就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもと岩盤浴を楽しもう!得られる効果や正しい入り方を知ろう

子どもと岩盤浴を楽しもう!得られる効果や正しい入り方を知ろう

温泉施設で「岩盤浴」という言葉を耳にしたことはありませんか。岩盤浴にはさまざまな効果があり、温泉施設によっては子どもと一緒に楽しむことができます。そこで岩盤浴に入るときの準備やより効果的な入り方、子どもと一緒に入るときの注意点など、詳しく紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

岩盤浴の効果や事前準備について知ろう

天然の鉱石を温めて汗をかく健康法

岩盤浴とは、室温が40度から60度くらいに設定された部屋の中で、天然鉱石の上に横になって入水せずに体を温める温浴方法の一つです。

岩盤浴で使用されている天然鉱石には、さまざまな種類のミネラルが豊富に含まれており、天然鉱石から遠赤外線やマイナスイオンが放射されます。そのため、心身ともにリラックスして癒しの効果が期待できるほか、冷え性の改善や免疫力の向上につながります。

また岩盤浴は天然鉱石に熱を加えて温めているため、その上で横になると体の芯から温まることができます。発汗作用も促されるので新陳代謝が上がり、ダイエット効果や美肌効果、デトックス効果などあらゆる効果が得られることから、特に女性の間で人気があります。

代謝アップでダイエットやデトックス効果も

岩盤浴に通う理由として、ダイエット効果を求めているママも多いのではないでしょうか。岩盤浴では体の中心部が温められることにより、大量の汗をかいたり、血液の循環がよくなったりします。すると体内の代謝機能が高まり、基礎代謝がアップします。

大量に汗をかくと、体内の老廃物が汗とともに体外に排出されるため、デトックス効果が期待できます。また、むくみの解消にもなりますし、皮脂腺の分泌機能を高めることで、体内の浄化にもつながります。

さらに、基礎代謝がアップすると、体内の脂肪が燃焼しやすくなり、自然と体が痩せやすい体質へと変化していきます。そのため岩盤浴は単発的ではなく、長期にわたり続けていくことがおすすめです。

岩盤浴中の衣類や入り方について知ろう

はじめての岩盤浴。何を準備してどのように入ればよいのか悩みますよね。岩盤浴のある施設では、入るときの衣類や寝るところに敷く大判のバスタオルを貸してくれるところが多いため、自分で準備するものはフェイスタオルや飲み物だけでよいでしょう。

しかし、岩盤浴中の衣類を持参しなければいけない場合は、吸水性に優れ寝転んでも着崩れしないものを選ぶことをおすすめします。また下着は着用せずに入るのが一般的ですが、どうしても着用したい場合は替えの下着を忘れずに持参しましょう。

岩盤浴の基本的な入り方は、天然鉱石の上に大判のバスタオルなどを敷いて、その上に横になります。すると全身から大量の汗が出てきます。岩盤浴中の水分補給は忘れずに行ってくださいね。

より効果的に岩盤浴に入るためのポイント

岩盤浴に入る前に入浴して汗腺を広げよう

人はそれぞれ体質が違うため、汗をかきやすいタイプの方がいれば、そうでないタイプの方もいます。岩盤浴でたくさん汗をかくためには、事前に湯船に浸かったりシャワーで体を温めたりすることが重要なポイントです。

このような方法で汗腺を広げると、大量の汗をかくことができるほか、回数を重ねるうちに汗腺が鍛えられ、新陳代謝が活発になります。また、体内の老廃物が外に排出されやすくなることから、美容への効果も期待できるでしょう。

そもそも汗は汗腺と皮脂腺の2カ所から出ていて、一般的に出るベタベタした汗は汗腺から出ています。皮脂腺から出る汗はサラサラしていて、肌がしっとりすることから、天然の保湿剤とも呼ばれています。

水分補給はこまめにして汗を出そう

岩盤浴で水分補給をする際、どのような飲み物が適しているかご存知ですか。岩盤浴では大量に汗をかくため、ミネラルウォーターや塩分を含んだスポーツドリンクがおすすめです。

このとき、お茶やコーヒーなどの利尿作用がある飲み物は、体内の水分を体外に排出しやすく、脱水症状の原因になるので気をつけましょう。

また水分補給の方法として、一気に飲むのではなく、こまめに少量ずつ飲むことが大切です。摂取する水分量は、だいたい500〜1,000mlを目安に飲み過ぎにも注意してくださいね。

岩盤浴中に水分補給を行う理由には、脱水症状を防ぐほか、汗をかきやすくして体内の毒素排出を促す効果があります。そのため、水分補給は正しく行うようにしましょう。

一度に長く入るより何回かに分けて入ろう

より効果的に岩盤浴に入る方法として、5~10分程度入ったら5分程度の休憩をとる、という行程を数回にわたって繰り返し行うのがポイントです。

岩盤浴はサウナと比べて、室温が低いことから長時間入ることもできますが、そうすると体に負担を与えてしまうので、控えた方がよいでしょう。特に岩盤浴初心者のママは、最初からハードな入浴サイクルにせず、少しずつ体を慣らしていくことがおすすめです。

そして慣れてきたら、うつ伏せや仰向け、横向きになるなど体勢を変えながら岩盤浴を楽しむことができます。また深い呼吸を意識すると、リラックス効果が高まり心身ともに癒されるでしょう。

岩盤浴では、自分の体調に合わせて無理をしないよう気をつけてくださいね。
30 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND