就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

笑うことは赤ちゃんの成長に効果的!笑顔が増える環境作りのポイント

笑うことは赤ちゃんの成長に効果的!笑顔が増える環境作りのポイント

「あー」「うー」でも「キャッ、キャッ」でも、赤ちゃんの笑っている様子を見るとパパやママはうれしくなるものです。赤ちゃんにずっと笑顔でいてもらえるように、赤ちゃんが笑う理由、笑うことのよい効果、よく笑う赤ちゃんを育てるポイントなどを調べました。笑顔いっぱいの家庭を作って、楽しい育児を目指しましょう。

月齢別、赤ちゃんが笑う理由を知ろう

生後すぐの無意識の笑顔は身を守るため

人間には感情があり、うれしいときや楽しいときに笑います。生後すぐの赤ちゃんは目も見えず、何もわからないはずなのに、かわいい笑顔を見せてくれることがありますね。

これは新生児微笑といって、人間特有の本能からくる微笑みで、笑うことでパパやママの注意や関心を集めようとしています。生後すぐの赤ちゃんの本能には、笑顔でいると周りの人が優しく愛情を注いでくれるということが刻まれているのです。

赤ちゃんはパパやママの手助けがないと生きていけません。そこで、自分の身を守り、手助けをしてもらうために笑うのです。

パパやママも赤ちゃんの笑顔を見ると手助けやお世話をしてしまいますね。これも、パパやママもDNAに組み込まれていることのようですよ。

3カ月頃からはパパママの笑顔を真似する

パパやママに反応して、赤ちゃんが笑う様子はとても癒されますね。かわいくて、何度も同じ行動を繰り返してしまうパパやママの気持ちはよくわかります。

赤ちゃんが3カ月頃になると、自発的に笑う「社会的微笑」があらわれます。パパやママの笑顔を真似したり、パパやママを見たり、声を聞いたりしたら、笑顔になることが多くなりますよ。

赤ちゃんに笑顔でたくさん話しかけるようにすると、赤ちゃんは刺激をたくさん受け、だんだん、声を出して笑うようになってきます。

社会的微笑の始まる時期は個人差があります。赤ちゃんの性格や発達度合いにもよりますので、心配せずに見守ってくださいね。パパやママが毎日笑顔でいることが、赤ちゃんの笑顔を引き出すポイントですよ。

早くて5カ月頃にはあやすと声を出して笑う

赤ちゃんの「キャッ!キャッ!」「ケラケラ、ケラケラ」と笑う声は何ともかわいいものですよね。生後5~6カ月になると、声を出して笑う赤ちゃんが多くなってきます。

そして、感情が豊かになってくる生後6~7カ月には、あやすと声を出して笑うことが増えてきます。スマホやテレビを見せて笑わせようとするパパやママも多いですが、パパやママとの触れ合いの中で、工夫して刺激を与えるとよいですね。

あやす声のトーンを変えてみたり、こちょこちょとくすぐってみたり、赤ちゃんが笑うツボが見つかれば、夜泣きや外でぐずっても、対応がしやすくなりますよ。赤ちゃんが笑うことが多いのは、くすぐる、オーバーアクションで「いないいないばあっ」をするなどです。試してみてくださいね。

笑うことは赤ちゃん自身によい効果がある!

たくさん笑うことでどんどん脳が発達する

赤ちゃんの脳は、シナプスという神経細胞のつなぎ目がどんどん増えていくことで、発達します。0~3歳は、体を動かし、たくさんコミュニケーションをとり、よく眠ることで、シナプスが爆発的に増えます。

また、赤ちゃんが笑うことでシナプスが増え、知能の発達がよくなっていくといわれています。赤ちゃんがおしゃべりを始める前は、なぜかよく笑っていたな~と感じていたパパやママは少なくないはずです。

笑うことで、脳が発達し、さらに高度なコミュニケーションである「話す」ことへと発達の段階が進んだといえますね。シナプスを増やすには、笑うことのほかに、旅行に行ったり、大好きな遊園地に行ったりして好奇心を満たしてあげるとよいようです。

免疫力や自己治癒力が上がり身体が強くなる

笑いはがんの予防に効果的だと聞いたことがあるパパやママはいるでしょう。そのほか、記憶力や筋力アップなど、笑いの効果はいろいろな分野で立証されています。

笑うことで免疫力がアップし、風邪や病気になりにくい身体をつくることも証明されています。笑うと、身体に悪影響を及ぼす物質を退治しているNK細胞を活性化することができます。

NK細胞が活発に働いていれば、感染症などにかかりにくくなり、免疫力がアップします。また、笑うことでストレスが軽減され、自然治癒力が高まるともいわれていますね。

ある病院では自然治癒力をアップさせるために、看護師や職員に笑いが取れる話術の指導をしたそうですよ。病院が明るいと病気も自然と治ってしまうように思えますね。

ストレス耐性がつきポジティブな子になる

赤ちゃんのうちからよく笑っていた子どもは、嫌なことや辛いことがあっても立ち直りが早く、あまり深刻にならずに乗り越えられる傾向があるようです。ストレスをあまりストレスと思わず、ポジティブに過ごしていける子どもに成長するようですよ。

ストレス耐性をつけておくと、ストレスの影響を受けにくくなるだけでなく、将来、自分からいろいろなことに挑戦していけるようになります。赤ちゃんのころに笑顔あふれる家庭で育ち、子どもは何があっても大丈夫!という気持ちになっていることがポイントですね。

パパやママもストレスに押しつぶされてしまいそうなときもありますよね。でも、そんなときこそ、笑顔!かわいい赤ちゃんの笑顔を思い浮かべて乗り切りましょう。

よく笑う赤ちゃんを育てるためのポイント

毎日一緒にいるパパやママがいつも笑顔で

まだ言葉もよく話せないのに、赤ちゃんにパパやママの仕草や話し方をマネされて、ドキッ!としたことはありませんか?赤ちゃんはパパやママのすることをよく見ていますね。そして上手にマネをします。

ですので、とにかくパパやママもいつも明るく、笑顔を心がけましょう。そうすれば、明るく笑顔のかわいい子どもに育ちますよ。

たとえ、反応があまりない新生児でも、パパやママに話しかけられ、笑いかけられることで、大切に思われていることは認識できます。パパやママの表情があまり見えなくても、雰囲気やパパやママの体温などで、分かることは多いはずですね。

パパやママは赤ちゃんが笑顔に触れる機会をたくさん作ってあげて下さいね。

赤ちゃんとのスキンシップや声かけを大切に

まだ反応があまりない赤ちゃんに話しかけるなんて、ひとりごとを話しているみたいで嫌だな…などと思わずに、新生児期から積極的に話しかけることをおすすめします。どんなことでもよいので、とにかく話しかけましょう。

「トイレに行くから待っていてね」でも大丈夫です。赤ちゃんが話すようになるのは、もうちょっと先ですが、パパやママの言葉や話し方は、赤ちゃんの脳にきちんとインプットされていきますよ。

パパやママが楽しんで赤ちゃんに声かけをしていれば、赤ちゃんも話すことは楽しいことと思うはずです。その際には、頬に触れてみたり、頭をなでたりと、スキンシップをするとよいですね。

赤ちゃんは愛されていると実感し、幸せな気持ちで成長できます。

赤ちゃんのささやかな行動にも大げさに反応

赤ちゃんは成長してくると、パパやママに向けて何かを発信するようになってきます。お話が上手ではなくても、一生懸命「あー」「うー」といった喃語(なんご)を発していたら、パパやママは大げさに反応してみましょう。

喃語を発したことで、パパやママが話しかけてくれたり、喜んでくれたりするのを見て、話すことでみんなが笑ってくれる、話してくれるという意識が芽生えるでしょう。また、喃語だけでなく、体をゆすったり、足をバタバタしたりといったささやかな行動にも、大げさに反応してください。

ささやかな行動にも、パパやママが大げさに反応してくれると、その反応がうれしくなり、少しずつ赤ちゃんがパパやママの反応を待ってくれるようになりますよ。

まとめ

赤ちゃんは生後すぐから笑います。月齢や発達段階によって、笑う意味は少しずつ違いますが、パパやママと一緒にいることができてうれしい、楽しいという気持ちを持っていることには違いありませんね。

笑顔には、赤ちゃんの体や心を強く成長させる効果があります。仕事や育児、家事と毎日ストレスがたまってしまうことも少なくないですが、パパやママもつねに笑顔を心がけて下さいね。作り笑いでも大丈夫です。

笑顔いっぱいの家庭で育った赤ちゃんは、将来、たくさんの人に笑顔を与えられる人になりますよ。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018