就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

秋生まれの赤ちゃんに必要なものは?準備しておきたい衣類と注意点

秋生まれの赤ちゃんに必要なものは?準備しておきたい衣類と注意点

秋に生まれた赤ちゃんは、秋に新生児の時期を過ごし冬に向けて大きくなります。赤ちゃんの成長は早いので、それに合わせた衣類の準備などが必要です。今回は、秋生まれの赤ちゃんが元気に成長するため、準備してほしい衣類やグッズ、またその着せ方や使い方などについてご紹介します。

秋生まれの赤ちゃんに準備したい「肌着」

赤ちゃんに肌着が必要な理由は?

赤ちゃんは生まれるまで、お腹の中で羊水に守られて育ちます。そのため生まれてすぐの赤ちゃんの肌は、外部の刺激にとても弱いのです。

肌着を着る目的の一つは、外部の刺激から赤ちゃんの肌を守ることです。刺激が少なく、天然素材のコットンでできたものが多く、縫い目が外側にあるなど、工夫がされています。

外部からの刺激のほかに、肌着は赤ちゃんの汗からも肌を守ります。赤ちゃんは平熱が37℃と高い上、汗腺が大人と同じ数だけあるので、とても汗っかきなのです。

汗をかいたままにするとあせもができて、そのままケアをしないと湿疹が広がってしまいます。予防のために、肌着は水分をよく吸収する素材を使用し、汗をかいたら着せ変えましょう。

肌着の種類や揃えておきたい枚数について

秋生まれの赤ちゃんは、新生児の時期を秋から冬にかけて過ごします。だんだん寒くなる季節、新生児の赤ちゃんに着せたい肌着が、短肌着と長肌着とコンビ肌着の組み合わせです。

生まれてすぐは足をあまり動かせないため、足元が開いている短肌着、長肌着を着用します。おむつ替えも楽です。

また体が大きくなる時期なので、紐で前を留めてサイズ調整ができる短肌着や長肌気が便利です。暖かい日には短肌着、寒い日には長肌着を着せます。必要な枚数は短肌着が3~5枚、長肌着が1~2枚が目安です。

足をよく動かすようになったら、前開きのスナップボタンで足元をズボンのように留められるコンビ肌着がおすすめです。3~4枚用意し、寒い日には内側に短肌着を着せるようにしましょう。

秋にぴったりな肌着の素材を知ろう

デリケートな赤ちゃんの肌に直接触れる肌着は、天然素材のコットン製品が適しています。ただ一口にコットン製品といっても、織り方によって色々な生地の種類があり、それぞれ肌触りが違います。

肌着におすすめなのが、ふんわりと柔らかい織り方の生地です。例えば「フライス」や「ニットガーゼ」です。伸縮性や通気性、保温性が優れているので、寒暖差のある秋に生まれた赤ちゃんにぴったりですよ。

表示を見て「スライス」や「ニットガーゼ」と表示された肌着を探せばよいのですが、実は同じ織り方でもメーカーやブランドによって肌触りが違います。購入するときはパパやママが実際にサンプルに触って、赤ちゃんに着せたい優しい肌触りの肌着を選ぶようにしましょう。

ママのお悩み・子育ての疑問について動画で楽しく解説♪

PR

親子教室ベビーパーク公式YouTubeチャンネル「べビパちゃんねる」を開設しました♪ 毎日の子育てに役立つ情報やお悩み・疑問について楽しく解説しています。かわいいベビぱっ子の「ほっこり動画」もお見逃しなく!

揃えておきたい「ウエア」や「小物」

ウエアの種類や揃えておきたい枚数は?

肌着の上に着用するウエアにも、いくつか種類があります。秋に生まれる赤ちゃんのために用意したいウエアの一つがカバーオールです。

つなぎタイプのウエアで、前開きのスナップボタンで簡単に留められようになっています。足元は留め方によって、あまり足を動かさない新生児のときにはスカート型、足を動かすようになったらズボン型にできますよ。

生まれてから1歳ごろまで、長い期間使用することができます。3~4枚を目安に揃えてくださいね。

ベビードレスも必要に応じて用意しましょう。股下が開いているデザインで、はだけやすいので新生児のときに着用します。お宮参りなど特別なときに使われ、用途が限られているので1枚あれば十分です。

紫外線や冷えから赤ちゃんを守る帽子

近年では秋でも日差しの強い日が多いですね。新生児の赤ちゃんが外出することは少ないですが、もし出かけることがあれば帽子をかぶせて、紫外線から守るようにましょう。

帽子は紫外線だけでなく、赤ちゃんを寒さから守る効果もあります。髪の毛が少なかったり細くて薄かったりするため、赤ちゃんの頭は冷たい外気にさらされると、体まで冷えてしまうのです。

気温が下がる夕方など、寒いときにはニット帽などをかぶせて赤ちゃんの体を冷やさないようにしましょう。

帽子を購入するときには、赤ちゃんの頭に合ったサイズを選んでくださいね。大まかな目安は以下のとおりです。

・生後0~3カ月 32~40cm
・生後1~4カ月 35~43cm
・生後3~8カ月 約46cm

秋の寒暖差対策に必要なものを準備しよう

秋は寒暖差が激しいので、脱いだり着たりできる「ウエア」や「小物」で体温調節します。「ウエア」は、ベストやカーディガンなどを準備しましょう。

ベストは袖がないため着脱が簡単で、暖かい日や室内で過ごすときに向いています。時々、赤ちゃんの背中に触れて、暑くて汗をかいていないか確認しましょう。

足元が寒そうなときはレッグウォーマーで体温を調節するとよいですよ。レッグウォーマーは靴下と合わせてさらに温かくできますし、腕にも使うことができます。

ベビーカーやチャイルドシートに赤ちゃんを乗せたときには、防寒具としてさっと取り出して掛けられるブランケットが便利です。ブランケットはズレやすいので、クリップを使って留めておくと固定できます。
36 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版