就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

睡眠時間が短い子育て中のママへ!質のよい眠りのためにできること

睡眠時間が短い子育て中のママへ!質のよい眠りのためにできること

就寝前だけ母乳からミルクに変えてみる手も

母乳だと赤ちゃんが泣いたときにママしか対応することが難しいので、眠りが浅い赤ちゃんの場合はママの負担が大きくなりますよね。「絶対に母乳しか与えたくない」というママもいるかもしれませんが、睡眠不足でママが倒れてしまっては大変です。

ママの体力が限界を超える前に、睡眠不足で悩んでいる方は寝る前だけミルクに変更する方法も考えてみましょう。寝る前だけでもミルクに変えられると、寝かしつけをパパに任せることができママの負担は少し軽くなるでしょう。

寝かしつけ以外でも、ママが疲れているときは思い切って夜間はミルクに変更してみるのもよいですよ。急にミルクに変更すると赤ちゃんが嫌がって飲んでくれないことがあるので、哺乳瓶でミルクを飲む練習もしておくと安心です。

生活リズムを整えて昼寝は短めにしよう

赤ちゃんによっては「眠りが浅く、夜に何回も起きて泣く」「寝かしつけをしても大泣きして全然寝てくれない」など、まとまった睡眠を取らない子も多くママは心身ともに疲れてしまっているでしょう。夜にまとまって寝てくれない場合は、生活リズムを一度見直してみるとよいですよ。

先輩ママは、子育てに慣れていないときは朝◯時に赤ちゃんを起こす、お昼寝は◯時間にするなど、生活リズムを決めておらず、赤ちゃんが自然と起きるまで寝かせていることがほとんどだったといいます。赤ちゃんが日中にたくさん寝てしまった日は、夜に活発になって泣くので寝かしつけるのに何時間もかかり大変だったと話してくれました。

毎日のリズムを整えると、夜にまとまって寝てくれる日が増えてよかったそうですよ。

まとめ

朝まで、まとまった睡眠を取らない赤ちゃんの子育てをしていると、ママも赤ちゃんのお世話で頻繁に起きるので睡眠不足の日々が続きますよね。短時間の睡眠しか取れないママは、短い時間でもぐっすり眠れるように寝具や寝る前の過ごし方などを工夫してみましょう。

熟睡できる日がないとママも疲れてしまうので、ママひとりで乗り越えようとするのではなく、パパや誰かに頼ることも大切です。夜はミルクに変える、日中に赤ちゃんを預けてママはお昼寝をするなど、休息しながら育児に取り組むとよいですよ。
26 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND