就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

1歳からのチャイルドシートは?家計と子どもの体格を考えた選び方

1歳からのチャイルドシートは?家計と子どもの体格を考えた選び方

子どもを車に乗せるときに必要なチャイルドシートには、さまざまな対応年齢、サイズ、価格の商品があります。1歳でチャイルドシートを購入する場合、どんなシートを選べばよいのでしょうか。今回は家計と子どもの体格を考えた、1歳からのチャイルドシートの選び方を紹介します。

ベビーシート卒業後のシート選びは?

1~4歳頃まで使うチャイルドシート

1歳以降使えるシートには、ベビーシートのような背もたれがついている「チャイルドシート」「ジュニアシート」と、背もたれがついていない「ブースターシート」に分けることができます。

さらにチャイルドシートは、4歳頃まで使用できるタイプや7歳頃まで、11歳頃までなど、さまざまな対応年齢の商品が販売されており、ライフスタイルなどに合わせて選ぶことが可能です。

1~4歳頃まで使えるチャイルドシートは、使用できる期間が短く、4歳以降でほかのジュニアシートなどに買い替えなくてはなりません。

ただし、下の子との年齢差によっては「おさがり」ができて経済的です。家族構成やライフプランによっては、メリットの大きいチャイルドシートといえます。

1~11歳頃まで使えるジュニアシート

チャイルドシートの使用義務は6歳までですが、身長140cm以下だと事故が起きたときにシートベルトが首に食い込む危険性があります。その危険を避けるため、学童期でも使うことができるようになっているのが「ジュニアシート」です。

1~11歳頃まで使えるジュニアシートは、4歳頃まで背もたれ付きのチャイルドシートとして使い、それ以降は背もたれを外してブースターシートとして使うことができます。

長く使えるため買い替えの手間がかかりませんが、子どもの成長によってはシートが小さい、狭いと感じるかもしれません。

また、車を買い替えにくくなる、下の子が生まれたときに「おさがり」ができないなど、家族構成の変化などに対応できないのもデメリットです。

経済面や子どもの体格を考えて選ぼう

チャイルドシートとジュニアシートは、さまざまなサイズと価格、適応年齢の商品があります。購入するときは価格のほか、「いつまで使えるか」「おさがりの予定はあるか」なども考えるとよいでしょう。

また、チャイルドシートには「推奨体重」や「推奨身長」があります。子どもの体格とシートの大きさが合うかどうかを見極めるポイントですので、忘れずにチェックしてくださいね。

例えば、子どもの年齢が4歳になっていても、体重が15kgに達していない場合、対応年齢が4歳頃からのジュニアシートでも「推奨最低体重15kg」となっているなら、使用は避けたほうがよいといえます。

対応年齢はあくまでも「目安」と考え、子どもの体格に合っているかどうかを基準に選んでくださいね。

取り付けやサイズ調整が簡単なもの

子どもの成長には個人差があり、幼児期から学童期にかけて身長が大きく伸びる子もいれば、ゆっくり成長する子もいます。

ジュニアシートはベビーシートに比べて使用期間が長いため、子どもの成長に柔軟な対応ができるシートを選びましょう。サイズ調整が簡単なシートであれば、気づいたときにすぐ調整してあげられます。

また、子どもの成長や家族構成の変化などによって車を買い替えたり、車検中に別の車を使用したりすることもあります。重量が軽く取り付け方法が簡単なシートだと付け替えが楽ですね。

幼児期から学童期までをカバーするジュニアシートは、5~10年使うアイテムです。価格だけではなく、さまざまな状況に対応できるものを選んでくださいね。

丸洗いできるお手入れしやすいもの

子どもを車に乗せていると、誤ってジュースをこぼしてしまったり、食べ物のクズでシートを汚したりします。おむつがはずれたばかりの子どもであれば、トイレに間に合わずシートを汚してしまうかもしれません。

シートに水分や汚れが付いたまま放置していると悪臭のもとになるだけではなく、カビが発生する原因となります。自分で掃除や手入れができないシートだと、買い替えやクリーニングを依頼しなくてはなりません。

シートを取り外して洗うことができる「ウォッシャブルシート」なら、汚れたときもすぐに取り外してお手入れができます。経済的な負担が少なくてすむほか、ママのストレスもたまりにくくなりますね。

車に酔いやすい子どもがいる場合、丸洗いできるシートが特におすすめです。

「Eマーク」がついているもの

子どもの命を守るジュニアシートで、もっとも重要になるのが安全性です。価格が手ごろで機能が豊富なシートでも、安全性が低いシートでは子どもを守ることができませんよね。

チャイルドシートが安全かどうかを見極めるポイントとなるのが「Eマーク」です。これは国によって定められた安全基準を満たしている製品につけられる表示で、一定の強度や安全性が確認されているという証明になります。

Eマークがついていない未承認のジュニアシートは安全性が低く、万が一のときに子どもを守ることができません。シートを購入するときは必ずEマークを確認してください。

また、海外製品はR44、FMVSSといった安全基準を設けており、基準をクリアした製品にマークが付けられています。

1歳から使えて経済的なジュニアシート3選

コンビ「ジョイトリップエアスルーGZ」

コンビ「ジョイトリップエアスルーGZ」は、1~11歳まで使えるロングユースタイプのジュニアシートです。

一台で「チャイルドモード」「ジュニアモード」「ブースターモード」と使い分けができるため、子どもの体格や成長に合わせた使い方ができます。メッシュシートなので通気性がよく、夏でも快適ですよ。

ジョイトリップエアスルーにはGZのほかに、シートカバーの丸洗いが可能なGGというモデルもあります。価格やサイズはほぼ同じですが、ブースターモードの対応年齢が6歳からになっている点に注意が必要です。

どちらのモデルもヨーロッパの安全基準である「UN R44/04」をクリアしています。2万円前後で価格が手頃なのも魅力ですね。
28 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC