就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

冬の乾燥から赤ちゃんを守りたい!冬の乾燥対策と気づかいポイント

冬の乾燥から赤ちゃんを守りたい!冬の乾燥対策と気づかいポイント

これから冬本番!空気が乾燥する季節は、赤ちゃんのお肌も乾燥しがちです。お部屋を暖めるための暖房も、乾燥の原因の一つになります。赤ちゃんを冬の乾燥から守りたい!そんなママのために、ここでは冬の乾燥対策をご紹介いたします。冬の乾燥と上手に付き合っていきましょう。

冬の乾燥の原因と乾燥による影響とは

冬は空気中の水分が減り乾燥しやすい季節

冬になるとお肌がかさかさする、中にはのどが痛くなったりせきが出たりするママはいませんか?それは乾燥が原因でおこる症状です。

ではなぜ冬は乾燥するのでしょうか?これには二つの理由があります。

一つ目は空気中の水分の量が関係します。空気の中には、目には見えませんがたくさんの水分が含まれています。この水分は気温によって変化します。夏の高い気温のときは水分が多くなり、冬の低い気温のときは水分が少なくなります。

二つ目はシベリアで発生する季節風の影響です。この風は日本海側に大量の雪を降らせ、水分を失った状態のまま、太平洋側にやってきます。ですので冬の風は冷たく、乾燥しています。確かに冬の空気はカラッとしていますよね。

エアコンの暖房で部屋の空気が乾燥する

冬は朝から寒くて、エアコンの暖房を一日中つけっぱなしのママも多いのではないでしょうか。寒いと赤ちゃんがかぜをひてしまうから…と暖房をずっとつけていると、お部屋の空気はとても乾燥してしまいます。

では、なぜエアコンの暖房で空気が乾燥してしまうのでしょうか?実はお部屋の水分が蒸発して減ったりしているわけではないのです。

暖房による乾燥の原因は、先ほど紹介した「気温と空気中に含まれる水分の量の関係」によるものだったのです。冬は気温が低いので、空気中の水分量が少なくなっています。その状態で暖房するので、さらに室内が乾燥してしまうのです。暖房の風を体に直接当てるとますます乾燥してしまうので気をつけましょう。

冬の乾燥は肌荒れや体の不調の原因になる

冬になると肌荒れがおこりやすくなります。さらに、風邪をひきやすくなるなどの体の不調も生じます。これは冬の乾燥が原因の場合が多く、ママたちの悩みの一つです。

皮膚から分泌される汗や皮脂などは、お肌に潤いをあたえて乾燥から守ってくれていますが、冬はこれらの分泌が少なくなります。冬の乾燥した空気は、追い打ちをかけるようにお肌の水分を蒸発させ、潤いを奪います。これが肌荒れがおこる原因です。

また、空気が乾燥していると、風邪のウイルスが繁殖しやすくなります。風邪のウイルスは、通常水分と混ざり合って重くなっていますが、冬は空気が乾燥しているので水分が減り、軽くなって空気中を漂います。そのためウイルスを吸い込みやすくなり、風邪をひくことが多くなってしまうのです。

冬の乾燥から赤ちゃんを守る対策方法とは

温湿度計を用意し部屋の環境を整える

赤ちゃんは、自分で上手に体温調節することがまだできません。お部屋の温度や湿度を上手に調節して、赤ちゃんにとって快適な環境を作りましょう。

まずは温湿度計を用意しましょう。最近では100円均一ショップなどでも販売しています。この温湿度計を使って、赤ちゃんが快適に過ごせる気温と湿度に調整しましょう。

お部屋の適温は20〜22℃、湿度は40〜60%が目安です。暖房の風が直接赤ちゃんに当たらないようにすることも大切です。少し寒いかなと感じたら肌着を一枚足したり、汗をかいていたら一枚脱がせたりして調節してあげてくださいね。

お部屋の温度だけを上げてしまうと乾燥してしまいます。室温と湿度のバランスを考えましょう。

加湿器を活用し部屋の湿度を40%以上に

温湿度計を使って、お部屋の湿度を40%以上になるように調節することが大切ですが、なぜだと思いますか?実は40%という数値には意味があります。風邪やインフルエンザのウイルスが繁殖しづらい湿度が40~50%といわれているのです。

そこで、ぜひとも活用したいのが加湿器です。ウイルスの繁殖を防ぐために、加湿器を使ってお部屋の湿度を40%以上に保ちましょう。乾燥を防ぎ、赤ちゃんをウィルスなどから守ることができますよ。

加湿器を選ぶ場合は、衛生面が優れているスチーム式加湿器や、安全性の高いハイブリッド式加湿器がおすすめです。

加湿器を使ってお部屋を快適な湿度に調節し、デリケートな赤ちゃんのお肌を乾燥から守ってあげましょう。

空気を乾燥させにくい暖房器具を選ぶ方法も

エアコンで暖房をするときは、空気の乾燥を防ぐために加湿器の併用が必要になります。でも、加湿器を買うのはお金がかかるし…と悩んでいるママも多いのではないでしょうか。

そこでおすすめなのが、空気を乾燥させにくい暖房器具です。電気系の暖房器具は空気が比較的乾燥しにくいので、赤ちゃんがいる家庭では使いやすくておすすめです。

・オイルヒーター
・電気ストーブ
・ガスストーブ
・ガスファンヒーター
・遠赤外線パネルヒーター

これらの中でも、ママたちの間で最近話題になっているのがオイルヒーターです。オイルヒーターはゆっくりと本体が温まり、お部屋全体を温めることができます。本体は触っても熱くないので安全面でも問題は少ないでしょう。

冬の乾燥が原因の肌荒れや体の不調への対策

保湿クリームを使い肌をしっかり保湿する

赤ちゃんのお肌はとってもデリケートです。その皮膚は、大人の半分の厚さしかありません。しっかりと保湿をして、冬の乾燥から守ってあげましょう。

「保湿するって何?」と疑問を持つママもいるかと思います。実は、赤ちゃんは生まれてからすぐに保湿対策をすることが大切なのです。赤ちゃんのお肌を毎日しっかり保湿してあげると、アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患の発症を予防する効果があるといわれます。顔や体はかさかさしていないけど、頭皮がかさついているという赤ちゃんは頭皮もしっかり保湿することが大事です。

赤ちゃん用のローションやクリームなどの保湿剤はドラッグストアなどで販売しています。全身にたっぷりと塗ってあげましょう。

お風呂はぬるめのお湯でさっと済ませる

赤ちゃんとのお風呂タイムは、とっても楽しくてついつい長くなってしまう…というママもいるのではないでしょうか?ですが、赤ちゃんにとって長めのお風呂は余計にお肌が乾燥してしまいます。冬のお風呂はさっと済ませるようにしたいですね。

冬のお風呂の入り方は四つのポイントがあります。

・お湯の温度は38℃くらいの少しぬるめのお湯
・ママの手で優しく洗う
・泡はしっかりと落とす
・湯船にはさっと浸かって出る

全身をごしごしこすって洗うと、赤ちゃんの皮脂を取りすぎてしまい、乾燥の原因にもなるので注意しましょう。

お風呂上がりは、やわらかいタオルでしっかりと体を拭いて、たっぷりと保湿剤を塗ってくださいね。

のどの乾燥を防ぐためこまめに水分補給を

冬になるとあまりのどが渇かなくて、ついつい水分補給を忘れてしまいますよね。ですが、赤ちゃんはとても暑がりで汗っかきです。ママののどが渇いていなくても、赤ちゃんののどはカラカラかもしれません。こまめに水分補給してあげましょう。風邪やウイルスの侵入を防ぐためにも、水分補給でのどを乾燥から守りましょう。

水分補給のタイミングとしては

・お出かけした後
・お昼寝から起きた後
・暖房をつけているお部屋で過ごしているとき
・ギャン泣きの後
・お風呂あがり

などを目安にしてはいかがでしょうか。

ママのおっぱいや粉ミルク、赤ちゃん用に薄めた麦茶や、ぬるめのお湯を飲ませるといいですよ。哺乳瓶であげたり、スポイトや小さなスプーンで飲ませましょう。

まとめ

赤ちゃんのお肌はすべすべで、いつまでも触っていたくなりますよね。そんなお肌がかさかさしたり、ぶつぶつしたり、赤くなったりしたら…。冬の乾燥はママだけでなく、赤ちゃんにとっても油断大敵です。冬はしっかりと乾燥対策してあげるとお肌の調子もよいですし、風邪やインフルエンザにもかかりづらくなります。

寒い冬も元気に健康でいたいですよね。小さな我が子と毎日楽しく過ごすために、ママができる乾燥対策を実践してみてくださいね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018