就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんが冬なのに寝汗をかくのはなぜ?冬の寝汗の原因と対策

赤ちゃんが冬なのに寝汗をかくのはなぜ?冬の寝汗の原因と対策

冬の寒い時期は、大人は厚めの布団にくるまって暖かくして寝ますよね。赤ちゃんが寒いかなと布団をかけていると、手足は冷たいのに背中は汗でびしょびしょということがあります。なぜ、寒いのに寝汗をかくのか、どうしたら寝汗をかかなくなるのか参考にしていただけたら嬉しいです。

赤ちゃんが冬にも寝汗をかく原因と注意点

赤ちゃんは汗をかくことで体温を調節する

人間は、脳の視床下部にある体温調節中枢によって、体温を一定に保とうとします。大人の場合、ちょっとした外気の変化だけでは、皮膚表面上の温度変化はあまりないですよね。ちょっと暑いなと思っても、体温が急激に上昇するわけではありません。

しかし、赤ちゃんは体温調節中枢が未発達なために、外気の影響を受けやすいのです。外気温が上がると赤ちゃんの体温も上昇するので、体から熱を逃がそうと赤ちゃんは汗をかき体温を調節します。

赤ちゃんは、自分で服装や布団を調整できないので、寝ているときにも体温が上昇しすぎないように汗をかき体温を調節しています。また、睡眠前は体温が上昇しているので、部屋の温度や布団を調整して汗をかきすぎないようにしてあげましょう。

赤ちゃんは大人の2倍汗をかいている

赤ちゃんの体表面積は大人の約1/6と小さいにも関わらず、汗をかくための汗腺の数が大人とほぼ変わらないといわれています。体表面積が小さい分、汗腺の密度が高いので、少しの汗の量でも汗をたくさんかいているように見えます。

また、赤ちゃんは新陳代謝がさかんで汗の分泌も多いので、夏でも冬でも大人の2倍汗をかきます。

涼しくしているつもりでも、背中が汗でびっしょりということがありませんか。寝ているだけの赤ちゃんだと、背中は常に布団や床に密着しているので熱がこもりやすくなりますよね。熱がこもると熱を逃がそうと汗をかくので、背中が汗でびっしょりするのは自然なことです。

赤ちゃんの汗と上手に向き合い、対処していくことが大切ですよ。

寝汗による寝冷えで体調不良を起こす場合も

赤ちゃんは、体温が上昇しやすく汗をかきやすいですが、逆に皮下脂肪が少ないために熱が逃げやすく体が冷えやすいです。寝入りは睡眠に入りやすいように体温が上昇するので、この時点で汗をかいてしまう赤ちゃんも少なくはないです。

睡眠時に上昇した体温は、朝方にかけて下がっていきます。夜の気温の低下で部屋が冷えていたり、汗をたくさんかいていたりすると体温はより下がりやすくなるでしょう。このように寝ている間に体が冷えることを寝冷えといい、体調不良を起こす場合があります。

寝冷えによって鼻水や咳、下痢など風邪の症状が出てくることがあるので、スリーパーや腹巻、汗取りパッドなどを使って、汗をかきすぎず体が冷えない工夫をしてくださいね。

子育てママ必見!育児相談もできる「ベビータッチ&ママストレッチ」

PR

子育て中のママは、独身時代や出産前とは生活が激変しますよね。社会とのつながりが減り、子育ての悩みを一人で抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?そんな時に悩みを聞いてもらえたり、リフレッシュできる場があるとうれしいですよね。今回は「保険LICO(ライコ)」が定期的に開催している「ベビータッチ&ママストレッチ」セミナーをご紹介します。

赤ちゃんが冬に寝汗をかいたときの対処法

寝汗をかいたときの拭き取り方と着替え方

冬場は寒いので、寝汗をかいて寝冷えしてしまうと風邪をひきやすくなります。また、寝汗が気持ち悪くて何度も起きてしまうことがあるので、寝汗に気づいたら汗を拭き取って、赤ちゃんが気持ちよく寝られるようにしてあげましょう。

ごしごしと汗を拭き取るとデリケートな赤ちゃんの肌を傷つけてしまうので、気をつけてくださいね。おすすめの拭き取り方は、冷蔵庫で冷やした保冷剤をガーゼなどで包んで、肌に押し当て肌温度を下げると共に汗を吸い取るやり方です。夏場は暑いので、保冷剤を冷凍庫で凍らせるのもよいですよ。

寝汗をかきやすい子であれば、背中や後頭部に当たるようにガーゼや汗取りパッドを入れておくとよいです。汗をかいたら、頭を少し持ち上げて抜き取れば寝汗の対処ができます。

洋服が寝汗でびしょびしょになってしまったら、赤ちゃんが寝ているときでも着替えをさせましょう。裸の時間が長いと一気に体温が下がってしまうので、肌着とロンパースなど2枚着させるのであれば、2枚の袖の部分を通しておいて一度で着れるように準備をしてくださいね。

部屋を暖めすぎかも?室温を調節しよう

大人が快適だと思う温度が、赤ちゃんにとって必ずしも快適であるわけではないということを覚えておきましょう。

冬場の夜は、気温が下がって凍るように寒くなる日もありますよね。赤ちゃんのいる部屋に暖房をつけて厚めの布団をかけて、暖かくして寝かせてあげたくなると思います。ただ、赤ちゃんの体は体温変化が激しく、冷えやすく温まりやすいのが特徴です。部屋を暖めすぎたり、布団をかけすぎたりすると、赤ちゃんの体に熱がこもって寝汗をたくさんかいてしまう原因になります。

寝汗をたくさんかくのであれば、部屋を暖めすぎかもしれません。冬場の部屋の温度は、22〜24℃が適温なので、室温を調節してあげましょう。暖かい空気は部屋の上に溜まるので、暖房のつけ始めは風向きを下にして、足元から暖めていくとよいです。

室温が赤ちゃんの過ごしやすい温度に調節ができたら、湿度にも注意をしましょう。冬場は乾燥するので、ウィルスや雑菌が繁殖しやすくなります。加湿器や洗濯物を部屋に干すなどして、部屋が乾燥しないようにしてくださいね。

事前にできる赤ちゃんの冬の寝汗への対策

冬の厚着はNG!服は大人より1枚少なく

冬だからといっても室内での厚着は、赤ちゃんにとっては暑すぎることがあります。暖房をつけているのであれば、なおさら大人よりも1枚少ない程度の服装がよいです。

吸水性や通気性がよく、速乾性のある生地の服を選んでくださいね。厚手の服を1枚着させるのではなく、薄手の服を重ねる方が温度調整がしやすく、重ね着した服の空間で空気が温められるので防寒にもなります。

肌触りがよく、通気性や速乾性のあるガーゼタイプの肌着を何枚か持っていると便利ですよ。肌着にロンパースを重ねて着るのが、寝るときにおすすめの服装です。寒いかなと思うときは、厚手の服を着込ませるのではなく、短肌着の上に長肌着を着せるなど肌着で調整してくださいね。

赤ちゃんが寝るとき靴下は履かなくてよい

赤ちゃんは、手足などの末端部分の血流を少なくして体の体温が低下しすぎないようにします。手足が冷えているのは異常なことではなく、赤ちゃんが体温調節をしている証しなのです。

寝ているとき足が布団から出ていることが多いので、冷たくなっていて心配になりますよね。ただ、足が冷たいからといって、靴下を履かせていると体温調節の苦手な体になってしまいます。寝るときは、靴下を履かせず足が布団から出ないようにしてあげましょう。

足が冷えていても気持ちよく寝ているのであれば、あまり心配することはないです。ただ、赤く腫れている場合は、しもやけの可能性があります。1日経っても腫れが引かなかったりずっと機嫌が悪かったりする場合は、病院を受診してくださいね。
24 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事