就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもとバスタイムを楽しもう!お悩み解消法と笑顔になるバスグッズ

子どもとバスタイムを楽しもう!お悩み解消法と笑顔になるバスグッズ

バスタイムといえば、疲れた身体を癒す至福のひと時ですが、子どもと一緒となると癒しどころか疲れるという悩みを持つママもいますよね。お風呂嫌いの子どもが楽しく入浴できる方法や、ママにとってバスタイムがご褒美になる工夫、さらに湯上がりの慌ただしさを解消する便利グッズを知って、お風呂の悩みを減らしましょう。

子どもとのバスタイムでよくあるお悩みとは

子どもがお風呂に入りたがらない

ママがお風呂の悩みとしてあげることの一つに、子どもがお風呂に入りたがらないというものがあります。ママが「お風呂に入るよ」と声がけをして、「イヤ」と言われたりぐずられたりすることが続けば、お風呂に入るということ自体がママにとってストレスとなっていきます。

子どもがお風呂に入りたがらない理由は様々です。
例えば、
・眠たさや空腹などの生理的な理由
・遊びが中断されることに対する不満
・水やお湯が嫌い、怖い
・お風呂場や脱衣所が怖い

どのような理由からお風呂に入りたがらないのかを把握することで、子どもの「入りたくない」が解決することもありますよ。

子どもの気持ちに寄り添いながら、「どうしてお風呂に入りたくないのか」をチェックしてみましょう。

ママはお風呂に入っている気がしない

バスタイムといえば、一日の疲れを癒しリラックスできる時間というイメージがありますよね。ですが、子どもと一緒に入るバスタイムは逆に疲れてしまうと感じるママは多いようです。

お風呂の中は危険も多く、常に子どもに注意を払う必要があります。自分のことよりも子どものお世話が優先で、自分のケアが後回しになりがちです。ほっと一息ついて湯船に入るやいなや、子どもがリラックスしてうんちをしてしまった、という経験があるママもいるかもしれませんね。

子どもとのバスタイムは、リラックスどころか常にばたばたとしてしまいます。終わった後はまるでランニング後のように汗が流れて疲れ切り、お風呂に入っている気がしないというママは多いですよね。

湯上がりにばたばたして湯冷めしてしまう

子どもの湯上がりのケアは大変です。子どもが湯冷めしないように体を拭き、お肌が乾燥しないように保湿を行い、さらに服を着せている間にママはすっかり湯冷めしてしまうことも多いですよね。

子どもが服を着ない状態で脱衣所から出て行って遊ぼうとしたり、湯上がりでほっとしてその場でおしっこやうんちをしてしまったりすることもあるでしょう。ママは自分の身体を拭く暇もなく対応に追われることが多いため、湯冷めしやすく身体が冷え切ってしまうのです。

湯冷めは身体についた水分が蒸発するときに、一緒に体温を奪うことで起こりやすくなります。ママの湯冷めを防ぐためには、軽くでもよいので先にママの身体を拭いた後に子どものケアを行うとよいでしょう。

子どものお風呂嫌いを解消する方法

子どもに合わせた温度設定やシャンプー選び

ママにとっては快適に感じるお風呂のお湯の温度やシャワーの温度が、子どもには熱すぎることがあります。また、ボディーソープやシャンプーなどに入っている成分によっては、子どものお肌には刺激が強いものかもしれません。ママが心地よいと感じる水圧のシャワーや浴用タオルも、子どもには強すぎたり痛いと感じることがありますよ。

大人にとって快適なお風呂環境やバスグッズが、子どもにとっては負担となることも多いのです。そのため、子どもにとってお風呂場は居心地がよくない場所だから行きたくないと思う場合もあるでしょう。

子どもに合わせた温度設定やシャンプー、バスグッズ選んで子どもにかかる負担が減れば、嫌がることも減るかもしれませんね。

めんどくさい!なら時間を決めてルール作り

湯上がりに、ちょっとしただるさを感じるママもいますよね。お風呂に入ると水圧で心臓や肺に負担がかかり、疲れてしまうことがあります。また、服を脱いで体を洗って温まるといった一連のバスタイムが、子どもには長い時間なのかもしれませんね。

疲れる上に遊べない、長く感じる時間をすごさなければいけないお風呂に対して、「めんどくさいから入りたくない」と感じてしまうのは無理もありません。さらに、疲れて眠いときやお腹がすいているときに「お風呂に入ろう」と言われると、めんどくさいという気持ちに拍車がかかりますよね。

子どもが疲れる前にお風呂を終わらせる、お風呂に入るタイミングを決めておくなど「お風呂のルール」を設けるとスムーズにいくことがありますよ。

お風呂場を楽しい空間にする工夫をしよう

一日の中で脱衣所やお風呂場ですごす時間は短いため、子どもは脱衣所やお風呂場になじみがなく、怖い場所と感じることがあります。子どもは楽しいことや遊ぶことが大好きなので、子どもにとって脱衣所やお風呂場が楽しい場所になればお風呂に入るのを嫌がることが減りますよ。

お風呂場だけで使える特別なおもちゃを用意したり、お風呂場でなければ遊べない遊びを取り入れるなど、楽しい空間作りができるように工夫してみましょう。お風呂場での時間が楽しいと感じれば、子どもからお風呂へのお誘いがあるかもしれませんね。

ママのお手伝いが好きな子どもなら、ママとお風呂掃除をするのも一つのアイデアです。掃除後のお風呂はママを手伝えた満足感もあり、ご機嫌なバスタイムになりますよ。

子どもが喜んでお風呂に入る!バストイ3選

お風呂でお絵かき「おふろdeキットパス」

お絵かきが好きな子どもなら、お風呂場でも描けるとなれば嬉しいですし楽しいですよね。日本理化学工業の「おふろdeキットパス」は、お風呂場の壁などの濡れたところに描ける全9色ある筆記具です。

描いた絵は濡れた布でさっと拭き取ればきれいに落とせ、色移りの心配もありません。口紅に使われている成分のパラフィンを主成分とし、安全基準に合格した顔料を使用しているため、身体についても害がありませんよ。

壁にお絵かきをするのは普段なかなか難しいですが、お風呂場ならOKとなればお風呂に入ることが子どもにとって楽しみになりますね。ママも一緒に絵かきを楽しむのもおすすめです。

ケースには水抜き用の穴もついている上に、吸盤で壁につけられるので片づけも楽ですよ。
46 件

関連記事

ピックアップ記事