就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

40代ママの子育てをのぞいてみよう!抱える悩みや苦労はこんなこと

40代ママの子育てをのぞいてみよう!抱える悩みや苦労はこんなこと

晩婚化がすすんだり、不妊治療の末ようやく子どもが授かったりと、40代のママも増えてきています。40代のママはどのような子育てをしているのでしょうか。40代のママが抱える悩みや苦労などの実態をまとめてみました。40代のママを十分楽しんで、頑張りすぎない子育てができるとよいですね。

晩婚化がすすみ増える「高齢出産」の実態

ママ友との年齢差が大きい

幼稚園や保育園などでママが集まると、40代のママがクラスに数名はいるのではないでしょうか。20代のママにとっては、40代のママは自分の親と同じくらいの年齢ということもありえますね。

20代のママとは育ってきた時代が違いますから、聴いていた音楽、観ていたテレビなどの話をすると年齢差を感じるかもしれません。40代のママは話題選びにも気を遣うでしょう。

メールやラインのやり取りでは言葉遣いや絵文字やスタンプの使い方などに、年齢差を感じることがあるかもしれません。子どもに対する価値観が違うこともあります。

年齢差があるとお互いに壁を作りやすくなりますが年齢を気にせず話してみると、同じ歳の子を持つ親同士で話題もあり楽しく話せるでしょう。

若いときと違って体力が落ちている

若いときからスポーツなどをして、体力に自信があるママなら感じないのかもしれませんが、日頃から運動をしていないママにとって育児中は体力がないことを意識する場面が多々あるでしょう。

まず、睡眠不足はきついですね。若い頃は徹夜ができても、40代ともなると眠らないと体力がもちませんから赤ちゃんと一緒に眠りましょう。

赤ちゃんが動き回るようになったら、さらに体力のなさを感じますよ。子どもを走って追いかけたり、滑り台を何度も滑ったり、ボールを拾いに走ったり…。育児には体力が必要だと身をもって感じるでしょう。

幼稚園や保育園の運動会でも若いママに交じって走る機会があるかもしれません。普段から身体を動かすよう心がけると少し楽になりますね。

親も高齢になっていてダブルケアの可能性

40代のママの親は、60代や70代という場合が多いですよね。育児で親に頼りたくても頼れないかもしれませんし、頼れたとしても孫の相手を何日もしていたら親が疲れ切ってしまうかもしれません。

しばらく子どもを預けたら、しんどくなってそれ以降預かってくれなくなっては大変です。高齢の親には動き回る孫のお世話は体力を消耗するのでしょう。

まだ親が元気ならよいのですが、病気や介護が必要でママがお世話をしなければいけないとなったら大変です。親も子も両方のお世話をするダブルケアの可能性が出てきます。

40代で子どもにお金がかかる時期と親にお金がかかる時期が重なるのもしんどいことの一つになりますね。ママやパパの肩にずっしりと負担がかかりそうです。

みんなの感じている疲れやイライラ

子育てと仕事の両立での疲れ

仕事をしているママで40代であれば、責任のある仕事を任されているのではないですか。出産する前のように仕事を第一に考えるわけにはいかず、子どものことを考えながら仕事をするのですから、大変ですよね。

やらなければいけないことばかりで、うまく仕事と育児が両立できないことにイライラすることもあるでしょう。

40代では、疲れが取れなかったり、体調がすぐに悪くなったりして無理がききませんし、育児では、子どもが熱を出したり、風邪を引いたりと、予期せぬことに対応しなくてはいけません。仕事も育児も不完全に感じると、疲れがどっと出るということもあるかもしれませんね。

子育てと仕事の両立は難しく、疲れやイライラを感じやすいのです。

子育てのストレスでの疲れ

森永乳業株式会社が行っている相談窓口に相談してきたママに育児にストレスを感じているか聞いた結果をみると、約9割のママが「ストレスを感じている」と答えているとのこと。子どもに対するストレスだけでなく、パパに対するストレスや育児に不安を感じるストレスもあるようです。

40代のママであれば出産するまで自分の時間を十分に確保し、自分の思いどおりに物事が進んでいたと思いますが、子育ては自分の時間は無くなりますし、自分の思いどおりに子どもが行動してくれることはほとんどありません。

そんな状況や自分にイライラして、そのストレスが疲れとなり、さらに子どもと関わらなくなるといった悪循環になるかもしれません。パパも忙しい年代でしょうからママに負担がかかりますね。

身体の不調は更年期だから?

40代のママが自分でもよくわからないでイライラとしたり、すぐに怒ってしまったりということはありませんか?育児で疲れてイライラすることもあるとは思いますが、ホルモンバランスが乱れてイライラすることもあるようです。

40代といえば、早い人では更年期になる人もいます。産後はホルモンバランスが乱れて不安定になりやすいですし、更年期でもホルモンバランスが乱れて、イライラすることがあるかもしれません。

女性は、50歳前後の更年期で女性ホルモンが急激に減り、自律神経のバランスが崩れるので、イライラするのは当たり前なのです。身体に感じる不調は更年期だからかもしれません。若いママには感じることの少ない身体の不調なのかもしれませんね。

40代ママの頑張りすぎない子育て

今が子育てするのにベストな時期と考える

40代のママの育児のメリットとして、高齢の両親から生まれた子どもは精神的に安定した子になりやすいようです。ママもパパも落ち着いているでしょうし、人生経験もつみ重ねていますから、余裕を持って子どもに対応でき子どもの安定につながるのでしょう。

また、親が働いている期間が長い分、経済的にも恵まれています。ある研究では、高齢の両親から生まれた子どもはケガをしにくく、肥満になりにくいという研究結果が出ているようです。親が危険を避ける術を知っていて健康管理もしやすいこともあるかもしれませんね。

40代のママの育児には負担が大きいですが、40代のママだからこそできることもあるのです。今が子育てするのにベストな時期だと考えて乗り切りましょう。

疲れをとるには「休息」と「発散」を

40代といえば身体が疲れやすくなり、疲れもとれにくくなる年代です。無理がきかない年代なのだと認めて、赤ちゃんが眠るときに一緒に眠ったり、育児や家事も手を抜いたりして、しっかりと身体を休めましょう。

休息する時間を持つことで、疲れが少しはとれるでしょう。休息だけでなく、育児で感じるイライラをうまく発散することも大事です。

ママが「ほっとできる」「すっきりできる」と感じられることをしてみるのが、うまく発散することになるでしょう。「おいしいお菓子を食べる」「好きなドラマを見る」「友人と話す」など、何でもよいのです。

疲れがたまると体調不良になりやすい40代ですから、無理は禁物です。休息と発散をして、子どもに余裕を持って接したいですね。

子育てが落ち着くママたちも

40代でママになる人たちは、ママになった時点で自分の好きなことやそれまでの人生で蓄積してきたことがあるのではないでしょうか。それが仕事というママもいるでしょうし、趣味で培った技術というママもいるかもしれません。

一時的に出産や子育てで中断しても、子育てが落ち着けばその世界に戻れるかもしれませんね。子どもがママとずっと一緒に過ごす時期は、生まれてから小学生低学年ぐらいまででしょうか。約10年という年月になりますね。

出産前の人生経験を活かして自分のやりたいこと、新しく始めたいことも見つけやすいのが40代のママかもしれませんね。子育ては自分の人生をかけるだけの価値がありますが、子育てが落ち着いたら自分自身の人生を考え始めたいですね。

まとめ

40代のママは、体力のなさやママ友との年齢差、親の高齢化など辛く感じることもあるでしょう。それでも、色々な体験を積み重ねてきた40代のママだからこそ、精神的にも経済的にも余裕をもって子育てができるのです。

40代のママの子育ては、自分の身体の心配をしつつ子どものお世話をすることが必要になりますね。若いママたちと同じように頑張るのではなく、40代のママらしく落ち着いて頑張りすぎない育児を目指したいものです。

関連記事

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018