就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

赤ちゃんがいて家事ができない。そんな時どうやって乗り切る?

赤ちゃんがいて家事ができない。そんな時どうやって乗り切る?

赤ちゃんがいると抱っこやお世話に忙しくて、なかなかスムーズに家事が進まずママは大変ですよね。「お昼寝中にしようとしても、すぐ起きてしまってできない」と悩むママは多いです。今回は、家事をするときに赤ちゃんをどう待たせればよいのかや、ママが家事中に使える便利グッズなどをご紹介します。

赤ちゃんがいて完璧な家事は不可能

赤ちゃんは泣かせっぱなしで大丈夫?

「新生児の頃はよく寝てくれたので家事ができていたけど、成長するにつれてよく泣くようになり、家事が全然進まない」と悩むママは多いですよね。赤ちゃんは成長するにつれて、起きている時間が少しずつ長くなります。また、自我が少しずつ芽生えてくるので、ママが抱っこしてくれないと泣きはじめる子も多いです。

泣いている赤ちゃんを見るとどうしても「抱っこしないとかわいそう」と、本能的にママは抱っこしてしまいます。しかし、そうすると家事が全然進まなくて生活が成り立たなくなりますよね。

毎日愛情をもって赤ちゃんと過ごしていれば、赤ちゃんとママとの信頼関係はしっかりできています。家事をする少しの間であれば、多少赤ちゃんが泣いていても家事を進めて問題ないでしょう。

短時間の放置は声かけで対応

家事をする短時間でも赤ちゃんを放置するときに、ただ赤ちゃんを放置して家事に集中してしまうと、赤ちゃんはママがいないことを感じて不安な気持ちになります。ですから、短時間の間でもあなたのことを気にかけていることを表現しましょう。

たとえば、「もうすぐ洗濯終わるからね。待っててね」などと、優しく声をかけてあげるだけでも、赤ちゃんはママの声に安心感を抱きます。また、家事をしている合間にも赤ちゃんの顔を覗きにいき「ちゃんと待ってくれてるね。おりこうさんだね」と、声をかけるのもよいですね。

「ママはあなたのことをしっかり気にかけているよ」という気持ちが赤ちゃんに伝われば、赤ちゃんが取り乱してギャン泣きするということもないでしょう。

家事と育児は両立を目指さない

家事と育児を完璧に両立していくことは、ママにとってはかなりの負担になります。頑張りすぎるとママが疲れてしまうので、「育児をしながら家事はできるときにやろう」ぐらいの気持ちが大切かもしれませんね。

友人ははじめての出産の後、育児と家事がなかなか両立できず悩んでいたそうです。母親に相談すると「今は育児を優先して、家事は手抜きでできるときにやったらいいよ」とアドバイスをもらい、心が軽くなったと話してくれました。

育児も家事も両立しようとすると、うまくいかなくてイライラしたりストレスがたまったりすることも多いですよね。「今は育児を頑張って、家事は後回しでも仕方ない」と思うと、家事ができない日があってもストレスを抱えずに済みますよね。

先輩ママに聞いた解決方法とは?

パパに「やりません宣言」をする

育児をしながら家事をこなすことは、ママ1人ではなかなかできるものではありません。また、完璧にこなそうと頑張りすぎるとママが疲れてしまいます。

先輩ママBさんは、毎日休む間もなく育児と家事に必死だったそうです。しかし、そんな毎日に疲れてしまい「ママにもゆっくりする時間がほしい」と、パパに「パパが休みの日は、家事をやりません」と、思い切って宣言したと話してくれました。

宣言したときはパパもビックリして焦っていたそうですが、休みの日に普段ママがこなしている家事を経験してみて、ママの大変さに気づいてくれたそうです。それからは、パパから積極的に家事や育児に協力してくれるようになり、助かっていると話してくれました。

手抜きに使えるものは全て活用する

赤ちゃんを育てながら家事をしていくためには、家事を手抜きすることも大切です。様々な手抜き方法があるので、上手に活用して家事の負担を減らしましょう。

先輩ママCさんは、スーパーが近くにないため赤ちゃんを連れて買い物に行くのが辛かったそうです。そんなときにネットスーパーがあることを知り、今ではほとんど買い物に行かずネットスーパーを利用しているそうですよ。

また、料理もあらかじめカットしてある野菜を購入して使ったり、電子レンジを使った時短料理を活用したりしているそうです。赤ちゃんがいると料理にあまり時間をかけられないので、手早く料理ができるとよいですよね。

ほかにも、簡単に汚れがとれるお掃除道具を活用するなどして、お掃除も簡単に済ますそうですよ。

家事の後のスキンシップで心が癒える!

育児をしながらの家事はあれもこれもと大忙しで、家事の後はどっと疲れを感じるママがほとんどですよね。そのようなとき、赤ちゃんとスキンシップをとると心がホッとして癒されることもありますよね。

先輩ママDさんは、忙しい家事をこなした後に赤ちゃんを抱っこすると、とても癒されて幸せな気持ちになると話してくれました。赤ちゃんを抱っこしたり、ほっぺを触ってみたりと、たくさんスキンシップすることで赤ちゃんもママからの愛情を感じることができますが、ママにとっても癒しの時間になるそうです。

どんなに疲れていても、赤ちゃんが笑ってくれるだけで「明日も頑張ろう」と思えるそうですよ。赤ちゃんがママに与えるパワーは本当にすごいですよね。

グッズを活用して家事をするのもあり!

「ベッドメリー」でぐずり解消

赤ちゃんがねんねの時期に大活躍するものが「ベッドメリー」です。ベビーベッドに取り付けることができるもので、オルゴールのような優しい音楽が流れ、赤ちゃんの上でかわいいおもちゃがくるくると回ります。

赤ちゃんは優しい音楽を聴いたり、くるくる回るものを見るのが好きな子が多いです。また、赤ちゃんが手を伸ばしておもちゃに触れることもできるので、ママの家事をする時間にメリーを使うとご機嫌に遊んでくれる赤ちゃんも多いでしょう。

また、「なかなか赤ちゃんが寝てくれないときにメリーを使うと、ウトウトしはじめてすぐに寝た」というママもいます。ママが離れると泣いてしまう赤ちゃんも、メリーのおかげで機嫌がなおるかもしれませんね。

「バウンサー」があれば目が届く

ママが家事をしているときは、赤ちゃんを抱っこできないので寝かせておく必要がありますよね。しかし、ベビーベッドが寝室にあると、赤ちゃんの様子を見られないので心配になる方も多いのではないでしょうか。

そのようなときに便利なのが、「バウンサー」です。バウンサーは持ち運びが簡単なので、料理中はキッチンに置いておけるなど、常に赤ちゃんの様子を見ながら家事をすることができます。

バウンサーには、ベッドのようになるものやおもちゃが取り付けられるものなど、種類がたくさんあります。ベッドになるタイプだと赤ちゃんのお昼寝にも活用できるので、便利ですよね。自分の生活スタイルに合ったバウンサー選びをすると、たくさん使えそうですね。

「おんぶ紐」で両手をあける

「赤ちゃんのそばから少しでも離れると、大泣きして大変」と悩むママも多いのではないでしょうか。赤ちゃんの性格によっては、ママが抱っこしていないと不安になり泣いてしまう子もいますよね。

そのような赤ちゃんに大活躍なのが、「おんぶ紐」です。おんぶ紐は、首が据わる生後3~4カ月頃から使用することができます。抱っこ紐だとどうしても家事がしづらいことが多いですが、おんぶ紐だと両手が空くのでママも家事がしやすくなってよいですね。

また、ママだけではなくおんぶは赤ちゃんにとってもよいことがあります。おんぶ紐から様々な景色を見ることで、赤ちゃんの脳が刺激されて脳の発達を促します。おんぶされているときの心地よい揺れで、眠くなって大人しくなる赤ちゃんも多いですよね。

まとめ

赤ちゃんの育児をしながら家事を進めていくのはとても難しいですよね。「完璧に育児も家事もやりたい」と思う方も多いとは思いますが、ママが倒れてしまうと赤ちゃんが悲しい気持ちになるでしょう。

便利なものはできるだけ活用して、上手に家事を手抜きをすることで早く家事が終わるので、赤ちゃんとたくさんスキンシップができてママも癒されますよね。ママが1人ですべてやろうと思わず、パパや周りの人に育児や家事を協力してもらいながら、育児も家事も楽しくできるとよいですね。

関連記事

この記事のキーワード

ライター紹介

teniteo WEB編集部

  • フリーペーパーテニテオ愛知・宮城版
  • teniteoWEAR
  • テニ-とテーオ
  • teniteoSHOP
  • teo's
  • ハロウィン2018
  • クリスマスプロジェクト2018