就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

子どもが昼寝で汗びっしょり!寝汗対策で快適な睡眠をとろう

子どもが昼寝で汗びっしょり!寝汗対策で快適な睡眠をとろう

寝具が汗でびっしょりになるほど、子どもが大量の汗をかいて昼寝をしていることがありますよね。熱があるわけでもないのに、どうしてだろうと疑問に思うことはありませんか?今回は子どもが寝汗をかく理由や対処法をご紹介します。寝室の環境を整えて、快適な睡眠を取れるようにしましょう。

昼寝のときに大量の汗をかくのはこんな理由

体温を低く保つため調節している

子どもの昼寝中、何度布団を掛け直しても起きるころには掛布団がどこかにいっていたり、寝具が汗でびっしょりになっていたりすることもありますよね。活動していないのにどうして汗をかくのかと疑問に思うかもしれませんが、汗をかくのは子どもに限ったことではありません。

一般的に大人も寝ている間にコップ約一杯分の汗をかくといわれています。これは活動量が少ない寝ている間は、起きているときよりも体温を低く保つように脳が指示を出しており、汗をかいて体温を調節しているからです。

子どもが大人より汗を多くかくのは、大人より新陳代謝が活発で体温が高いためです。乳幼児期の子どもが昼寝で汗びっしょりになってしまうのは、身体の機能上、自然なことなのです。

部屋の暑さや服の着せすぎ

身体の機能上の理由のほかにも、たくさん汗をかくのはもちろん暑すぎるためとも考えられます。子どもが布団を蹴ったり、はいだりしているときは暑がっている可能性が高いですよ。暑がって寝ているときは、部屋の温度や服を着せすぎていないか確認してみましょう。

特に寒い日に暖房をつけているときは、ママにとっては丁度よいかもしれませんが、昼寝している子どもにとっては暑すぎるかもしれません。寝ているとはいえ、子どもの方がママよりも代謝が高いので、部屋の温度は子どもに合わせるようにしましょう。

また、寝ているときの服も着せすぎには注意です。子どもは大人よりも1枚少ないくらいが丁度よいといわれています。大人と同じような服装で寝ていれば、子どもにとっては暑すぎるかもしれませんよ。

病気が隠れている可能性も

子どもが寝ている間に汗をかくことはよくあることなので、ほとんどの場合心配する必要はありません。しかし、汗のかき方によっては注意が必要な場合もあります。

以前より汗をかく量が極端に増えたり、ベタベタする汗をかくようになったりしたときは、風邪やストレスなどの影響を受けているとも考えられます。汗のかき方に変化が出たときは早めにかかりつけ医に相談しましょう。

汗だけでなく、呼吸が荒い、微熱・発熱などの症状があるときは風邪のひき始めの可能性も高いのです。また、汗をたくさんかくと、気づかないうちに汗疹ができていることもあります。子どもの汗のかき方や、様子がいつもと違うときは病気が隠れている可能性もあるので、注意して観察してみてくださいね。

大量の汗をかいたときに気をつけることは

機嫌よく寝ているか確認する

子どもは大人より汗をかきやすいとわかっていても心配になるのが親心です。まず、大量の汗をかいたときは機嫌よく寝ているか確認しましょう。

熱はウイルスと闘っているときに出る「発熱」と、周囲の環境の影響を受けて体内の熱を放出できない状態になった「うつ熱」に分けることができます。そして、うつ熱では汗とともに身体の中のミネラルが体外に大量に流出することで、ときには意識障害を引き起こすことがあります。屋内でも発症する「熱中症」もうつ熱の一種で、最悪の場合取り返しのつかないことになりかねません。

手足が熱くなっていたり、呼吸が苦しそうになっていたりするときはうつ熱の可能性があります。子どもが汗をかきながら寝ているときは、こまめに様子を確認しましょう。

汗を拭くか着替えさせる

汗をかいたまま放っておくと汗疹や乾燥肌など、肌トラブルの原因になります。また、汗冷えによって、風邪をひきやすくなってしまうこともあります。子どもにとっても汗をかいたままの状態は、快適とはいえないでしょう。

子どもが汗をかいたらすぐに拭くか、着替えさせてくださいね。寝ているときは着替えさせることが難しいので、汗を拭く方が手軽にできますね。冷蔵庫で冷やしておいた保冷剤をガーゼで包んで汗拭きタオルに使うと、冷却効果も期待できますよ。

寝ている間にたくさん汗をかいたときは、起きてから着替えをした方がよいでしょう。汗を吸った服のまま過ごすと体調を崩しやすくなってしまうので、清潔な肌着と服に着替えるようにしてくださいね。

寝る前や起きたときに水分補給をする

体内の水分が不足すると、脱水を引き起こす危険がありますよね。水分補給は喉が渇いてからや、汗をかいてからする人が多いですが、水分補給は身体の水分が不足する前に行うことが理想です。

特に昼寝などの就寝中は汗をかきやすいので、寝る前や起きたときにはコップ1杯分の水分補給をした方がよいといわれています。また、ジュースなどの糖分が多い飲み物は、かえって喉が渇きやすくなるため、水やお茶など、糖分や添加物の少ない飲み物を選ぶようにしましょう。

人間の身体の約70%が水分でできていますが、年齢が低くなればなるほど水分の占める割合が高くなります。そのため大人よりも子どもの方が脱水になりやすい体質なので、こまめに水分補給をする習慣をつけてくださいね。

寝汗を防ぐための快適な環境づくりの方法

寝室の温度を調節する

子どもが小さければ小さいほど、自分の状態や気持ちを誰かに伝えることは難しいですよね。子どもが快適に過ごすためには、ママが些細な変化にも気づくことが大切です。

子どもが汗をかいて暑そうなときは、暖房が効きすぎていないか、湿度は適切かどうかなど、寝室の環境を確認してください。ママやパパより子どもの方が体温調節機能も未熟なので、室内の温度設定は子どもに合わせることが大切です。

ママが思っているよりも子どもは暑がりだということ念頭に置いて、寝室の温度を調節してくださいね。また、室温調節のためにエアコンなどを使用して部屋を閉め切ると、空気がよどんでしまうので、定期的に換気するようにしましょう。空気清浄器を利用してもよいですね。
26 件

ライター紹介

teniteo WEB編集部

この記事のキーワード

ピックアップ記事

関連記事

  • テニ-とテーオ
  • teniteoHOME
  • teniteoSCHOOL
  • teniteoPHOTO
  • teniteoWEAR
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • teniteoBRAND
  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • ハハノワ2019
  • 月明かりの映画祭2018
  • キッズハロウィンパーティー2018
  • クリスマスプロジェクト2019
  • teniteoSNAP
  • teniteoSEMINAR
  • 2040pj
  • teniteoFC