就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

忙しいママには1人の時間が必要!時間をつくって気分転換をしよう

忙しいママには1人の時間が必要!時間をつくって気分転換をしよう

育児をしているママは子ども中心の生活を送っているため、「1人でゆっくりできる時間がほとんどない」という方も多いでしょう。しかし、ストレスをどこかで発散しないと、いくらママでも育児や家事に疲れてしまいますよね。ここでは、ママはどのような気分転換をしているのかや、1人の時間の過ごし方などをご紹介します。

育児中のママに気分転換が必要な理由

育児中はストレスが溜まりやすい

子育てをしているママは自分のペースで何事も進められないので、ストレスが溜まっている方も多いでしょう。子どもの年齢が低いほど手がかかるため、何をするにも時間がかかって大変ですよね。

ママの体が疲れていても、育児には休日がありません。子どもがいうことを聞かない、家事がスムーズに進まないなど、心身ともに疲れてくると、ちょっとしたことでイライラしてしまうママもたくさんいるでしょう。

疲れやストレスが溜まっていても、ママは自分の好きなことをしたり、ゆっくり休憩をしたりする時間がとれないことが多いため、リフレッシュできずにいることが多いです。ストレスを溜め込み過ぎると子どもと一緒に過ごすことが苦痛になってしまうこともあるので、気分転換することが大切ですよ。

無理のし過ぎはママの体調不良の原因に

育児や家事に疲れていても「私が頑張らないと」と、無理をするママはたくさんいます。しかし、無理のし過ぎはママの体調が悪くなることがあるので注意しましょう。

先輩ママは、子育てと家事の両立に大変さを感じ心身ともに辛かったそうですが、「これくらい1人でやらないと」と自分を追い込んでいたそうです。パパにも頼らずに無理をしていたそうですが、子どもが生まれて何カ月か過ぎた頃に疲労から高熱が出て寝込んでしまったといいます。

それからは頑張りすぎないようにパパや家族に頼るようになり、なるべくゆったりした気持ちで育児ができるよう、無理をしないように心がけているそうです。ママが体調不良になると子どもは不安になるので、子どものためにも無理はしないようにしましょう。

気分転換することで余裕がもてる

育児や家事に毎日追われていると疲れやストレスが少しずつ溜まってきて、「ちょっとしたことでパパや子どもにイライラしてしまう」というママも多いのではないでしょうか。忙しい毎日を送っていると自分の心に余裕がもてないため、イライラしたり気分が落ち込んだりすることもありますよね。

疲れやストレスが溜まっているときは、気分転換することが大切です。ママは「子どもやパパのためにしっかり頑張らないと」と、疲れていても育児や家事を頑張ってしまう方が多いですが、ときどきは1人になる時間を作ってリフレッシュしましょう。

気分転換することで疲労が回復し心も癒やされるので、心にも余裕がもてて家族に大らかな気持ちで接することができてよいですね。

ママが1人の時間を作るにはどうする?

パパや祖父母に子どもを預ける

ママが「1人の時間がほしい」と思っても、子どもがいるとなかなか1人になる時間が作れないのが現状です。しかし、ママが1人で過ごして気分転換をすることはストレス発散にはとても大切なことなので、パパや祖父母に協力してもらいましょう。

友人の話では、月に1度はママが1人で半日くらい自由に過ごす時間を作っているそうです。1人の時間を過ごすときはパパに子どもをお願いしていると話してくれました。パパに子どもと過ごしてもらうと、パパは1人で子育てをする大変さを実感したそうで育児に協力的になったといいます。

また、子どもも月に1度のパパとの時間を楽しみにしているそうで、ママは安心して1人の時間を楽しんでいるそうですよ。

一時預かりサービスを利用する

パパは仕事が忙しく、祖父母も遠方に住んでいるなどの理由から、子どもを周りの人に預けることができないという方もいますよね。周りに頼れる人がいない方は、一時預かりサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

一時預かりサービスは、地域の子育て支援センターや保育園などでも受け入れているところがあります。時間は施設によってさまざまですが、2時間と時間を選ぶことができるところや、保育園では朝から夕方まで長時間預かってもらえるところもありますよ。

また、地域のファミリーサポートやベビーシッターなどを活用してもよいでしょう。お家にスタッフの方がきて子どもをみてくれるので、子どももスタッフの方に馴染みやすいかもしれませんね。

子どもを預けることに罪悪感はもたないで

「子どもを預けて1人で過ごすなんて悪い気がする」と、罪悪感から子どもを預けられずに頑張っているママも多いでしょう。子どもを預けてママがリフレッシュすることは、決して悪いことではありません。

無理をしてママが体調を崩したり、ストレスのせいで育児ノイローゼや産後うつなどになったりするほうが、結果的に子どもを悲しませることになります。子どもはママといる時間の長さが長いから幸せを感じるのではなく、一緒にいる時間が短くてもママが笑顔で一緒にいてくれることのほうが幸せを感じるものです。

子どもとの生活を楽しむためにも、ママが1人で好きなことをする時間は大切です。罪悪感を感じるのではなく、「明日から笑顔で頑張るために今日は楽しもう」と前向きに考えてみましょう。

ママは1人の時間になにをしたらいいの?

趣味や自分の好きなことをして過ごす

「子どもとずっと一緒にいたから、1人でどのように過ごせばよいのか分からない」というママも多いかもしれませんね。子どもがいると公園やテーマパークなど、子どもが喜ぶところにお出かけに行くと思うので、ママが1人で過ごすときは趣味を楽しんだり、本を読んだりと好きなことをして過ごしてみましょう。

買い物や1人でランチやカフェを楽しむのもよいですよね。子どもがいるとゆっくり食事をするのも難しいので、子どもとは行けないような、おしゃれなお店に行ってみるのもよいですよ。

また、お家が好きな方はお家でゆっくり過ごすのもよいでしょう。本を読む、DVDを観る、お昼寝するなど、静かな部屋でゆったり過ごすのもリフレッシュになりますよね。

パパやママ友とお出かけを楽しむ

「1人で過ごすのは少し寂しい」というママは、パパやママ友とお出かけを楽しむのもよいかもしれません。子どもがいるとゆっくり話す時間がとれないことも多いので、子どもを預けて大人だけの時間を過ごすのも気分転換になりますよね。

パパと2人で過ごすのも、円満な夫婦関係を続けるためには大切です。子どもがいると夫婦でゆっくり話す時間が少なくなるので、たまにはパパと2人きりの時間を作ってデート気分を味わいながらたくさん話をしてみましょう。

ママ友とお出かけを楽しむのもストレス発散にはよいですよ。日帰り温泉やカラオケ、おしゃれなお店でランチなど、大人だけで行くとストレス発散になってよいですね。女性同士で気分転換するのも楽しいですよ。

新しいことを始めてみる

1人になれる時間が定期的にある方は、何か新しいことを始めてみるのもよいかもしれませんね。子どもと一緒にいるとなかなかできないような、物作りやおしゃれなスイーツ作り、裁縫など、チャレンジしたいことがある方は1人の時間に始めてみましょう。

お家でできるようなもの以外にも、習い事をするママもいますよね。ダンスや英会話、料理教室など、何か習いたいことがある方は、定期的に1人の時間を作るようにして通ってみるのも楽しいでしょう。ママが新しいことにチャレンジしたり、好きなことをして輝いていたりするのを子どもに見せることで、子どもの成長にもよい効果があります。

子どもがさまざまなことにチャレンジしていけるように、まずは、ママから新しいことに挑戦してみましょう。

まとめ

ママにとって「1人の時間」は、かけがえのない貴重な時間ですよね。子どもがいると1人になれることがほとんどないので、疲れは溜まっていき、ストレスもうまく発散できないことが多いです。「子どもを預けてまで1人の時間を過ごすのは悪い気がする」というママもいますが、ママが笑顔で毎日を過ごすためにも気分転換する時間は大切ですよ。

1人の時間の過ごし方はさまざまですが、貴重な時間を無駄にしないように何をするか決めておくとよいかもしれません。パパやママ友など、大切な人と過ごすのもよいでしょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018