就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんには無添加の商品がよいの?無添加のメリットや注意点

赤ちゃんには無添加の商品がよいの?無添加のメリットや注意点

合成着色料や香料、保存料など、食べ物はもちろん洗剤などにも含まれている添加物は、見た目や香りをよくしたり、商品を長持ちさせたりする効果があります。しかし、赤ちゃんには無添加の商品がよいといわれていますよね。今回は無添加の商品を選ぶメリットや、選ぶときの注意点を紹介します。

無添加の意味や推奨される理由を知ろう

「無添加」の一般的な定義について

スーパーなどでも「無添加」と表示された商品を目にする機会が増えました。しかし、「体によさそう」というイメージがあるだけで、どういう意味かわかりにくいですよね。

「無添加」とは一般的に「防腐剤を含んでいない」という意味になります。無添加ではない商品の成分表を見ると「パラベン」という成分が含まれていることがありますが、これが防腐剤の一種です。

食品の場合、防腐剤ではなく「保存料」といわれることが多いようです。パラベンのほか「ソルビン酸」なども使用され、ハム、ソーセージ、かまぼこなどによく使われます。

「防腐剤」や「保存料」は物が腐るのを防ぐ役割を持っています。そのため、「無添加」の商品は使用期限や消費期限が短めになります。

無添加を選びたい理由

無添加の商品は添加物が入っている商品よりも腐りやすく、消費期限も早いというデメリットがあるにもかかわらず、なぜ「無添加の商品がよい」といわれるのでしょうか。

「添加物は体によくないというけれど、政府から認可された成分だから問題ないのでは」という意見もありますね。しかし、添加物の多くは安全性がはっきりしていないものがほとんどです。

また、添加物のなかには発がん性がある物や腎臓などによくない影響を与えるといわれている物もあります。防腐剤は肌荒れを起こすこともあるため、敏感肌やアレルギー体質の人は特に注意が必要です。

赤ちゃんや幼児の体は大人に比べて化学物質の影響を受けやすいため添加物をなるべく避けたほうがよいとされています。

添加物がゼロと勘違いしないように

「無添加」は化学物質が入っていないから安心というイメージがありますが、実は「無添加」の表示方法は法律で定められた基準がありません。

そのため、「無添加」という表示の商品のなかには添加物を一切使っていない商品だけではなく、防腐剤を使用していないだけで着色料などの添加物は含んでいる商品もあるため注意してくださいね。

また、「保存料無添加」「着色料無添加」といった表示がされている商品もあります。保存料や着色料は入っていないけれど、それ以外の添加物は入っているということです。

なお、無添加と同じように安心なイメージがある「オーガニック」も表示基準が定められていません。どちらも表示だけで安心せず、成分をしっかりチェックしましょう。

赤ちゃんに無添加の商品を選ぶメリット

無添加のおやつは赤ちゃんの体にも安心

離乳食が進んだ1歳ごろになると、赤ちゃんにおやつを与える機会が増えます。赤ちゃんのおやつは大人の「おやつ」とは違い、食事では足りない栄養を補う「第四の食事」です。

赤ちゃんの成長に欠かすことができない大切な役割を持つため、栄養をしっかり取ることができるだけではなく、体に不要な添加物を取り込まないことにも気を使いたいですね。

添加物などの化学物質の一部は汗などで体の外に出すことができますが、大部分は体中に残ります。赤ちゃんや幼児は化学物質の濃度が高くなりやすいため発達によくない影響が出るといわれています。

食品添加物は腸内環境の悪化や情緒不安定の原因にもなるといわれていますので、赤ちゃんのおやつは無添加の商品がおすすめです。

赤ちゃんの肌トラブルには無添加石けん

赤ちゃんの肌は大人の肌よりもデリケートなため、あせもや乾燥肌、おむつかぶれなどの肌トラブルを起こしやすいという特徴があります。赤ちゃんの顔にできた乳児湿疹に悩んでいるママも多いのではないでしょうか。

トラブルを起こしている肌は常にストレスがかかっている状態です。刺激が強い添加物を含んだ石けんやボディソープを使うと肌にかかるストレスが増え、肌の状態が悪化することがあります。

また、肌トラブルが起こっているときは肌のバリア機能も低下しているため、化学物質が普段よりも浸透しやすくなっています。添加物が原因でアトピーになりやすい状態ですので注意が必要です。

無添加石けんなら刺激も少なく、赤ちゃんの肌トラブルにも安心ですね。

無添加洗剤なら敏感肌の赤ちゃんにも

一般的な洗濯洗剤には「合成界面活性剤」という石油由来の成分が含まれています。これは、洗濯洗剤のほかに食器洗い洗剤や住宅用洗剤にも使用されている成分です。

衣類は肌に触れる時間が長いため、洗濯洗剤には刺激が少ない界面活性剤が使われています。しかし、刺激が少なくても肌が弱い人は洗濯洗剤が原因で湿疹を起こすことがありますよ。

肌がデリケートな赤ちゃんは洗濯洗剤で肌荒れを起こしやすいため注意が必要です。界面活性剤を含んでいない無添加洗剤なら敏感肌の赤ちゃんも安心ですね。

柔軟剤も界面活性剤が含まれていることが多いので気をつけてください。また、香りが強い商品は香料でアレルギーを起こすことがあるので避けたほうがよいでしょう。

無添加を意識するときに気をつけたいこと

赤ちゃんだけではなくママにも無添加を

赤ちゃんの食べ物には無添加のものがよいのはもちろんですが、ママが食べる物も無添加を心がけるようにするとよいでしょう。

母乳はママの血液を元に作られていますが、血液は食べ物が材料となっています。そのため、赤ちゃんはママが食べ物で取った栄養をそのまま受け取ることができるというメリットがあります。

しかし、体に取り込まれたよくないものも同時に母乳に含まれてしまいます。つまり、ママが添加物を多く含んだ食品を食べていると赤ちゃんは母乳から添加物を取ることになりますね。

妊娠中は、胎盤を通じて赤ちゃんの体に添加物が取り込まれるともいわれています。産後はもちろん妊娠中から添加物は避け、できる限り無添加の食品を取るようにしましょう。

無添加でも赤ちゃんに合わないことも

赤ちゃんの肌トラブル対策や予防に無添加の石けんや無添加の洗剤を選んでいても、赤ちゃんが肌荒れを起こしてしまうことがあります。

こんなときに多いのが「無添加」と表示されているものの完全な無添加ではなく、香料や蛍光剤などの添加物が含まれているというケースです。また、添加物の代わりに使用した天然成分が体質に合わないこともあります。

例えば、保湿成分としてよく使われる「プロピレングリコール(PG)」という添加物の代わりに、天然の「ホホバオイル」を使った商品があります。ホホバオイルは低刺激ですが、アレルギーを起こすこともあるため「絶対に安全」とはいえません。

無添加でも体質に合わないときは、別の無添加商品を試してみてくださいね。

添加物を気にしすぎないことも大事

赤ちゃんの健康のためにも、添加物を含んだ食品や洗剤などは避けたいものですが、現在流通している商品の多くは添加物を含んでいます。

なかでも食品は「添加物がなければすぐ腐ってしまう」という問題があるため、添加物をなくすことが難しいのが実情です。そんななかから無添加のものだけを選ぶのは大変ですよね。

また、無添加の商品だけを選ぶのは手間と時間がかかるだけではなく大きなストレスとなります。なかには、添加物が気になりすぎてノイローゼ状態になるママもいるようです。

添加物が入っているから必ず湿疹ができたり、病気になったりするわけではありません。添加物はできることなら避けたほうがよいですが、気にしすぎないようにしてくださいね。

まとめ

無添加の商品は刺激の少ない優しい商品が多く、赤ちゃんにも安心して使うことができます。

しかし、無添加と記されている商品には添加物を一切使用していない「完全無添加」から、特定の添加物だけを使用していない「一部無添加」まであるため、無添加の商品を選ぶときは注意が必要です。

また、生活のすべてを無添加の商品だけでまかなうのは難しいので、「無添加にこだわるのは赤ちゃん用品だけ」など、こだわる範囲を決めておくとよいでしょう。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018