就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子育てで悩みやすい保育園の事。選ぶときのポイントやママ友について

子育てで悩みやすい保育園の事。選ぶときのポイントやママ友について

子どもを保育園に入れたいけれど、どこがいいのかわからない!入園したのはいいけれど、これからどういうスケジュールになるの?など保育園に入るときにママはいろいろな心配があると思います。ここでは保育園の選び方や、入園後の生活などを紹介していきます。ママ友についてもふれますので、参考にしてみてくださいね。

保育園選びのポイントや重視したいこと

認可と無認可の違いを知ろう

保育園には認可保育園と無認可保育園があります。どこが違うのでしょう?認可保育園は国が許可している園のことです。国が定めた認可基準(施設の広さ、保育士の人数、給食設備など)をクリアしています。

一方、無認可保育園は国の許可を得られていない園のことです。国が定めた認可基準を満たしていない、または満たしていても行政の都合で許可が下りなかった場合は無認可となります。許可されてないと聞くと、よくないイメージをもつかもしれませんがそんなことはないですよ。よい保育をしていても場所によって園庭が作れず、許可が下りないことがあります。

「国の基準を満たしているかどうか」ということが二つの保育園の大きな違いなので、心にとめておくとよいと思います。 

提供するサービスによって異なる保育料

保育園によって、サービスや保育料も異なります。認可保育園は保護者の世帯収入によって保育料が決まります。認可でも公立と私立がありますが、金額は一緒です。サービスの違いはあっても変わりはありません。

一方、無認可保育園は園によっていろいろな特色があるため、保育料も変わってきます。勉強に力をいれたり、スポーツに力をいれたりしているところもあります。また、夜間保育や休日保育をしてくれるところ、病児保育をしてくれるところもあります。認可保育園より金額は高めになることが多いようです。

園によって、提供しているサービスや保育料もさまざまですね。ママは自分のライフスタイルや、子どもにあった保育園を探してみるとよいと思います。 

保育園の方針や過ごし方もチェックしよう

保育園の方針や過ごし方も気になるポイントですよね。子どもにのびのび育ってほしいという方針の園では、過ごし方も日中はのびのびと遊んだり、自由に過ごすことが多いかもしれません。

また、子どもに教育を教えたいという方針の園では、熱心に字を教えたり、運動をしたりすることがあると思います。

実際、なかに入ってみないとわからないことも多いですよね。そういうときは、保育園に見学に行ってみるとよいと思います。そこで、先生の話を聞いたり、園の雰囲気を感じてみるとよいと思いますよ。

また、その場にいる子ども達や先生達の様子を見てみると、どういう園か見えてくることもあります。その中で、ママが「ここだ!」と思える保育園に出会えるとよいですね。

保育園に預けてからのスケジュールは?

朝、保育園に預けるまでのスケジュール

保育園に子どもを預けるようになると、ママはいっきに忙しくなります。これは友人Aさんの朝のスケジュールです。時間は家庭によってさまざまなので、時間の配分などをよかったら参考にしてみてくださいね。

6:00  ママ起床 朝食の準備(洗濯)
6:30  子どもを起こす
7:00  朝食(片づけ) 子どもとママの着替えや準備
8:00  家を出発 保育園に預けて仕事に行く

子どもを起こすときや、ゴミをだすときはパパに協力してもらいましょう!また、洗濯は朝と夜でやりやすい時間にできるとよいと思います。

子どもが小さいうちは、ママのお手伝いが必要なことが多いので時間にゆとりをもってできるとよいですよ。 

夕方、帰ってからのスケジュール

夕方、家に帰ってからもママは大忙しですよね。保育園に18時にお迎えに行った場合のA子さんのスケジュールです。

18:00  保育園にお迎え 家に帰る お風呂
19:00  夕ご飯(片づけ) 洗濯ものをたたむ
20:00  子どもは自由時間(洗濯)
20:30  歯磨き
21:00  子どもは就寝

あっという間に1日が終わる感じですよね。家に帰ってきてからは、子どもがぐずったりママも疲れたりしているので、なかなか時間通りにはいかないですよね。実際A子さんもこの通りにいかないことも多かったそうです。

疲れたときには家事を休んだり、手抜きをしたりすることも必要です!頑張りすぎないようにしてくださいね。

送り迎えはママがいかないといけないの?

保育園の送り迎えはママじゃないといけないの?ほかの家族はダメなの?と思うことがあるかもしれません。例えばママが朝早く家を出るときや残業でお迎えに行けないときもありますよね。

でも、心配ありませんよ。パパやおじいちゃん、おばあちゃんでも大丈夫です。そのときは前もって保育園に知らせておくと安心です。「明日の朝はパパが送りに行きます」「お迎えはおばあちゃんが行きます」と伝えておけば、先生も対応できます。

また、家族が誰もお迎えに行けないこともあるかもしれません。そのときは「ファミリーサポート」を利用するのもよいですよ。保育園の送り迎えなどもしてくれる子育て支援のサービスです。利用を考えるときには各自治体に連絡をして聞いてみましょう! 

保育園では必須?ママ友の作り方やマナー

上手に保育園でのママ友をつくるコツ

保育園ではいろいろなママとの出会いがあります。しかし仕事をしている人が多いので、送り迎えの時間が一緒だと顔を合わせることはありますが、違うと会わないこともあります。

そんな中でも、ママ友を作る一番のコツはやはり挨拶だと思います。それに加えて笑顔です!もし自分も笑顔で挨拶をされたら、親しみがわいたり話をしてみようかなと思えたりしませんか?きっとそれは相手も同じだと思います。

また、参観日や懇談会などに出席するのもよいですよ。いろいろなママの顔や名前を知ることができて、そこから交流の輪が広がることがあります。

仕事をしていて忙しいママも多いので、時間ができたら話してみようかな、というところからママ友を作ってみてもよいと思います。

ママ友は本当に必要?つくるメリット

ママ友については、人それぞれで考え方が違うと思います。作りたい人もいれば、作らなくても大丈夫という人もいますよね。

ママ友のメリットは、子どもや保育園の様子がわかることだと思います。仕事をしていると自分だけでは、子どものことを把握できないですよね。あとでママ友から「こういうことがあったんだよ」と聞いて、初めて知ることもたくさんあります。

また、保育園以外の情報も知ることができます。例えば「〇〇小児科はよかった」「子どもの〇〇の店はよくなかった」など、生活に関する情報も教えてくれます。小学校に行く際には、ママ友がいると交流がスムーズにいくこともあります。

ママ友を作るのが苦手な人も、一言話すところから始めてみてもよいと思います。

トラブル回避!お付き合いのマナーを知ろう

ママ友は付き合い方によって、トラブルを起こすこともあります。ここでは、マナーのポイントをいくつかご紹介していきます。

まず、一定の距離をもってお付合いしましょう。ママ友はあくまで子どもを通しての友達です。プライベートには踏み入らない、教育法には口出しをしないということが大切です。関係が密接になりすぎると、トラブルが生じることがあります。程よい距離を保つとよいですよ。

また、ママが集まると噂話や悪口合戦が始まることがあります。それが全体に広がり、自分が悪い立場になることもあります。そういうときは話をうまく聞き流して、距離を置くとよいと思います。

マナーを守れば、ママ友は頼れる存在になります。うまく付き合っていきましょう! 

まとめ

保育園を選ぶときのポイントをいくつか紹介させていただきました。いろいろな保育園がありますが、ママと子どもでどこが自分たちにあっているのか、じっくり見て考えてほしいと思います。

また、朝夕とスケジュールが忙しくなると思いますが、ママだけで全部をこなすのは大変です。パパやおじいちゃん、おばあちゃんにも協力してもらいながら頑張ってくださいね。入園後はママ友との付き合いも始まりますが、距離を保って付き合えれば大丈夫です。

ここに入ってよかった!と思えるような保育園や、ママ友と出会えるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知版
  • フリーペーパーテニテオ宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • ハハノワ-ママに「ありがとう」を伝えるイベント