就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

ママの生理中に子ども連れで旅行!ママも子どもも旅行を楽しめる方法

ママの生理中に子ども連れで旅行!ママも子どもも旅行を楽しめる方法

毎月、生理による体調不良で悩んでいるママにとって、生理中に小さな子どもを連れて旅行をするのは大変ですよね。しかし、子どもと一緒にたくさんお出かけして楽しみたいと思うママが多いでしょう。そこで今回は、生理中でもママも子どもも旅行を楽しめる方法をご紹介します。

痛み止めの服用や痛みの緩和法を知っておく

我慢せずに痛み止めを服用しよう

生理痛の痛みは、最も出血量の多い2日目でもほとんど感じない人もいれば、生理開始前からなんとなく下腹部に感じる人もいるなど、人それぞれ違いがありますよね。

多少の痛みでは痛み止めを服用する必要はありませんが、顔色が悪くなったり立っているのもしんどかったりというような痛みを感じてつらいときは、痛み止めを服用するとよいかもしれませんね。

痛み止めを服用することに抵抗を感じる方もいるかと思いますが、我慢したところで痛みが治まることはありません。薬の用法と用量を守って数日~1週間程度の服用なら依存したり効かなくなったりすることはなく、我慢せずに痛みが始まったときに早めに服用することが効果的なようです。

体を温めて痛みを軽減させよう

生理痛を何度も経験したことのあるママは知っていると思いますが、お腹や腰周りを中心に体を温めると痛みがやわらぐ感じがしませんか。これは生理痛の主な原因が子宮の筋肉が収縮することによって起こり、冷えると収縮により強い力が必要となるためです。

「生理痛がちょっとつらいかも」と思ったらまずは体を温めてみることをおすすめします。お腹や腰を温めるように下着の上からカイロを貼ったり、保温性の高い下着を選んだりするとよいですよ。

また、日ごろからストレッチやヨガなどで骨盤周りの筋肉を鍛えて代謝を改善しておくことも生理痛の緩和に効果があります。夏場は暑いので油断しがちですが、冷たいものを飲みすぎたりエアコンで冷やし過ぎたりしないように気をつけましょう。

生理痛が緩和されるツボをマスターしよう

頭痛や風邪に効くといわれるツボがあるように、生理痛を緩和するといわれるツボがあるようです。ここでは、生理痛の緩和に効果が期待できるツボをご紹介します。

・気海(きかい)
へそから指2本分ぐらい下にあたるところです。

・三陰交(さんいんこう)
足首の内側のくるぶしの一番高いところに小指をあてて真上に指4本分、人差し指があたるところです。

・合谷(ごうこく)
手の甲を上にして、親指と人指し指の骨が交わるあいだのくぼみ付近にあります。

ツボを押すときは垂直に、痛いけれど気持ちがよいと感じるぐらいの強さにしましょう。ツボ押しは簡単にできますので、お出かけ前や、車や電車での移動中に気軽に試してみてくださいね。

生理中のママにも子どもにも優しい旅行

生理中も子どもと一緒に遊べる場所を選ぼう

「今度の連休は子どもが楽しめる場所に家族みんなでお出かけしよう」と計画していた日にママが生理になっても、お出かけを中止するということはありませんよね。ただ、生理でナプキンをこまめに交換したい日は、外出先の近くにトイレがないと大変です。

たとえば、川や海、山などの自然を体験できる場所に家族みんなでお出かけすると楽しいですが、トイレが離れた場所にあったり、なかったりする場合もありますので、こまめにトイレに行きたい日はおすすめしません。

子どもが遊べるプレイルームのあるホテルや、子どもが喜ぶ遊び心満点のファミリールームのある宿泊施設などを選べば、トイレが近くにあるので安心ですし、子どもも楽しむことができますよ。

タンポン使用で移動もお出かけも安心

生理中は長時間トイレに行けるタイミングがなかったり、座ったり立ったりする機会が多かったりすると、経血がナプキンから漏れて下着や服が汚れないかが心配ですよね。特に旅行中はそういうことが多く、トイレがあっても赤ちゃんと一緒に入れなくて困ることもあります。

移動やお出かけ先でしばらくナプキンを交換するチャンスがないかもしれないというときには、タンポンを使用すると便利ですよ。正しい位置に挿入すれば漏れる心配も違和感もないので、子どもと一緒に走り回って遊んでも生理を気にせず安心して楽しむことができるでしょう。

タンポンは種類によってはナプキンに比べて経血の吸収量が多く、長時間使えるので電車や車での移動にも役立ちますよ。

家族風呂の部屋を予約しよう

旅行を予定した日が生理と重なって、ホテルの大浴場や旅館周辺の露天風呂を楽しめなかったという経験はありませんか。旅行先でホテルや旅館を利用するときは、家族だけでお風呂の時間を楽しめる家族風呂の部屋を予約することをおすすめします。

家族風呂ならシャワーで流しているあいだに経血が流れても、周りの目を気にする心配がありません。また、赤ちゃん連れの場合も家族風呂だと安心ですね。赤ちゃんがおしっこをしたり急に泣き出したりしても、周りに気を使うことなく対処することができます。

特に何カ月も前から家族の予定に合わせて旅行の日程を決める場合は、生理の周期が予測とずれることもあるので、家族風呂や露天風呂つきの部屋を選ぶと安心です。

慌てないための準備をし周囲へ説明をしよう

子どもにもママにも万能に使えるバスタオル

生理中に子ども連れで旅行するときはバスタオルを準備しておくと役立つときがありますよ。

たとえば、寝るときにシーツの上に敷いておくと、多少経血が漏れてもバスタオルが吸収してくれるので安心です。経血の量が多い日は、夜用のナプキンをつけて漏れないように気をつけていても漏れてしまうことがあります。また、寝ているときは漏れてもすぐに気づくことができないので、バスタオルを敷いて寝るのはおすすめです。

ほかにも、車内で足元が冷えたときにひざ掛けの代わりにしたり、子どもの着替えに使ったり、バッグの中でジュースがこぼれてしまったときに拭いたりなど、様々なシーンで活用できます。

友人ママに聞くと、お出かけ中に子どもが嘔吐したときにバスタオルが役立ったそうです。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2018
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC