就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

正産期になったら行いたい家事!家の中でのながら運動で安産対策を

正産期になったら行いたい家事!家の中でのながら運動で安産対策を

妊娠中は体調が不安定なこともあるので、正産期に入ってからも「あんまり運動しないほうがいいのかな?」と過ごし方に悩んでいる方は多いかもしれませんね。正産期の過ごし方によって安産につながるケースもあるので、これから出産をするママが正産期にどのような家事をこなせばよいのかをご紹介します。

正産期には体をしっかり動かすママが多い

正産期とはいつからいつまで?

正産期に入ってくると病院の先生から「しっかり運動してね」「たくさん歩くと赤ちゃんが下がってくるからね」など、運動をするように指導される方は多いでしょう。正産期とは妊娠37週~41週6日までのことをいい、出産をするのに適している期間のことですよ。

一般的にお腹の中の赤ちゃんは、37週ごろになると外の世界でも生きていけるように、体の様々な機能がしっかり発達しています。体の機能が発達していない状態で生まれてしまうと赤ちゃんの命に危険がおよぶ可能性があるので、正産期になると少し安心するママは多いかもしれませんね。

正産期と臨月は同じと思っている方が多いですが、臨月は正産期よりも1週間前からの4週間のことなので知っておきましょう。

出産前になると体を動かすことが理想的

「出産前はお腹も大きいし、寝ていたほうがいいのかな?」「体が重いし動きたくない」など、出産前はお腹の中の赤ちゃんも大きく成長しているため、少し体を動かしただけでも疲れてしまうママはたくさんいますよね。また、「動いてお腹が痛くなったらどうしよう」と、出産への不安から動くのも怖がる方もいるようです。

しかし、出産には体力がかなり必要なため、正産期に入ったらできるだけ体を動かすことをおすすめします。寝てばかりいて過ごすと体力が落ちるので、お産のときに頑張れず陣痛が長引く可能性があります。出産に時間がかかるとママがつらいだけでなく赤ちゃんにも負担がかかってしまうため、赤ちゃんのためにも体を動かしておきたいですね。

積極的な体作りで安全なお産が期待できる

初めての出産はかなり時間がかかるケースも多く、体力をつけていないと長時間の陣痛に耐えられない、しっかりいきめずに余計に時間がかかる、出産後の回復が遅いなど、ママや赤ちゃんにとってつらく大変な出産になってしまうことがあります。

少しでも体力をつけていると出産にも前向きに取り組めるようになるので、「安産のために頑張ろう」と自分を励まして体を動かすのもよいですよ。出産に時間がかかってしまうとママがつらいだけでなく、赤ちゃんの体にも負担がかかり産道の途中で呼吸が苦しくなることもあります。

急な帝王切開など、トラブルを引き起こさないためにも積極的に体力作りに励み、安全に出産を終えられるように過ごしましょう。

「外出は心配」なら家の中で家事をしよう

意外と高い家事の消費カロリー

「運動といっても、ひとりでウォーキングをするのは不安」「お出かけして何かあったら怖い」など、正産期のお出かけに不安を感じる方も多いのではないでしょうか。お出かけが心配な方は無理に外出せず、家の中で家事をこなすとよいですよ。

「家事なんてたいした運動にならないのでは?」と思っている方も多いですが、洗濯や掃除、料理など、家事は意外とカロリーを消費するものです。たとえば、体重が50kgの方の場合、床の拭き掃除やお風呂掃除、部屋の片付けで約90kcal、料理を作る、掃除機をかけるなどは約85kcalもカロリーを消費するといわれていますよ。

カロリーをなるべく消費できるように、動作を大げさにすると効果的でしょう。

体重増加の予防だけでなく安産対策にも

妊娠後期に入ってくるとつわりが終わる方も多く、食欲が増えてついつい食べ過ぎてしまう方が多いかもしれませんね。急な体重増加は妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などを引き起こす可能性があるので、ママや赤ちゃんのためにも体を動かしてカロリーを消費しましょう。

先ほどご紹介したように、家事をこなすだけでカロリーが消費できるので、お家にいても体重増加の予防ができますよね。また、雑巾がけや窓拭き、掃除機など、色々な動きをしていると安産につながるともいわれていますよ。

寝てばかりでいると赤ちゃんが下に下りないだけでなく、筋肉や脂肪も硬くなって子宮口が開きにくくなります。家事でこまめに体を動かすことで、子宮口も開いてくれると嬉しいですよね。

見えにくい足元や不安定な体勢には注意

「家事を頑張って体を動かしたほうがいい」と言っても、正産期はお腹がかなり大きくなっているので足元が見えにくくなっていますよね。妊娠中に転倒をするとママやお腹の中の赤ちゃんに危険がおよぶ可能性があるので、不安定な体勢で家事をこなすのは控えましょう。

たとえば、換気扇や照明の掃除など、脚立やイスなどに乗って掃除をこなさなければならないところもありますよね。お腹が大きくなると足元が見えないだけでなく、バランスも崩しやすくなっているので高いところの掃除はパパに任せたほうが安心ですよ。

体は元気でも無理をすると事故が起きるかもしれないので、赤ちゃんや自分の体を第一に考えて行動することが大切でしょう。

安産への近道になりやすい家事を紹介

陣痛ジンクスにもなっている雑巾がけ

「出産するまでに2日間くらいかかって本当に大変だった」「子宮口がなかなか開かなくて、結局促進剤を使ってつらかった」など、先輩ママたちの話を聞いて出産が怖くなっている方もいるかもしれませんね。初産の場合は出産に時間がかかることが多いですが、正産期にしっかり体を動かすことで安産に少しでもつなげましょう。

「雑巾がけは安産になりやすい」と、陣痛ジンクスとしても有名ですよね。雑巾がけは下半身を鍛える運動なので、子宮口が開きやすい体勢といえますよ。また、四つん這いの姿勢で床を拭いていくので、転倒する可能性もなく安全に体を動かせます。

体がつらい場合はゆっくりでもよいので、毎日コツコツ雑巾がけにチャレンジしてみましょう。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC