就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

3人目の里帰りはいつまでがよい?里帰りする場合の心配事とメリット

3人目の里帰りはいつまでがよい?里帰りする場合の心配事とメリット

3人目の出産で里帰りをするメリット

家事や育児をお願いしてゆっくり休める

3人目の出産だからこそ、里帰りをするメリットはたくさんあります。3人目出産の場合は、ママは妊娠中も2人の子どもの育児をしているので、ゆっくりすごせていない方が多いでしょう。ですから、出産したあとは里帰りをして、家事や育児を両親などにお願いしてママの体を休めることが大切ですよ。

出産後1カ月くらいの産褥期に無理をしてしまうとママの体の回復が遅れ、さまざまなトラブルを起こす可能性があります。3人目出産後にママが体調を崩すと、ほかの人に負担がかかり迷惑をかけてしまいますし、上の子どもたちにも寂しい思いをさせてしまいますよね。

子どもたちやパパのためにも、思い切って里帰りをしてゆっくりする時間を作るのもよいのではないでしょうか。

上の子の相手をしてもらえる

生まれてきた赤ちゃんは、当たり前のことですが自分ではご飯を食べることも、移動することもできません。大人なら赤ちゃんを最優先にすることは普通のことですが、上の子たちは赤ちゃんのお世話で忙しいママを見て寂しい思いをしている可能性もあります。

里帰りをするとママが赤ちゃんの授乳などのお世話をしている間に、祖父母などが上の子たちの相手をしてくれるので助かるでしょう。上の子たちも遊んでくれる人がいると寂しい思いをせずにいられるので、里帰りは上の子たちも充実した毎日をすごせるかもしれませんね。

里帰り中に上の子たちも楽しめるように、長期休みは実家に帰るなどして、出産前から定期的に祖父母とふれあい慣れさせておくことが重要なポイントですよ。

育児のアドバイスや精神面でのサポート

3人目を出産したあとの里帰りは、上の子たちのためだけではなくママにとっても必要な期間かもしれません。ママの体を休められることも里帰りのメリットですが、自分を育ててくれた母親がいることの安心感はなにものにも代えられないことでしょう。

3人育児は体力面だけでなく、精神面でも疲れることが多いです。赤ちゃんがいても上の子たち同士のケンカがあったり、赤ちゃんにやきもちを焼いたりなど、育児の悩みは尽きません。ママが育児で悩んだとき、母親が身近にいると育児のアドバイスや精神面で大きなサポートをしてもらえて助かりますよ。

育児のことはパパには理解することが難しいこともあるので、里帰り中に色々なアドバイスを聞いておくとよいでしょう。

まとめ

3人目の里帰りは上の子たちのことなどもあるので、里帰りするか悩むママは多いでしょう。パパが全面的にサポートをしてくれる家庭ならよいですが、仕事もあるので難しいですよね。日中ママが1人で3人の子育てをするのは、出産後のママにはかなり負担のかかることです。

里帰りは出産後にしっかり体を休められる、精神面で安定するのでママが3人育児を楽しめるなどのメリットがたくさんあるので、自宅で頑張ろうと無理をせず、里帰りを決断する勇気をもちましょう。
28 件

関連記事

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND