就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

育児中ママが喜ぶパパにして欲しいことは?ポイントやプレゼント紹介

育児中ママが喜ぶパパにして欲しいことは?ポイントやプレゼント紹介

ママたちが喜ぶプレゼントの3例

心と体を癒すプレゼント

日ごろ頑張ってくれているママに、プレゼントをして喜んでもらいたいけど、何をプレゼントすれば喜んでもらえるのか悩んでいるパパも多いのではないでしょうか。心も体も疲れているママには癒しアイテムをプレゼントすると喜ばれますよ。

例えば、お風呂のリラックスタイムにバスソルトはいかがでしょうか。天然ミネラルが豊富に含まれていて、体の芯から温まり、血行促進、発汗、保湿作用に効果的です。心身ともに癒されるでしょう。

また、お風呂上がりのバスミルクもよいですよ。米ぬか、シアバター、オリーブなどのオイルを主成分としているものなど、産後で乾燥の気になるママにもおすすめです。また、アロマの香りで心地よい気分にさせてくれます。

幸せなひとときを感じられるスイーツ

甘いもの好きなママなら、おいしいスイーツをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。育児や家事で疲れているママに、少しの休憩中に食べられるスイーツで幸せなひとときを感じてもらいましょう。

見た目や味にこだわった最高級な生チョコレートのエクレアや、小さくてふっくらとした可愛いシルエットのマカロン、素材の味を生かして作られた焼菓子など、ちょっとした贅沢気分を味わうことができますよ。

いつものコンビニのスイーツもよいですが、たまにはデパ地下やお取り寄せなどして、少し贅沢なスイーツを選ぶのがおすすめです。一緒にハーブティーをプレゼントするのもよいですね。

やさしい甘みがママの疲れを吹き飛ばしてくれますよ。

見た目と香りで癒されるお花

ガラスの瓶にドライフラワーやプリザーブドフラワーを閉じ込め、おしゃれなインテリアとして人気を集めている「ハーバリウム」をご存知でしょうか。それがさらに進化し、香りも楽しむことができる「ハーバリウムディフューザー」も多くの女性から注目されています。おしゃれなプレゼントにきっとママも喜ぶことでしょう。

また、ドライフラワーのスワッグも素敵です。お部屋につるしてそのまま飾れますし、水やりも必要ないので、育児に家事に忙しいママには嬉しいですね。一気にお部屋がおしゃれになりますし、インテリア好きなママの気分も上がるでしょう。

もちろん、お花好きなママには生花の花束も喜ばれますよ。毎月違った花をプレゼントするのもおすすめです。

パパへ家事育児の分担をお願いする方法

愚痴を言うのではなく要点を絞って話す

パパが積極的に家事育児をしてくれたり、ママが喜ぶことをしてくれたりすればよいのですが、残念ながらそうではない家庭も多いですよね。思い切ってママの方からパパにお願いしてみましょう。

ママが忙しくしているときにパパがソファでくつろいでいたり、スマホでゲームをしていたりするとお願いをする前に愚痴を言いたくなるかもしれません。しかし「私は忙しいのにいつもゴロゴロして」というように愚痴から始めてしまうと、パパは耳を傾けてくれない可能性があります。

お願いするときは愚痴を言うのではなく、「お皿を洗ってくれる?」「子どもをお風呂に入れてくれると助かる」というように要点を絞って具体的にお願いするようにしましょう。

パパが慣れていないことは余裕があるときに

家事や育児に慣れているママは、家の中のことを要領よくこなすのが得意ですよね。

しかし家事や育児に慣れていないパパに、「子どもの哺乳瓶を煮沸してからミルクを300ml作って飲ませてね。そのあとにちゃんとゲップをさせて」と頼んでも、哺乳瓶を煮沸せずにミルクを作ったり、ミルクの量を計るのがいい加減になったりしがちです。

パパが慣れていないことをお願いするときは、パパに余裕があるときにしましょう。パパが忙しいときにお願いしても、何か忘れたり失敗したりする可能性が高いです。

そうなると、ママとしても「パパにお願いしなければよかった」と後悔しますし、パパも「やっぱり自分にはできない」と感じて、さらに育児や家事をしなくなるかもしれません。

忙しい朝に家事育児のシェアをしてもらう

「家事と育児はママがするもの」と思っているパパは、ママが忙しくしていてもそれに気がつかないことも多々あります。また、夜はパパの帰りが遅く、家事や育児の分担をお願いするのが難しいケースもありますよね。

朝であればパパもいるのでお願いしやすいはずです。忙しい朝、ママは自分のことを差し置いてでも子どもやパパのお世話をしがちですが、パパに朝の家事や育児をシェアしてもらいましょう。

ママも忙しいので「私は食器を片付けるから、その間に子どものおむつ替えをしてね」というようにお願いするのが名案です。手の空いている人が、そのときにしなければならないことをした方が効率よく過ごせます。

忙しい朝の時間、夫婦で上手にシェアして乗り切りたいですね。

まとめ

ママに喜んでもらいたいと思うと、ついついむずかしく考えがえてしまいがちです。でも、今回ご紹介したようにパパがすぐにできることや簡単にできることのなかで、喜んでもらえることがたくさんありますよね。

いつでもできるようなことであれば、たまにではなくパパの習慣にしてみるのもよいでしょう。それだけでママのストレスは大きく違ってきます。

また、プレゼントをする場合は選んでくれたという気持ちだけでも喜ばれますが、せっかくプレゼントするならママが本気でほしいものを見つけてくださいね。
36 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND