就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

正産期はハーブティーでリラックス。選び方の注意点とおすすめの種類

正産期はハーブティーでリラックス。選び方の注意点とおすすめの種類

正産期におすすめなハーブティーとは

別名安産のお茶「ラズベリーリーフティー」

妊娠初期には避けたいけれど、正産期に入ったら積極的に飲みたいハーブティーの代表が「ラズベリーリーフティー」です。安産のお茶とも呼ばれていて、子宮収縮を促して陣痛を呼び、お産をスムーズにする効果があると出産を今か今かと待ち望む正産期の妊婦さんの希望の星にもなっています。

ラズベリーリーフティーはきれいな赤い色、甘酸っぱくて飲みやすいのも人気の秘密です。また鉄分も豊富なので貧血改善にも期待できます。母乳の生成にも鉄分は欠かせませんので、余ったラズベリーリーフティーを産後に飲むのもおすすめです。

ヨーロッパでは古くから妊婦さんに親しまれてきたお茶ですが、過剰摂取による異常も報告されているようなので、飲む時期と量には注意しましょう。

産前産後のストレスを緩和「たんぽぽ茶」

コーヒーをたくさん飲んでいた妊婦さんは、妊娠中に控えることでストレスになってしまうことがありますね。そこで「たんぽぽ茶」を代わりに飲んでみましょう。たんぽぽの根から作られるたんぽぽ茶は「たんぽぽコーヒー」としても有名で、色はコーヒーのように茶色く味に深みがあるのが特徴です。

コーヒーの代用になってもその効果は逆で、コーヒーが体を冷やすのに対し、たんぽぽ茶は内臓を温めます。妊婦さんには大敵の冷えを予防するのにぴったりですね。もちろんノンカフェインなので寝る前に飲んでも大丈夫です。

こちらも、産前だけでなく産後も続けて飲むことができます。同じたんぽぽ茶でも微妙に味が違うので、お気に入りのコーヒーを選ぶ感覚で色々試してみましょう。

ビタミンCが豊富な「ローズヒップティー」

寒い季節、薬を気軽に飲めない妊婦さんは風邪予防にも気を使いますね。ビタミンCには免疫力を高める効果があり、風邪予防にもなるため日ごろから積極的に摂りたい栄養素です。また、コラーゲンの生成にも使われるため、妊娠中の肌荒れ予防、改善にも効果があるといわれています。

ローズヒップティーはレモンの20倍のビタミンCが含まれるローズヒップを原料としたハーブティーです。爽やかな酸味があるのでつわり中でも飲みやすい、妊娠中に飲みたいハーブティーの定番です。正産期から産後にも、続けて飲むことで美肌をキープできるかもしれません。

ただし、飲みすぎると下痢になってしまうことがあるので、適量を守って飲むようにしましょう。

まとめ

産前産後は普段よりも積極的に水分摂取をするように指導されますが、コーヒー、紅茶、緑茶などを制限されるので飲むものに迷ってしまう妊婦さんが多くいます。そんな悩める妊婦さんの救世主となるのがハーブティーです。

ただ水分補給するだけでなく、ハーブの持った様々な薬効も得ることができます。その分選び方には十分注意する必要がありますが、今まで知らなかったハーブの世界に足を踏み入れるチャンスにもなります。

産後も飲み続けられる、産後こそ飲みたいハーブティーもありますので、ぜひ色々調べてみてくださいね。
28 件

関連記事

ピックアップ記事



  • 月刊ポピー
  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND