに、すごいね~!」と褒めてもらえることが多いですね。しかし、遅生まれの子は同じことができても、あたり前のこととみなされ褒めてはもらえないことがほとんどです。

遅生まれの4月生まれの子と、早生まれの3月生まれの子では、生まれて約1年の差があります。4月生まれの子が1歳ごろにつたい歩きをはじめたころ、3月生まれの子はまだ新生児だと考えるとわかりやすいですね。

遅生まれの12月生まれと、早生まれの1月生まれでは、たったの1カ月しか差がありません。それにもかかわらず、1月の子だけ早生まれとして褒めてもらえるのは不思議なことですね。

同じクラスなのにお兄さんお姉さん扱い

幼稚園に入ると、遅生まれの子どもと早生まれの子どもとでは、先生からの声かけが違う場合がありますね。遅生まれの中でも、とくに4月、5月が誕生日の子どもは、個人差はあっても体が大きければ、クラスの中でも「お兄さん、お姉さん」として声をかけられることが多いでしょう。

早生まれの子どもより、4月、5月生まれのほうが約1年早く生まれてきていることは、成長がめまぐるしい幼児期には大きな差になります。お兄さん、お姉さんとして、クラスの中に体が小さい子がいれば、お世話を頼まれることもあるでしょう。

また、クラスのみんなからも頼られる存在になることが多いです。誕生日によってクラス内で子どもの立場が違ってくることがあるようです。

遅生まれの子どもにはこんなメリットが

体力があり体の成長が早いのでスポーツ向き

遅生まれの子どもは、離乳食や幼児食がはじまった時期も早いため、幼稚園に入園するころには体力がついている子が多いです。4月生まれの子どもが離乳食から栄養をとって1歳を迎えるころに、3月生まれの子どもが生まれてきて授乳を開始すると考えれば、体力に差があるのはあたり前のことのように思われますね。

そのため、体が大きい遅生まれの子どもは、地域の運動会や球技大会、スポーツの試合などがあれば出場機会が自然と増えてしまいます。そのため、早くから運動神経が発達しスポーツができるようになっていくといわれています。

でも、小学校の高学年ごろになると遅生まれや早生まれの差は徐々に少なくなってきますよ。本来の実力や努力で活躍する選手がでてくるでしょう。

飲み込みが早く皆を引っ張るリーダーに

遅生まれの子どもと早生まれの子どもでは、大きい場合は生まれてから約1年間の違いがありますね。幼稚園へ入園するときは、同じ学年でも3月生まれの子どもは3歳になったばかりです。それに対して4月2日以降に生まれた子どもは、まもなく4歳になるということです。

小さいころの1年は大きいので、遅生まれの子どものほうが、先生の言葉も早く理解できクラスを引っ張っていくリーダーになれることが多くなります。もちろん、3月生まれの子も徐々に遅生まれの子と同じことができるようにはなるのですが、3月生まれの子ができることが増えるころには、遅生まれの子はもう一つ進んだことができるようになってくるので差がついてくるというわけです。

チャレンジ精神旺盛で自分に自信が持てる

周りの友達より運動ができ、先生から頼りにされていると自分に自信がついてきますね。自信がつくと、新しいことにチャレンジしてみようとする意欲がわいてきます。そうすると、また先生から「やる気があっていいね!」とほめられるので、嬉しくなってがんばるというようになっていきます。

幼稚園に入ると、「背の順」に並ぶこともあるでしょう。そんなとき、体の大きい子はどうしても目立ってしまいます。周りの大人から「体が大きくていいわね」「体つきがしっかりしているわね」とほめられるだけでなく、「とても3歳には見えない!」や「もっと学年が上かと思った」などと声をかけられるので、自分はしっかりしていると感じ、さらに自信を持つようになるのです。

遅生まれの子どもをサポートするコツ3つ

ちょっとしたことでもたくさん褒めよう

遅生まれの子どもは、体も大きく理解力が早くから身についていることが多いので認められる一方、なんでも「できてあたり前」とも思われがちです。子どもの成長には個人差があり、遅生まれだからといって物事を簡単に覚えられるわけではありませんよね。

遅生まれといっても、4月生まれから12月生まれでは、9カ月もの差があります。さらに、しっかりしていると思われる4月や5月生まれでも、兄弟がいるかどうかによっても成長に差がでるものです。

子どもは生まれた時期に関係なく、できるようになったら「すごいね!」や「がんばったね!」と褒めてもらいたいものです。ちょっとしたことでもたくさん褒めていると、どんな子でも自信が持てるようになるはずです。

少し大きめの子とスポーツをやってみよう

遅生まれで体が大きい子どもは、ほかの子どもに比べて足も長いですよね。そのため走るのも速く、運動会のかけっこも差をつけて1番になることもあるでしょう。ドッジボールやサッカーをしても手や足が大きいため、同じ学年の子どもが相手にならないかもしれません。

同学年の中でかけっこがいつも1番なら、おもしろくないとも感じてしまうものです。なにをやっても簡単で、みんなよりできすぎるのも困ってしまいますね。そんなときは同学年ではなく、少し大きめの子とスポーツをやってみるのがよいでしょう。

自分より大きい子との競争なら、思いっきり運動できるものです。きっと、スポーツの楽しみを感じられ、よい刺激を受けることができるでしょう。

過剰に期待しすぎないようにしよう

幼稚園に入ると、学期ごとに先生との懇談がありますね。懇談は、幼稚園での子どもの様子を聞いたり、不安なことがあれば先生へ相談できたりする時間です。遅生まれで体つきもよく運動ができると、親も先生から褒められることがあると思います。

自分の子どもはもっとたくさんのことができるのではないか、将来はスポーツ選手になれるかもしれないといったことが頭をよぎるかもしれませんが、過剰に期待しすぎると子どもの負担が大きくなってしまいます。

ママの期待が重荷になると、子どもはのびのび育たないものです。遅生まれで、体が大きく大人びて見えるかもしれませんが、まだまだ小さい子どもなのです。将来の期待を子どもに言葉や態度で押しつけるのは控えましょう。

まとめ

遅生まれの子どもは、早生まれの子どもより身体的にも精神的にも早く成長していることが多く、一般的にしっかりしているといわれます。しかし、遅生まれでも個人差があり、一概に成長が早いとはいえないところもあるでしょう。

生まれた時期に関係なく、子どもができるようになったらほめることが大切です。もし、体が大きくて同学年が相手にならない場合は、少し大きめの子と運動させてみるのもよい刺激になるかもしれませんね。その子の様子を見ながらうまくサポートしていきましょう。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018