就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

30代の子育てママの仕事事情!働きやすい仕事や求人の探し方のコツ

30代の子育てママの仕事事情!働きやすい仕事や求人の探し方のコツ

子どもが保育園や幼稚園に通うようになったことを機に、30代の子育てママが仕事を始めようと思ったとき、ブランクもあるのでどのような仕事を選べばよいか悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。ここでは、家庭との両立を目指す30代ママにおすすめの仕事について紹介します。

子育てママたちが働きやすい仕事3選

主婦が多くて融通が利くスーパーの仕事

家庭との両立を重視し、勤務時間の融通が利く仕事を探すママにはスーパーでのお仕事がおすすめです。スーパーは店舗数も多いので、自宅近くや保育園・幼稚園の近くなど、ご自身の生活にあった勤務場所を選ぶことができます。

スーパーの仕事は、レジ打ち・惣菜調理・品出しなど仕事内容はさまざまです。勤務先によって、完全に分業制のところから、複数の仕事を担当するところもあるようです。

この仕事が主婦におすすめの理由は、なんといっても同じように子育てをしている主婦が多く働いているためです。勤務時間などが子育て主婦に向いていることや、同じように子育て中の主婦が働いているため、急なお休みやシフトの調整など、お互いさまの精神で融通を利かせることができます。

短時間勤務ができるレストランや調理場

長時間働くことが難しいような場合は、レストランや調理場での仕事もおすすめです。これらの仕事は一般的にランチタイムが繁忙時間となりますので、ランチタイムのみの求人募集をしていることがあります。

レストランの場合は、調理スタッフとホールスタッフの二つの仕事があります。希望がある場合は、事前に伝えるようにしましょう。また、仕事のあとには、まかないとして割安で食事をすることができることも多いのもこの仕事の魅力です。

調理場スタッフの場合、勤務内容や時間等の条件にもよりますが、調理師免許の受験資格を獲得することもできるので、食に興味があり、将来的にステップアップを希望する場合にはメリットになりますね。

長く働きたいママに人気の事務職

立ち仕事で体力に不安がある場合は、一般事務のお仕事もおすすめです。以前に事務職経験があるママには、ブランクはあるものの経験を活かすことができるお仕事です。

仕事のあとも家事に育児に忙しいママは、デスクワークを選択することで体力的な負担を軽くすることができます。また、事務職の場合、スキルや経験を積んで、子どもが大きくなったときに転職やステップアップなどを目指すこともできますよ。

事務職の場合、会社によって勤務時間や子育て主婦へのフォローの手厚さは大きく異なります。なかには短時間勤務が難しい場合や、残業が必要な場合もあります。職場に子育てママが多い職場は比較的理解がある職場と考えられます。まずは働きやすさを優先して仕事を選ぶと安心ですね。

仕事を探す前にしておきたいこと

子どもの預け先が確保できるか確認しよう

仕事を探すときには、子どもの預け先についても忘れずに検討しましょう。

幼稚園であれば、ママが仕事をしていなくても入園は可能です。しかし、幼稚園は預かり時間が短いので、フルタイムでのお仕事は難しいこともあります。フルタイムでの勤務を希望する場合、延長保育の利用可否について確認しておきましょう。

保育園の場合、すでに仕事をしているママが優先されてしまいます。求職中または勤務内定の場合、保育園入園が可能かどうか、あらかじめお住まいの役所に確認をしておくとよいでしょう。

求職中に保育園に入所した場合でも、入園後一定期間内に仕事が見つからないと退園となることがあります。仕事と子どもの預け先は、同時進行で探す必要がありますね。

どんな働き方をしたいか再確認しよう

仕事をするにあたって、まずは働く目的を確認しましょう。家計の足しにするために働くのか、将来的なキャリアアップを含めてしっかりと働くのかによって、それぞれにあった雇用形態があります。

あくまでも家庭をメインに働くのであれば、融通の利く派遣やパートの仕事がよいでしょう。収入面も重視したい場合は、正社員の仕事を探してみましょう。

仕事を選ぶ際に意識したいのが、「パパの扶養の範囲内で働くのか」という点です。ママの年収が103万以下であれば、ママの収入に対して所得税がかかりません。さらに、2018年以降は年収150万以下の場合はパパが配偶者控除を受けることができます。これから仕事を始める場合は、どの範囲内で働きたいかを考えるとよいですね。

収入アップを目指すなら資格取得もあり!

収入アップを目指す場合は、資格取得も検討してみてください。将来的に働くときのために、あらかじめ資格を取得しておくと、求職活動に有利に働くこともあります。

一般事務職の仕事を希望するママにおすすめの資格がまずは簿記検定です。3級から勉強を始め、2級の取得を目指しましょう。次におすすめの資格が、PCの基本的なスキルを示すMOS検定です。これらの資格を保有していることで、一般事務としての基本的なスキルがあることをアピールできますよ。

そのほかにも、医療事務や介護関連の資格、保育士資格など専門的な資格を持っていると、仕事探しにおいて有利に働きます。

これらの資格は、通信教育などで勉強することができるので、子育て中のママでも挑戦しやすいですね。

仕事の探し方と受かるためのアドバイス

ママが仕事を探すための方法

働き方を考え、子どもの預け先も検討したら、いざ仕事探し。ママが仕事を探すには、いくつかの方法があります。

まずは、求人誌や求人サイトを利用することです。特に、求人サイトの場合は、希望の条件を入力すると、その条件にあった求人をピックアップしてくれるので効率的です。また、事務の仕事に強いサイトや飲食の仕事に強いサイトなど、求人サイトによって特色があるので、複数のサイトに登録してみることをおすすめします。

ほかにも、子育て中のママの求人に特化したものとして、マザーズハローワークがあります。ハローワーク内に設けられており、子ども連れで行って求人を探すことができるうえに、再就職セミナーを開催するなど、子育てママの再就職を積極的に後押ししてくれます。

働きやすさを優先した仕事選びをしよう

仕事を探す際は、「家庭との両立ができる環境か」を重視するとよいでしょう。働きやすさを判断するには、いくつかの判断材料があります。

まずは、勤務先の場所や勤務時間などの条件面に無理がないことです。ママは仕事のあとも子どものお迎えに家事に、やらなくてはならないことが盛りだくさんです。通勤に時間がかからないことや、時間の余裕をもってお迎えにいけることは重要なポイントになります。

ほかにも、同じように子育て中のママが多く働く仕事は、家庭との両立への理解があることが多いです。どうしても子どもの体調不良によるお休みや、行事でのシフトの融通が必要になることがあるので、お互いさまの精神で助け合える職場は魅力ですね。

面接に受かるための予行練習をしよう

希望の仕事が見つかっても、採用されなくては始まりません。事前に面接の対策をしておくと安心です。

面接では、今までの仕事の経験に加え、希望の勤務条件などについて聞かれることが多いようです。ブランクはあるものの、出産前は仕事をしていた場合は、どのような仕事の経験があるのかを、自分の長所を絡めてアピールしましょう。

特にシフト制の仕事の場合は、勤務条件の希望が一致することが非常に重要になります。勤務可能な時間や繁忙期の残業の可否については、家族の協力が必要になることもありますので、事前に家族でよく話し合っておくとよいでしょう。

普段育児に奮闘するママにとって、面接の場は緊張の場かもしれません。だからこそ、事前準備をしっかりとして臨みましょう。

まとめ

久しぶりに仕事をしようとするママは、これからの家庭と仕事との両立に不安があるかもしれませんね。働くにあたっては、家族、特にパパの理解と協力が必要になるので、事前によく話し合ってみてください。

家庭と仕事との両立には、働きやすい職場環境の仕事を探すことが大切です。また、なによりもせっかく仕事をするならば、ママ自身が楽しんで働くことのできる仕事が理想ですよね。自分の希望と勤務条件とを勘案して、無理なく続けられる仕事探しをしてみてください。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018