就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの悩みは母乳育児相談室へ!不安解消に相談室へ行ってみよう

ママの悩みは母乳育児相談室へ!不安解消に相談室へ行ってみよう

子育てをしていると毎日たくさんの悩みや疑問が出てきます。多くのママはインターネットで検索したり育児本を読んだりして解消しますよね。実はそんな悩めるママを助けてくれる、母乳育児相談室というところがあります。この記事では、母乳育児相談室はどんなところなのかご紹介します。

悩めるママに寄り添う母乳育児相談室とは

母乳や乳腺炎などおっぱい全般を相談できる

赤ちゃんが生まれて最初に多くのママが悩むのは、授乳についてではないでしょうか。生まれたばかりの赤ちゃんはまだ上手におっぱいやミルクを飲むことができないですし、ママもまだ授乳に慣れていません。

出産後、産院である程度の指導はしてもらえますが、退院した後は1人で赤ちゃんに向き合わなければなりません。こんなとき、母乳育児相談室では授乳中の赤ちゃんの抱き方や姿勢、混合育児の進め方を教えてもらうことができます。また、授乳中の悩みで多い乳腺炎についても診てもらえます。

初めての出産だと、どこに相談すればよいのか分からないことが多いですよね。母乳育児相談室ではママと赤ちゃんの状況に合わせたおっぱい全般の相談に乗ってもらうことができますよ。

離乳食やトイトレまで産後長く相談できる

母乳育児相談室と聞くと、授乳のことだけしか相談に乗ってもらえないように思いませんか?実は離乳食やトイトレなど、育児全般の悩みも相談できるところがあるのです。

離乳食講習では、大人のメニューから取り分けて離乳食を作る方法や離乳食の保存について学べます。赤ちゃんのうちから親しんでほしい出汁の取り方などを教えてもらうこともできますよ。

また、トイトレで苦労しないためにおむつなし育児の講座もあります。おむつなし育児は、0歳のときからタイミングを見ておまるで排泄することを覚えさせます。これによって、スムーズにおむつが外れるのです。

母乳育児相談室では、こういった離乳食やトイトレの悩みまで産後長く相談に乗ってもらうことができます。

1人1人に対応するため事前予約が必要

ほとんどの母乳育児相談室は、ひとりひとりの悩みに添って対応するために予約が必要です。相談室によって予約方法や診療時間、休診日が異なりますので事前にしっかりと確認をしましょう。

母乳育児相談室ではママと赤ちゃんのために時間を作って待っていてくれます。赤ちゃん連れだとなかなか時間どおりに動けないことも多いですが、予約の時間に余裕を持って到着できるとよいですね。

診察料は意外と高額になるので、あらかじめ電話やホームページで確認しておくことをおすすめします。カードが使えない場合もあるので気を付けましょう。また、母子手帳やタオルなどの持ち物が必要な場合があるので、忘れないようにしましょう。

最初は緊張すると思いますが、気軽に問い合わせてみるとよいですよ。

母乳育児相談室で相談や教えてくれることは

おっぱいをマッサージしてくれる

母乳育児をしていると、実にたくさんの悩みが出てきます。母乳量が足りていないのではないか、母乳が出すぎて辛い、しこりや張りが痛い、乳頭に傷ができた、赤ちゃんが上手に吸えない、卒乳・断乳したい、というように悩みもそれぞれ。

こういった悩みを解消する方法におっぱいマッサージがあります。色々なマッサージがありますが有名どころでは桶谷式がありますね。

マッサージをすることによって、乳房の血流がよくなります。母乳がスムーズに出るようになるので、様々なおっぱいトラブルに効果があります。

自己流のマッサージはかえって症状を悪化させてしまうことがあります。時間やお金はかかりますが、ぜひ母乳育児相談室で診てもらってくださいね。

授乳の仕方や哺乳瓶の使い方の指導

出産後の産院では常に看護師や助産師がいる状態ですが、その後自宅に戻りママと赤ちゃんが2人きりの時間のほうがはるかに長いですよね。

自宅に戻って色々と試していくうちに疑問も出てくることでしょう。自宅では看護師や助産師がいないので、そういったときにぜひ母乳相談室で相談してみてください。

育児本やインターネットにもたくさんの情報はありますが、ママと赤ちゃんの数だけ授乳の仕方もあります。そういったときには、自分たちの状況に合わせた指導をしてくれる母乳育児相談室のほうがよいですよ。

また、出産後すぐは母乳の出が安定しないことが多くあるので、哺乳瓶を使い搾乳したものやミルクを飲ませることもあります。そういったことも指導してもらえるので安心ですね。

ママ友の交流会を開くところも

妊娠中は体調のことや陣痛・出産についての不安が多くありますよね。そういったママを対象に、母乳育児相談室によっては、マタニティヨガや母親教室といった講座を行っています。妊娠中からママ友の輪を広げ、情報交換や気軽な会話を楽しむことができますよ。

また、産後は妊娠中とは違った育児の悩みがたくさん出てきます。赤ちゃんと一緒に参加できるサークルでは、赤ちゃんの計測やベビーマッサージなどでママの不安や緊張を取り除きます。

育児による肩こりや腰痛を緩和する産後ヨガは、赤ちゃんと一緒に参加できるものが多くあります。赤ちゃんと2人きりで煮詰まってしまったら、こういったものに参加しママ友や助産師との会話を楽しんでみるのもよいですね。

母乳育児相談室はどこにあるの?

全国で取り入れられている桶谷式母乳相談室

母乳育児で有名な桶谷式。出産経験のあるママなら、一度はその名前を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

桶谷式母乳育児とは、助産師の故桶谷そとみ氏が考案した独自の乳房マッサージと母乳育児のことです。ママが健康だと赤ちゃんも健康になるという「母子一体性の理論」を提唱し、母乳育児を支援しました。

彼女の意志を引き継いだ後継者たちが、桶谷式母乳育児推進協会を発足し、認定された助産院つまり桶谷式母乳相談室は全国に約330カ所あります。

桶谷式のマッサージの特徴は痛くないこと。そして、母乳がよく出るようになること。母乳が足りなくて訪れるママが多いですが、ママが楽しく母乳育児を行えるようにサポートしてくれますよ。

赤ちゃんを産んだ産科で設けていることも

出産をした病院によっては、母乳育児相談室や母乳外来を設けているところがあります。病院ならではの専門的な知識を持った助産師などが、アドバイスをくれます。

出産した病院からの支援は、赤ちゃんの1カ月健診を境に途切れてしまうことが普通です。ですが、産後のママにとっては、産後2、3カ月経ってから授乳の悩みが出てくることも多くあります。

そんなママたちを救うために、授乳や育児の相談に乗ったり、ベビーマッサージ教室を開き、ほかのママやパパと交流できる場を設けたりしています。

最近はインターネットの普及により、多様な情報に惑わされてしまいがちですよね。専門的な知識を持った病院に相談できると安心して子育てをしていくことができます。

気軽に相談できる自治体の保健センター

普段生活していく中で一番身近な自治体の保健センターにも、母乳育児相談室が設けられているところがあります。妊娠中から産後まで、助産師や保健師、管理栄養士による専門的な相談を受けることができますよ。

気軽に電話で相談に乗ってもらうこともできますし、直接相談に乗ってもらったり母乳マッサージを受けたりすることもできます。お住いの地域によって内容が異なりますので、ホームページや電話で確認してみてくださいね。

保健センターの母乳育児相談室の最大のメリットは、無料で受けられるところが多いこと。産前産後は何かと出費が多くなりがち。また、桶谷式や産科に設けられている相談室は高額になることが多いので、まずは保健センターを利用してみるとよいかもしれませんね。

まとめ

母乳育児相談室は、産後に直面する授乳や離乳食など育児全般の悩みの相談に乗ってもらえるところです。母乳マッサージや授乳方法の指導を行ったり、ほかのママとの交流の場を設けたりしています。

母乳育児相談室には、桶谷式をはじめ産科や自治体の保健センターに設けられていて、予約制のところが多いです。その分、1人1人に合ったアドバイスをしてもらうことができますよ。

子育て中はたくさんの悩みが出てくると思いますが、母乳育児相談室を上手に利用し子育てを楽しめるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018