就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

生きがいを持った40代主婦になる!輝く40代を迎える準備をしよう

生きがいを持った40代主婦になる!輝く40代を迎える準備をしよう

人生100年時代といわれていますが、40代になるとそろそろ人生の折り返しを意識し始める年齢かもしれません。ただ、40代といっても子育てが一段落したママもいれば、子育て真っただ中のママもいます。それぞれがやりがいを持った人生を歩むにはどうしたらよいか、今から考えておきたいテーマです。

40代がなりやすいミッドライフクライシス

人生の折り返しである40代は悩む人が多い

「ミッドライフクライシス」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。直訳すると「中年の危機」となり、40代前後の男女が陥りやすい心の問題を抱えた状態のことを指します。

20代、30代前半はまだまだ人生はこれから、やりたいこともたくさんあり結婚や出産など人生の山場ともいえる瞬間がたくさん訪れます。しかし、40代前後は子育てが落ち着いたり、体や美の衰えを感じたりし始める時期です。

人生の折り返し地点に立って、今まで自分は何をやってきたのか、これから何ができるのか、と漠然とした不安や焦りを感じ、心が不安定になってしまうのがミッドライフクライシスの症状です。女性も男性もなりますが、女性の方が悩みがより複雑になります。

自分を見つめなおすチャンスだと考えよう

ミッドライフクライシスになると、これまでの人生を否定的に考えてしまうようになります。今まで大事だと思っていたことが急に価値のないもののように感じ、このままでよいのか、何をしたらよいのか分からなくなってしまいます。

ただ、これをネガティブに捉えると悩みのドツボにはまって身動きできなくなってしまいます。いま、心に抱えている疑問や焦りをポジティブに捉え、じっくり自分に問いかけてみると解決の糸口が見えてくるかもしれません。

これまでの経験があったからこそ今の思いに至ったのですから、その経験と知識を踏まえて今何がしたいのか素直な気持ちで考えてみることが大切です。大きな転換期を迎え、自分に正直に生きるチャンスだと捉えましょう。

ときには専門家の助けが必要になることも

ミッドライフクライシスは病気ではありませんが、これをきっかけにうつ病や適応障害などを発症してしまう恐れがあります。気持ちが沈んでつらいと感じたら、一度専門家に相談に行くと心が軽くなるかもしれません。

いずれにせよ、我慢しすぎると症状が深刻化する恐れがありますので「このくらいで病院に行けない」などと思わずに、早めに助けを求めるのが早く回復するために必要な心がけです。女性の場合は早い人だと40代でも更年期障害になることがありますが、精神的、身体的にもミッドライフクライシスと症状が重なる部分があります。

更年期と間違えて、一層落ち込みが激しくなることも考えられますので、不安に思うことがあれば遠慮なく医師に相談しましょう。

もやもやした毎日から生きがいを探すために

働くママも専業主婦も複雑な心境の40代

人生は選択の繰り返し、たくさんの選択肢の中から何を選んだかでママオリジナルの人生が描かれていきます。ときに「あのときこうしておけばよかった」と後悔することがありますが、それが大きな波になって襲いかかってくるのがミッドライフクライシスの怖いところです。

働いているママは「もっと早く子どもを産めばよかった」「もっと子どもと一緒にいればよかった」と思うかもしれませんし、専業主婦のママはキャリアのないことで自分の価値を見出せない、子育てが早く終わることで自分の役割も終わってしまうのではと落ち込むかもしれません。仕事と家庭、結婚や出産など、大きな選択を迫られてきた女性の方が悩みが複雑になってしまうようです。

紙に書き出して頭の中を整理しよう

40代は色々な場面で喪失感を感じやすいときです。子育てが一段落、美しさや体力の衰え、親の死去など、まさに「心にぽっかり穴が開く」瞬間があるかもしれません。

しかし、何もかも失ってばかりではネガティブ思考に引っ張られてしまいます。やりがいをみつけて、夢中になれるものを探して空いてしまった穴を塞ぎましょう。でも、何をしたらよいか分からないというママは、まず紙に好きなことを書き出して自分の好みの傾向を把握しましょう。

紙に書くことで客観的に自分の趣味を見ることができます。書き出したものの中から「より深く知りたい」「これをしているときは幸せ」と感じるものを追求すると、それが新たな趣味、やりがいとして満たされた人生を送る助けになります。

悩みのループから抜け出すための対処法

人は何かをきっかけにネガティブな思考を持つと、関係のないことまでマイナスに考えてしまう傾向があります。ミッドライフクライシスはまさにこのネガティブ思考になった状態で、一つの悩みが十にも百にも感じられます。

一度悲観的になるとすべてのことが悪い方に進んでいくように感じるので、このループを断ち切る術を知っておくことが大事ですね。そこで生きがいがあるかないかが重要になってきます。生きがいがあれば、それに集中して生きる意味を見出せます。

さらにその生きがいが自分のためだけでなく、誰かのためになるものだとより充実感を味わえるそうです。これまで趣味や特技を持っていたママも、一歩進んで誰かのためになるようなものを探してみるとよいかもしれませんね。
28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知版