就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

新生児は昼夜逆転しやすい!夜寝るための対策や寝ないときの対処法

新生児は昼夜逆転しやすい!夜寝るための対策や寝ないときの対処法

新生児との新しい生活がはじまると、ママは十分な睡眠時間が取れなくなります。赤ちゃんは昼夜関係なくお世話が必要ですが、そもそもなぜ夜まとめて寝ることが難しいのでしょうか。新生児は昼夜逆転しやすいといわれますが、その理由と対策についてもご紹介します。

新生児の昼夜逆転はなぜ起きる?

新生児に生活リズムはない

「朝目覚めて夜眠る」この当たり前のことは、私たちに備わっている体内時計がつかさどり、自然なサイクルとして身についていきます。ですが、生まれたばかりの新生児は、体内時計がまだ未熟なため、昼と夜の区別がつかず昼夜逆転してしまうことも珍しくありません。

むしろ、1日のほとんどを寝て過ごす新生児には昼も夜も関係なく、お腹が減ったりおむつに不快感を感じたりすることで目を覚ましてしまいます。ママはまとまった睡眠が確保できず、非常につらい時期ではありますが、生活リズムが整うことで徐々に改善されていきますのでもう少しの辛抱です。

生後2カ月をむかえたら、徐々に赤ちゃんの生活リズムを整えることを意識して過ごすようにしましょう。

まとめて寝ることができない

新生児はほとんど眠って過ごしているようにみえても、その眠りは浅く、ちょっとした物音や不快感でも目を覚まします。眠っているようでも色々な音や刺激を感じ取る様子は、ママのお腹にいたときの名残でもあるのかもしれませんね。

生まれてからの1カ月間である新生児期は、めざましい成長を遂げるときでもあります。眠る中で成長をし、身体の機能を整え、外の世界に一生懸命慣れようとしています。

ママは赤ちゃんが早くまとめて寝てくれるようにならないかと切に願う日々が続くかもしれませんが、薄暗かったお腹の中から出てきてまだ間もないことを忘れてはいけません。赤ちゃんが日の光や夜の静けさを感じられるようになるまで、もう少し待ってくださいね。

2~3時間たてばお腹がすく

身体の機能がまだ未熟な新生児は、なにをするにも「少しずつ」が基本にあります。まだミルクや母乳をうまく飲めないため少しずつ飲む、消化機能も未発達なためうんちやおしっこも少しずつ出します。

そのためママは1日に何度も授乳やおむつ替えをすることが必要になります。赤ちゃんは眠っていても2~3時間たてばお腹がすいてしまうので、授乳とおむつ替えで1日が終わってしまうような感覚です。

ただし、これも時間が解決してくれます。1度に母乳やミルクを飲める量はどんどん増え、膀胱はおしっこをためられるように発達してきます。

寝てばかりだった日々から、日中の活動時間が増える日々に変われば、昼と夜が区別できるようになるまでもう少しです。

昼夜逆転させないための対処法は?

生活の中で刺激や興奮を減らす

新生児にかかわらず、いつもと違う環境や日中に興奮するようなできごとがあると、夜まで神経が高ぶりなかなか寝つけないということがあります。乳幼児ではお出かけ後に発熱してしまうこともよくありますね。

生後間もない赤ちゃんでも、環境の変化に驚いて眠る時間が乱れてしまうことがあります。長距離移動をしたり、知らない人にたくさん出会うだけでも赤ちゃんにとっては大きな刺激です。

まだ生活リズムが整っていないからといって、夜中に大きな音でテレビを見ることや大きな声で話すことは避けましょう。新生児期はとくに、穏やかな環境で赤ちゃんが安心して過ごせるように心がけることが、その後の生活リズムを身につけるうえでも大切です。

暑すぎたり寒すぎたりないように適温を意識

赤ちゃんは体温調整が苦手なので、暑すぎたり寒すぎたりする環境では快適に眠ることできません。汗をかいているときは必ず着替えをしてから、室内を赤ちゃんにとって快適な20℃から25℃程度に調整しましょう。

寒すぎると風邪をひいてしまいますので、赤ちゃんの手や背中を触って冷たくないか確認します。寒いときは室内温度を上げるか服をもう1枚着せますが、赤ちゃんは大人よりも暑がりなので、大人が着ている服の枚数より1枚少なめがちょうどよいといわれています。

室内で靴下をはかせることは自力での体温調整を育む妨げにもなりますので、室内が適温以内であればはかせる必要はないという意見もあります。季節や場所に合わせて赤ちゃんの眠る環境を整えましょう。

起床時間やお昼寝時間を調整する

新生児期は赤ちゃんのタイミングで起床やお昼寝をしてきましたが、徐々にママが調整していくと昼夜逆転現象の改善に期待ができます。2時間、3時間という小刻みの睡眠であっても、朝の7時を過ぎたら明るい部屋に赤ちゃんを移動する、お昼寝の時間になったらテレビなどを消して眠る準備をするなど工夫しましょう。

できる限りでいいので、メリハリのある1日を過ごすようにすると赤ちゃんも生活リズムを整えやすくなります。沐浴やお散歩なども毎日決まった時間に行うのがポイントです。

気まぐれで時間を変更することは赤ちゃんの整いつつある生活リズムを乱すきっかけにもなりますので、1日のスケジュールを決めてなるべく守るように心がけましょう。

新生児を夜寝かせるコツや寝かしつけ方

抱っこしながら歩いてみよう

泣いている赤ちゃんを抱き上げるとすぐに泣き止むことがあります。そのままゆっくり歩いてみると、寝てしまうことも珍しいことではありません。

赤ちゃんには抱き上げられると大人しくなるという本能が備わってます。これは動物の赤ちゃんにも備わっているもので、親猫が子猫の首を噛んで移動するときに子猫が動かなくなるのと一緒です。

赤ちゃんは抱き上げられると心拍数を下げ、リラックスしてそのまま眠りに落ちます。もともとは親と一緒に危険から逃れるために備わっていた本能ですが、眠ってほしいときにママが使う裏技としても有効です。

寝かしつけが難しい赤ちゃんでも、ママが抱っこして部屋の中をぐるぐる回ることで寝てくれることが多いようです。

ママの声は安心材料。ゆっくり話しかける

眠るときに大事な要素に「リラックス」があります。騒がしい音やまぶしい光、赤ちゃんにとって少しでも不快、不安な材料があると、なかなか寝ついてくれないことがありますね。

赤ちゃんにとってもっとも安心なのがママの存在、ママの声です。もちろん、パパでもOKな赤ちゃんもいますが、お腹の中でずっと聞いてきたママの声は別格かもしれませんね。

赤ちゃんにたくさん話しかけることは、赤ちゃんを安心させるだけでなく脳の発達にも大きな効果をもたらします。赤ちゃんだからわからないということは決してありません。

赤ちゃんはママの穏やかな口調や優しい声を感じ取ることができます。ゆっくり話しかけて、深い眠りにつけるように助けてあげましょう。

CDや子守唄も効果絶大

眠りに入るときに無音を好む人もいますが、心地いい音楽に包まれると心も身体もリラックスでき、眠りに入りやすい人もいます。赤ちゃんにとってママの声も大好きな音の一つですが、子守歌やリラクゼーションのための音楽CDを聴いても入眠効果があります。

耳にかすかには入る程度の音量で、眠る姿勢のままお気に入りの音楽をかけてみましょう。静かな環境の中で、音楽に耳を澄ますことが眠りを誘うコツです。

ママがそばで一緒に聴けば赤ちゃんはよりリラックスできますね。ママが子守歌を歌ってももちろんOKです。

ただし、テンポのいい曲や子どもの好きな歌をかけてしまうと逆に興奮して寝られなくなってしまうこともあるので選曲は慎重にしてくださいね。

昼夜逆転してしまったときの治し方は?

光と音で朝夜の区別をつけてあげよう

乱れた体内時計をリセットするために、朝は日の光を浴びるとよいと聞いたことはないでしょうか。逆に、寝る前にスマホの画面やテレビの強い光を見ると眠りの質に影響を与えたり、眠れなくなったりする原因になります。

このように、光は体内時計に大きな影響を及ぼしますので、赤ちゃんの昼夜が逆転したときは、対策としてまず朝日を浴びることからはじめてみましょう。

また、日中の生活音と夜の静けさには大きな違いがあります。実際に生活しているとあまり気にならないかもしれませんが、赤ちゃんがお昼寝をしているからといって不自然に静かにすると逆効果になる場合もあります。

新生児主導の生活から、徐々に朝夜の区別がつく生活への移行を促しましょう。

昼間にたくさん遊んで早めに寝る対策を

赤ちゃんに生活リズムが身につくと、徐々にまとまった時間、夜に眠れるようになってきます。授乳で目が覚めても、またすんなり眠りにつくことが増えます。

しかし、これも日中どのように過ごしたかで決まりますので、昼間お散歩に出るなど適度な刺激を与えることが大事です。身体が動かせるようになった赤ちゃんなら、たくさん遊んで活動量を増やします。

ただし、幼児期まではお昼寝が必要ですので、昼間に遊びすぎてしまうと夕方たっぷり昼寝をしてしまい、結局夜遅くまで眠れない悪循環に陥ることもあります。お昼寝が必要な場合は15時までに起きるように調整して夜の就寝時間に響かない対策をとりましょう。

早く眠れるために、日中の過ごし方を見直すことが大事です。

夜中の授乳を長めに与えてみる

お腹がいっぱいになると、眠たくなってしまうのは大人も子どもも同じです。赤ちゃんもたっぷり母乳やミルクを飲んだ後は、ぐっすり寝てくれることが多いですね。

赤ちゃんが夜なかなか寝てくれないと感じるときは、眠る前や夜中の授乳を少し長めに設定してみましょう。ミルクの場合は1日の容量を超えない範囲で、いつもより多めに満足するまで飲ませてみることも試してみてください。

日中、赤ちゃんがすやすや寝てくれるとママは家事がはかどり嬉しいですが、そのことが夜の睡眠が浅くなる原因になっているかもしれません。昼間は活動の時間、夜は睡眠、と赤ちゃんが理解するためにも、長時間お昼寝をさせることに一生懸命になりすぎない方がよいかもしれませんね。

なかなか昼夜逆転が直らない。原因は?

げっぷや便が上手に出ていない

うんちの回数が多いイメージの赤ちゃんでも、便秘になってお腹が張ってしまうことが少なくありません。授乳の後のげっぷが不十分だと、横にしたときに苦しくて泣き止まなくなってしまうこともあります。

ママでも便秘がちだったり、お腹にガスがたまりやすかったりすると不快感からゆっくり眠れないことがあるのではないでしょうか。赤ちゃんの便の回数や量、げっぷはちゃんと出ているかなどを日ごろからチェックしていると、ちょっとした変化にも気づきやすくなります。

授乳期の赤ちゃんの便秘には体質だけでなく、ママの食生活も大きく関わっています。赤ちゃんの便秘を解消するためにはママの食事の脂質や糖質を控え、ママの便秘も解消することが有効だといわれいます。

おむつが濡れていたりサイズが合わない

おむつが濡れていることは、赤ちゃんの睡眠を妨げる十分な要因になります。個人差はあるものの、月齢の低い赤ちゃんは1日に20回ほどのおしっこ、10回ほどのうんちをすることがあります。

新生児のうちは、ママがおむつを確認するたびに濡れているので何度も交換することになりますが、そのままにしておくとおむつかぶれの原因になるのでこまめな交換は大事です。「寝ているときにおむつ交換はかわいそう」と悩むこともありますが、かぶれてかゆみや痛みが出るよりは早めに交換した方がよいですね。

おむつのサイズが合っていないことも不快感の原因です。お腹周りがきつい、脚のつけ根が食い込むなどで眠れないことがありますので定期的にサイズの見直しをしましょう。

病気の可能性も視野にいれておく

いつもは夜寝てくれるのに、今日に限って寝つかないというときは、赤ちゃんの体調に変化がないかチェックしてみましょう。便秘やげっぷの影響だけでなく、発熱やどこかに痛みがあるのかもしれません。

なにをしても泣き止まないときや、意識がもうろうとしている、特定の場所を触ると激しく泣くなどいつもと違うと感じる場合は、夜中であっても病院や相談窓口に連絡しましょう。発熱の有無やほかに症状がないかなどを聞かれますので、落ち着いて答えてください。

いざというときに慌てないためにも、母子手帳や保険証はまとめておき、緊急診療を行っている病院や相談窓口の電話番号は目につきやすいところに書いておくなど対策しておくと安心ですね。

まとめ

ほんの短い期間だと分かっていても、夜まとめて眠れないことはママの心と身体の大きな負担になります。色々悩んで不安になってしまいそうですが、新生児は夜まとめて寝ないのが普通です。

新生児期を乗り越えれば徐々に夜まとめて寝てくれるようになります。そのうち、毎朝幼稚園や学校に行くために起こすのに苦労する、という日々が訪れますので心配は無用です。

新生児期を越えても昼夜逆転している場合は、毎日の過ごし方を見直して、家族みんなで規則正しい生活を目指しましょう。

ライター紹介

teniteo WEB編集部

関連記事

この記事のキーワード

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoHOME
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハハノワ2019
  • クリスマスプロジェクト2018